吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生はドラマ。主役はあなた。


Category: 借金苦による自殺問題   Tags: ---

今日の昼、自殺未遂をしたことのある社長さんと、東京駅構内の喫茶店でお会いしました。

この方は数年前に自宅で首吊り自殺を試み、意識がなくなるかなくならないかのうちに幸運にして家族が発見してくれて一命をとりとめました。

数日間入院し、退院後間もないうちに、ネットで「借金自殺」「倒産回避」などのキーワードで検索して、わたしのホームページに辿り着いたそうです。
相談には3回だけ来られました。(べつに大したアドバイスはしていません)

彼はこのブログのヘビーウォッチャーでもあります。ご本人同意の上でこれを書いています。

お会いしたのは久しぶりでしたが、大変お元気そうでした。

借金のほうは、精神的に吹っ切れたおかげで、予想以上に早くケリがついたそうです。
家を売り、会社名義の資産もできるかぎり処分し、とことん身軽になったうえで、残った借金は、一部はサービサー行きになって自力交渉で9割免除にこぎつけ、保証協会つきは元本免除はないものの月2万円ずつの分割払いで合意してもらえ、未遂前に総額9000万円ほどあった負債が、現在は1000万円ほどに減ったそうです。(もちろん資産もほとんど無くなりましたが・・・)

自己破産などをする必要もなくなり、旧来の会社のままで現在も営業を続けています。

事業規模はだいぶ縮小しましたが、内容自体は以前とは比較にならないほど独創的で社会貢献度が高く、やりがいがあり、業界内外で注目度が上がっているそうです。利益はまだ追いついていませんが、どうにかこうにか損益分岐点は上回ってきたそうです。

奥さんと専門学校生のお子さんがいます。
以前ひとりで悩んでいた頃は、奥さんから離婚届をつきつけられ、お子さんはグレてしまい口をきいてもらえなかったそうですが、現在は全てがオープンになり、苦楽を共有できる関係になれて、大変仲良しだそうです。住まいは家賃10万円の3LDKに引っ越しました。

今回東京駅でお会いしたのは、べつにどうってことのない用件でした。

「猫さん、新刊本買ったよ。サインしてくれないか?」

「ついでに、サインに "人生はドラマ。主役はあなた!" と入れてくれ。本の中に書かれていたこの一言に、すごく感銘を受けたんだよ」

と、これだけでした。

もちろん、喜んでリクエストどおりにサインさせて頂きました。

ちょっと嬉しい昼休みのひとときでした。



人生はドラマです。
そして、主役は自分です。

ドラマは壮絶であればあるほど、あるいは、変化に満ちていればいるほど、面白いものです。

ドラマの「主役を張っている」という自覚が芽生えてくると、どんな危機でも楽しめるようになります。
自覚が強くなってくると、「どうせならすごいドラマを作り上げてやる。今に見てろ。ハッピーエンドじゃなくてもいい。ドロドロしててもいい。とにかく、魅せるドラマを作ってやる。俺はその創作者であり主役だ!」 といった気持ちにすらなってきます。
結果、小説や映画も顔負けの壮大なドラマが出来上がります。
(逆に自覚がないうちは、いつまでも後ろ向きで、被害者意識や他力本願意識のようなものが強く、迷走しがちで、良いドラマにはなりません)


彼のドラマは、今、最高潮に達しています。




スポンサーサイト


Comments

所感です。 
借金苦による自殺も悲しいことですが、何より根絶したいのは 借金や生活苦による無理心中です。

自分に先が見えないからと言って、どうして子どもにまで手をかけようとするのでしょう?

残された遺族もつらいですが、誰よりも愛する親に自分の未来を握りつぶされてしまう子供たちの事を思うとたまらない気持ちでいっぱいです。

親と子供とは、まったく別の人間です。子どもには子どもの人生があります。自由に生きる権利があります。

万が一のことがあっても、傷を負いながらもその子どもたちには生きる力があるはずです。

自分の子だからと言って、好きにしていいわけはありません。

この場を借りて、あらゆる人たちに、どうか子どもたちの行く末だけは、その芽だけは勝手に摘み取らないでほしいと、切に願ってやみません。
 
あお様 
無理心中・・・。
まったく同感です。

 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。