吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

(夏期休暇) 自転車で279km走破! (山中湖・箱根・小田原)


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
8/23-24の2日間、夏休みを取って自転車旅行に出かけた。
移動手段は自転車のみ。2日間で走った距離は279.89km。(なんと無茶な・・・)



<1日目>

9:30頃 東京の自宅を出発。
 東八道路→多摩ニュータウン通り→津久井湖方面へ、約50kmほぼノンストップ。

12:00頃 津久井湖付近のバーミヤンでランチ。1時間ほど休憩。

13:30頃  R413「三ケ木」交差点。ここから山中湖までの峠道が通称「道志みち」だ。
 ここから40kmほど、延々と激しい登り坂が続く。信号は1個か2個しかない。

0908231
道に沿って道志川が流れている。

15:30頃  道の駅「どうし」着。
0908232
 ここまでの走行距離は85km位。標高は700m位。
去年はここで力尽きて1泊したが、今回はまだまだ余力がある。

0908233
 道志の水は本当にうまい。いくら飲んでもうまい。赤道直下に持って行っても腐らないそうだ。ポリタンクで持ち帰るファミリー多数。
 こんなうまい水がタダで手に入るなんて、日本は本当にいい国だ。


16:00頃 出発。 ここからますます勾配がキツくなる。

17:28 ついに最高地点、「山伏峠」に到着。標高1100m。
0908234
 去年は何度も押して歩いたが、今回は一度も押して歩かなかった。(休憩は多かったけど)

 ここからは激しい下り。6-7kmで山中湖に着く。あっという間に着いた。


18:00 山中湖到着。ここまでの距離はジャスト100km。
0908235
標高981m。


 宿泊は旅館をとった。前日に「楽天トラベル」で探したら、ちょうど1軒だけ空きがあった。しかも割安で、2食つきで、コインランドリーもついていという。

18:10 チェックイン。 宿の名前は「山中湖レイクサイドイン富士波

 まったく初めての宿だったが、非常に良かった。
 山中湖の平野(ひらの)地区は、テニス合宿のメッカで、テニスコートの数が日本一多いそうだ。ほかにも運動部や音楽部の合宿で広く使われている。
 「レイクサイドイン富士波」は、運動部に加えて音楽サークルの合宿にもよく使われているそうだ。なぜならここは夜中に騒音を出してもほとんど気にならないロケーションだし、グランドピアノも設置されているから。

 今回ポッカリ空いていたのは、ある運動部の合宿が、新型インフルエンザの影響で急遽キャンセルになってしまったからだとのこと。

 この日に泊まっていたのは、わたし(1人)と、アメリカ人のバックパッカー6名のみ。


18:20 洗濯。今回は着替えを持ってきていない。荷物はウェストバッグのみ。
0908236
 今回の服装。ぜんぶ速乾性素材。


18:30 シャワーを浴びる。個室シャワーがついていた。
 大浴場は掃除中とのこと。(そのかわり良い部屋を提供してもらえた。ラッキー)

19:00 食事。うまい。ビール1本飲む。
 食事中、宿のご主人と奥様が気さくに話しかけてくれた。隣のアメリカ人にも気さくに話しかけていた。ご主人は英語堪能で、大学教授にならないかとの誘いもあったというほどのインテリ。

20:00 睡眠。11時間も爆睡。 冷房はないが、窓を開けると寒いくらいの涼しさで、実に快適に眠れた。


zzz ・・・・・






<2日目>

7:00起床
0908241
泊まった3階の部屋。目の前に山中湖。天気の良い日はここから富士山がドカーンと見える。


8:00 朝食。うまい。食後にコーヒーも頂いた。

 アメリカ人御一行がチェックアウトした後、長く話しこんだ。
 わたしは山中湖には小学生の頃から家族キャンプやバイクツーリングや釣りで何百回も来ているので(最低でも100回は超す)、山中湖にまつわる話で盛り上がったのは当然だが、このほか、仕事柄、旅館の再生の仕事も数多く手掛けているので、その話にも触れた。


9:30 チェックアウト。山中湖からR138を経て、御殿場へ向かう。
 御殿場までは激しい下り坂。気温17度。少し雨が降っていたが、カッパを着てすこぶる快適に移動できた。

 ここで知人に会うことになっている。


11:00頃 御殿場のはずれの知人宅(学習塾)に到着。
0908242
 これが知人。 はい、ネコです。
 学習塾に住む、にゃんこ先生。
 これぞ「猫塾」。


動画も撮ってみた。

オスとメスの双子。何にでもじゃれたいお年頃。


11:30 にゃんこ先生とお別れの後、箱根へ向かう。
 R246→R138(乙女峠)を越えて。

12:30頃 仙石原到着。
0908243
雨降ったり、晴れ上がったり、山の天気は変わりやすい。

13:00頃 芦ノ湖・湖尻で昼食。カツカレー。

14:30頃 箱根神社通過。ここまでアップダウンが多くて疲労がたまる。
0908244
 箱根神社を背にして、芦ノ湖を見る。

15:00頃  国道1号線の最高地点(箱根山越えのピーク)到着。芦ノ湖からここまでの短距離の登りは本当にキツかった。何度心が折れそうになったことか・・・。


15:45頃  国道1号線を箱根湯本のほうへ下っていった途中にある「つたや」という温泉に入る。
0908245
ここは江戸時代からあるのだそうだ。いい湯だった。40分ほど休憩。

17:30頃  どんどん下って、小田原に到着。
0908246
小田原の海。砂浜ではなく、直径10cm位の丸い石がゴロゴロしているのが特徴。

ここからは国道1号線をひらすら東京方面へ直進。
さすがにここまで走り通すと全身に疲労がたまっているが、箱根や道志の峠道と違って1国はわりあい平坦な道が続くから、一定のペースで走ることができた。


19:00頃 茅ヶ崎通過。夢庵で夕食。ざるうどんとミニネギトロ丼。

21:30頃 横浜通過。疲労ピーク。お尻も痛い。

22:30頃 環七との交差点通過。ラストスパート。

23:50  帰宅!!
0908247
 総走行距離は279.89km。
 1日目約100km、2日目約180km。
 1日の最長記録を大きく更新。

さすがに、ものすごく疲れた。
激しい筋肉痛。

今年も地図を持たず、その場その場で適当にルートを決めた。

かかった費用は宿泊+食事+温泉=約1万円。交通費と水代はゼロ。

1泊2日の短い日程、ありきたりの場所、低予算だったけど、実に非日常的な、忘れられない旅となった。




スポンサーサイト


Comments

すご~い! 
お疲れ様でした!

山中湖も箱根も小田原もまだ行ったことがありません・・・
自転車ではとても無理だけどいつか行ってみたいです。。。

お誕生日おめでとうございます。
今夜はステキな人とディナーですか?
素敵な一日を・・・・
 
お疲れだす。 
ニャンコ先生にお世話になっている、風引き大左衛門だす。
お疲れ様だす。
どぼじで、猫次郎さんはあの小さな自転車で乙女峠を越せるだすか?

かなりの急勾配が続くのに。

この次は、菊ちゃんと花ちゃんも待ってるだすから、またきてくだしゃい。

追伸:ニャンコ先生とチー子シャンは、これで全国区だと喜んでいます。
 

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login