吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

切羽詰った相談が多いので、軽くおさらいします。


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---

対処方法は10人いれば10通り以上に細分化されるので一概にいえませんが、共通して言えることを軽くおさらいしたいと思います。
いずれも今までに本やwebで書いたことばかりです。
精神的に参っている方は参考にしてください。


◆ ピンチはチャンス。大ピンチは大チャンス。人間万事塞翁が馬。危機=危険+機会。
 人生最大のピンチを迎えたときは、同時に人生最大のチャンスを迎えたと思って喜んで下さい。

◆ 「会社はそう簡単には潰れない」。 中には闇金の法外な取立てや手形不渡りや競売や従業員全員辞職などを「全て」味わいながらも倒産せず、いったんどん底まで落ちながらも時間をかけて這い上がっている人も少なくありません。

◆ ジタバタしてもダメなら、いっそのこと「ジタバタするな!」

◆ 何をやってもダメなら、いっそのこと「何もするな!」

◆ 「100%解決できる!100%と断言する!」 - 図らずも、拙著『借金なんかで死ぬな!』の7章執筆の際にメールインタビューに応じてくださった弁護士さんも行政職員さんも、口を揃えて同じことを言っています。「必ず解決できます」と。

◆ 支払いの優先順位。 1に自分。2に家族や従業員や重要取引先など身内。3に税金。4にその他必要経費。そして最後に借入金返済、です。 この順番を誤ると、内側から崩壊してしまいます。

◆ でも、崩壊してからでも遅くはありません。そこからがドラマのはじまりです。
 そして、 「ドラマの主人公はあなた」 。 どうせなら、面白いドラマを作って下さい!



スポンサーサイト


Comments

 
何度も拝見してる文章たげと、心に突き刺さります、
でも、ついつい忘れてジタバタしてしまいます。
 
 
お知らせです、まずければ削除願います

10月10日、10時より12時まで、場所 灘尾ホール において
調停ミニシンポジウムIN東京を開催します。

この日は、金利引き下げ大集会が、13時より灘尾ホールで予定されています。
この大集会には、調停対策会議においても後援をしていきますので、ご協力のほ
ど、お願いします。

さて、金利引き下げ大集会の会場を午前中お借りして、調停ミニシンポIN東京
を開催するわけですが、午後の金利引き下げ集会につながるようなものがいいと
思っております。2時間という短時間で、中身の濃いものを考えています。

以下は、たたき台でありますが、皆さま、ご意見をお寄せください。

一、基調報告
  民事調停から特定調停へ、調停の闘いの歴史、今後の展望を確認
  (できれば司法書士宮里徳男先生への追悼報告としたい)
  
二、最近の問題事例から

(1)調停錯誤無効訴訟に異変あり
  ~錯誤無効を認めない地裁への対応について~
  
(2)当事者本人による特定調停、本人訴訟とサラ金の対応について
   当事者本人でもここまでできるという報告など
      
(3)不当な調停の検証
 ・調停終了後の、調停内容を見直して見たら、実は過払いだった。
 ・債務額の3%の支払原資が無ければ、特定調停は無理と言われた。
 ・不動産担保がある場合は、将来利息カットは無理と言われた。
 ・長期分割は36回までと言われ、それ以上の長期分割を認めなかった。
 ・将来利息のカットを認めないサラ金への対応と調停の利用について
 
いろいろ課題はありますが、「だからこそ利息制限法は遵守しなければならない。
利息制限法を超える高金利は問題であり、貸金業法完全施行は必要なのだ。」と
いうところに今回のシンポの目標を合わせたいと思いますが、いかがでしょうか。

調停運動を被害者の会運動の柱にしている大地の会(東京)、行政の立場で調停
利用して調停、本人訴訟支援をしている奈良の大西さんにもご協力を快諾されて
おります。自薦、他薦を問いませんので、シンポ内容についての意見をお寄せく
ださい。
なお、ミニシンポといいつつ、会場は500人収用の灘尾ホールです。

 
猫研の勉強会 
こんにちは。
切羽詰っている人が多いのですか。。。

猫次郎先生も大変ですね。

切羽詰っている、というのと、自分を特別視しすぎるというのは、
根が共通しているように思います。

特効薬は「猫研の勉強会」だと思っています!

なんといっても、実際に存在する人が生の声で自分の問題を語るわけですから
それを聞きに行った人はもはや
「このような悲惨な人は、自分だけではない」ということを
認めざるを得ないのです。

すでにパニックから抜け出した人が言葉で「大丈夫ですよ」といっても
悲惨だと思い込んでいる状態の人が聞く耳を持てないでいる姿を、
私もたくさん見てきました。

自分と同じような状態になっている人を、実際に自分の目で見る。
こんなに効き目のある特効薬は、ほかにないと思います。
 

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login