吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

(ニュース) うつ病100万人超す、10年で2.4倍に (読売新聞2009/12/4)


Category: 借金苦による自殺問題   Tags: ---
 抑うつなどの症状が続くうつ病の患者数(躁(そう)うつ病を含む)が、初めて100万人を超えたことが3日、厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査でわかった。
 長引く不況などが背景とみられる一方、新しい抗うつ薬の登場が患者増につながっていると指摘する声もある。
 患者調査によると、うつ病が大半を占める「気分障害」の患者数は、1996年に43万3000人、99年は44万1000人とほぼ横ばいだったが、2002年調査から71万1000人と急増し、今回の08年調査では、104万1000人に達した。
 10年足らずで2・4倍に急増していることについて、杏林大保健学部の田島治教授(精神科医)は、「うつ病の啓発が進み、軽症者の受診増も一因」と指摘する。(以下略)

(引用元: YOMIURI ONLINE 2009/12/4)
-------------------------------------



* 私はうつ病の専門家ではないので、専門的な突っ込んだコメントはできません。この記事に書かれている「10年で2.4倍の~」という数字が果たして本当なのか、統計のマジックで実態は異なるのか・・・などは全くわかりません。

 ただ、一般市民として、なんとなく、うつ病にかかる人はきっと近年増えているんだろうな~という気はします。確かに。

 原因はいろいろ考えられると思いますが、私がその中でひとつ提起したいのは、



 「精密機械のように、狂いの許されない社会構造」


 に、その一因があるのではないかということです。


 考えてみて下さい。私たちは、まるで精密機械のような狂いのない生き方を求められています。 レールから脱線することは許されません。時間に遅れることも許されません。

 それは子供の頃から始まっています。

「浪人は許されない。現役か一浪で進学しなきゃダメだ!」
「卒業したらすぐ就職しなきゃダメだ!」
「会社には1分でも遅刻できない!」
「電車が来ない。もう1分も遅れているぞ!鉄道会社許せん!」
「お客さんとのアポイントに1分遅れそうだ。大変だー!」
「宅急便が来ない。予定時刻を3時間も過ぎてるぞ!クレームしてやる!」
「借金の返済が1日遅れそうだ。もうダメだ。死にたい!」

 などなど・・・。

 精密機械でも人間でも、あまりに狂いのない完全な状態を求めると、かえって壊れやすくなります。
モノを大事にする人ならわかると思いますが、多少の「狂い」や「遊び」があったほうが、モノは長持ちするものです。

 人間でもきっとそれは同じです。
精密機械のような生き方を強いられたら、いちど狂いだしたとき、修正がききません。

 これに近いことは、このブログを開設した2005年頃にも一度書いたことがあります。


 現代はストレス社会です。これは疑いの余地がありませんね。
ストレスが社会が深刻になれば、おのずとうつ病患者は増えるでしょう。自殺者も増えるでしょう。

 ここで、うつ病患者が増えたからって、うつ病のクスリの開発を急いでも、あまり問題の解決にはならないように思います。

 大事なのは、「ストレスを生まない社会をつくること」ではないでしょうか?


 私は、成熟した現代社会において最も必要とされているのは、「寛容」や「遊び」ではないかと思うのです。
 


 猫
スポンサーサイト


Comments

万事ほどほどに生きる 
これがストレスを溜めないにつながる?
のではと最近思うようになりました。
医者に行けばDMSⅣというマニュアルに従ってうつ病と断じて
世界に類を見ない多剤処方で薬漬け。
精神科領域の診療数の伸びが気分障害が増えた一因かも。
抗うつ薬を飲んでも急に借金が無くなるわけでも職が見つかるわけでも
ないのが困ったところ。。。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login