吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

自殺対策シンポジウム@仙台、無事終了。


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---

11月3日、『自殺対策シンポジウムシリーズ~つながりを信じて~第1回企画セミナー”借金なんかで死ぬな”』  が、仙台サンプラザにて開催されました。

主催は仙台グリーフケア研究会(代表・仙台市立病院の滑川先生)。
共催は、藍の会、仙台いのちの電話、仙台青葉学院短大、日本産業カウンセラー協会、ふくしまれんげの会、自殺対策リボン委員会。
後援は、地元の行政機関、教育機関、マスコミ等。

13:30開演。17時終了。

講師は、メインが吉田猫次郎。進行役も兼ねて、最初から最後まで喋りっぱなしでした。
また、仙台弁護士会の及川雄介先生にも、講師として壇上で貴重なコメントを数多く頂きました。

そしてもうひとりの講師は、北海道から呼んだ、makotoさん。
彼はわたしの著書でも紹介していますが、練炭自殺未遂の経験があります。ギリギリのところで通行人に発見され一命をとりとめ、意識が回復したときには病院の集中治療室にいたという壮絶な体験をお持ちの人物です。その後もしばらく生きる希望が持てず、精神科に3ヶ月も入院する結果になりました・・・。
彼は簿記1級や大型特殊トラックなど実に30種類以上の資格をもつ努力のかたまりのような人物で、人当たりもよく、結構イケメンで、どこでも通用しそうないい男なのですが、そんな彼でも、ちょっとした人生の歯車の狂いで借金苦に陥り、わずか700万円の負債のために自殺未遂までおよんだのでした。つい3年前のことです。
この体験を、彼自身の言葉で語って頂きました。

makoto
makoto氏、ついに講師デビュー!

この手のシンポジウムでは、遺族の言葉は聴くことが多いですが、未遂者のナマの声を聴ける機会は滅多にありません。 皆さん、食い入るように聞いていました。 主催者側の専門家の先生方も「いやー、勉強になった」と口を揃えていました。

講演の終盤は、makotoさんと及川弁護士と猫次郎の3人で、借金自殺防止のために何が必要かを、壇上でディスカッションしました。

この様子は、地元の新聞で取り上げられたほか、11月3日午後6時45分からNHKでも放映されました。(makotoさんもしっかり映っていました。)

091103news


終了後は、滑川先生からお誘いを受け、軽く打ち合げをしました。
ここには、当日チラシ配りなどをボランティアで手伝ってくださった仙台青葉学院短期大学看護学科の学生さんも5名ほど参加してくれました。
(女子大生と飲み会だー!って、ちょっと浮かれました・・・)
仙台青葉学院短大は設立されたばかりの短大で、皆さん1期生でした。年齢は18-19歳。酒は飲めないのでジュースで済ませました。(なんかういういしいですね・・・)
それに対して我々オヤジは、ビールや焼酎をぐびぐび飲んでいました。
仙台グリーフケア研究会の中心メンバーの中に同短大講師(精神看護学)の高橋聡美先生という方がいて)、その教え子の皆さんでした。

hasan1103
居酒屋の靴箱はいつもどおり、「は3」 を愛用。

9時前に解散しました。
皆さん本当におつかれさまでした。

わたしは、前日寝たのが夜3時半で、起きたのが朝6時だったので、さすがにこの頃になると眠気が襲ってきて、その後makotoさんらともう1軒行ったのですが、そのときにはもう半分ぐらい意識が飛びかけていました。夜11時に解散。すぐにチェックインして深い深い眠りにつきました。
翌朝起きたのは10時。実に11時間も寝ました。


* あさって11月6日は、新潟県魚沼市で自殺防止の講演があります。またがんばります。




スポンサーサイト


Comments

お疲れ様でした。 
無事終了してホッとしてます。何を話したのか頭の中が真っ白になってました。これから何らかの形で私の体験談が活かされれば思います。
貴重な体験させてもらい有難う御座いました。
 
ありがとうございました@仙台青葉短大より 
猫さん makotoさん 今回も本当に勉強になりました。それにサバイバーmakotoさんの話は迫力ありましたし、生きててよかったという言葉には重みと輝きがありました。今度仙台にいらした時は、聡美が学生の分まで飲みます(笑)
 
ほたる 
こんばんわ!
「借金なんかで死ぬな」を最近読みました。
猫さんは正義の味方ですね。応援していますヨ
 
亀レスですみません。 
>皆様

その節はお世話になりました。
仙台は何かと縁があります。
また近いうちにお会いしましょう。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login