吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸マンションの更新料、払わない宣言!?


Category: 連帯保証人問題   Tags: ---
私は東京のはずれにある築18年の小さな賃貸マンションに住んでいます。
まもなく入居して2年になります。
「礼金」は確か1ヶ月、「敷金」は2ヶ月でした。「連帯保証人」は1名。
2年おきに契約更新となっており、更新時に「更新料」を1ヶ月分と「家財保険料」を払う取り決めになっていました。

当初は、何も疑問を抱いていませんでした。

しかし、今年の夏に更新料無効の高裁判決がニュースで大変話題になり、以来、
私も自分の契約を見直すようになりました。

先日、マンション管理会社から、もうすぐ契約更新というこで、次の2つの書類が郵送されてきました。

1. 賃貸借契約更新通知書 - 更新料1ヶ月、家財保険料1.8万を支払って下さい、と。
2. 連帯保証人確約書 - 更新に同意する旨の、連帯保証人の署名捺印が必要。



さて、ここからが本題です。

私はこれに対し、マンション管理会社あてに手紙を出しました。

内容は、原文公開は控えますが、おおむね次のとおりです。

・ 更新料無効の地裁・高裁レベルでの判決がニュースで話題になっている。
 私も非常に興味があり、拙いながらも勉強しはじめたところである。

・ だからといって判例を都合よく中途半端に解釈して、
 それを根拠に更新料を無効にしてくれよと言うつもりは、ない。

・ ただ、勉強していく中で、「法定更新」という言葉を知った。
 私は今回、この「法定更新」をもとに、更新料を払わないことにしたいと思っている。

・ 「法定更新」ならこのような手紙をわざわざ書いて送る必要もないのかもしれないが、
 一応、スジを通すために、このような手紙をお送りする次第である。

・ 家財保険料の18,000円はキチンと払う。

・ 連帯保証人確約書は、署名捺印しない。なぜなら、更新時にいちいち署名捺印しなくても、入居時に締結した連帯保証人契約がそのまま生きているはず。わざわざ更新時に保証人に確約の署名捺印を求めなくても、その効力が損なわれることはないはずだから。(尚、連帯保証人の職業や住居などの属性は変更ナシである。)

・ 私は今のところ、家賃も滞納していない。部屋も綺麗に使っている。タバコ吸わない、料理しない、騒音出さない、壁に穴もあけていない、空調や水回りも良好。

・ 更新料を払わないことと、連帯保証人確約署名捺印しないことに関して、何かご意見があれば、電話ではなく、文書でご意見頂きたい。

・ 私は争いごとは好まない
何が何でも更新料を拒絶するというのとはちょっと違う。
もし私の言い分に明らかな間違いがあれば、それを文書で明示して頂ければ、真摯に受け止め、柔軟に対応させて頂くつもりだ。


・・・と、ざっとこんな内容のことを、丁寧な言葉で書いて郵送しました。
添付資料として、更新料無効裁判や法定更新について書かれている雑誌記事のコピーを付けました。
もちろん多少の波風が立つのは覚悟の上です。


読者の皆さんの中にも、更新料をオマケしてもらいたいと思っている方が少なからずいるでしょう。
(特に東京・京都は1-2年おきの更新料が半ば当たり前になっていますからね)

そのような方のために、交渉に役立ちそうな文書の見本を書いてここで公開しようかとも一瞬考えましたが・・・、見本だけが一人歩きしていくと良くないので、やめておきます。自分で考えて下さい。

自分で理論を組み立てて、自分で交渉の持って行き方を考えて下さい。

判例を鵜呑みにして、更新料無効が当たり前にできると思うのは禁物です。

また、判例がそのまま応用できそうであっても、最初から身構えて「争いモード」に入るのは良くありません。

まずはお互いの言い分を、丁寧な言葉で、かつ自分の言葉で、主張し合ってみることから始めたほうがいいでしょう。



猫@何でも体験しないと気が済まない性格
スポンサーサイト


Comments

ちなみに 
後日談楽しみにしてますね。

そういえば
京都に越して来る際、
更新料が存在することを初めて知りました。

私が大阪の中で数回引っ越ししただけなので自信はありませんが、大阪では更新料はありませんでした。幸い今の大家さんは大阪在住のためなのか、更新料がありません。
関西でもいろいろだなぁと思った出来事でした。
 
がんばってください! 
私も二年前に更新料を支払うのをやめました。誠意をもって説明し、不動産屋さんに理解(おそらく)してもらっています。今後も支払うつもりはありません。家賃や管理費は継続して支払っています。
 
 
更新料は、東京通勤圏をのぞいて、設定してない地域の方が多いと思います。

 
 
>根暗子さま
 はい。あれから管理会社のほうから電話も手紙も何も来ていません。不気味なほど静かです。(手紙を送る前までは毎日しつこく更新料払え、更新契約にハンコを押せと電話してきたのに・・・、文書で回答を求めると、自分の言葉に責任持てなくないのでしょうか、とたんに静かになりました。張り合いないですね。) 続編お楽しみに。

>Harunosukeさま
 2年前からとは、すごい先見の明ですね!? これからもがんばってください。

>ふーんさま
 東京通勤圏以外では、京都があまりにも有名なほか、名古屋でも結構聞きます。(京都が一番すごいらしいです)
 その他の地域では確かに滅多に聞かないですね。
 
 
以下の文章で不動産会社に問い合わせメールを送りましたが、何の返答もありません。この場合は、払うべきなのでしょうか、払わないべきなのでしょうか?

お世話様です。

本日、更新通知書を受け取りましたが、以下の理由により更新料を支払う義務はないと思います。むしろ賃料が高いので若干下げていただきたいくらいなのですが、ご検討願います。

(現在私が住んでいる物件で上層階の入居者募集URLを添付した)

1.上記URLのように私より上層階の家賃が安く現在の相場以上の家賃を支払っていると思われること。

2.退去時は保証金が償却され通常の多くの物件のように一部分でも変換されないこと

3.http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/kousinnryou.htm 左記URLのように更新料支払いが義務であると思われないこと。

この物件は入居時に手数料を払った会社、管理会社、更新手続の会社がわかれていて複雑です。
前回の更新時は振込先も知らせないで、こちらから引き落としがないようですがと確認したら、振り込んでくださいといわれました。しかもなかなか連絡してきませんでした。
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。