吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

「危機」 = 「危険」+「機会」


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
いま無料電話相談会が終わりました。
相変わらず、すごい件数でした。
受話器を持っていた腕と、受話器をあてていた耳が、ちょっと痺れてます。
みんな暗いトーンの、深刻な様子の相談ばっかりでした。
(仮に客観的にみてそれが深刻でないとしても、ご本人としては大変深刻なのです・・・)


さて本題。

試しに、YahooやGoogleなどの検索エンジンで、「危機 危険 機会」 と入力して検索してみてください。きっと、こんな言葉がたくさん出てくると思います。


「危機」 とは、 「危険」と「機会」とを足し合わせた言葉である。



今日の無料相談会でもそうでしたが、みんな危機に瀕していました。
守りたいものが沢山あり、それを失うことを極度に恐れていて、パニック状態に陥っていました。

でも、最悪それを失っても、その先には新しい「機会」があるものです。

「失うことを恐れるな!がんばれ!」と言ったらきっと綺麗事になるでしょう。
実際、大事なものを失うというのは大変なことです。
失いたくないという気持ちは、よーく理解できます。

・・・でも、失う可能性が高いのが現実なら、その現実を受け入れることは大切です。
腹をくくってほしいと思います。

そして、失っても、必要以上に悲観せず、新しい一歩を踏み出してほしいと思います。
新しい一歩のための機会は、あなたの気付かないところで、ちゃんと備えられています。


猫@失ってばかり

スポンサーサイト


Comments

昨日、同じ会話をしたところです。 
「若い人が怖いもの知らずなのは失うものが少ないからで、年を重ねるとどうしても お金とか普通の生活とか住まいとか守りたいものが増えてしまって なかなか一歩が踏み出せないものだよね」とその人は言いました。でも、自分と家族の命と笑顔があればそれでいい、と腹をくくってしまった私は、その言葉に笑顔で返すしかありませんでした。思いこみや価値観を変えるのは大変なことですが、そんな状況に追い込まれてしまったという事実も「自分への新たな修行だ!変化できるチャンス!!」ととらえる事が出来れば、物事も変わってくるのでしょうね。難しいことですけれど。
 
今日は大変な一日でした。 
新しい一歩のための機会はちゃんと準備されていますというのは泣けてきます。
将来はそんなに長くないのですが、私を見捨てた銀行を見返してやりたい。ほんとに今日は期待していた入金がないばかりに大変な一日でした。
 
 
全てなくなる覚悟は出来ました。妻からも、離婚宣告されました。もう、何でも持ってけ。でも、悪あがきします。自己破産も最後までとって置きます。命は、置いといて下さい。取らないでね。
 
家を売りました 
やっと、家を売りました。ひとつローン(借金)が減って私としては嬉しいのですが、息子はそうじゃないみたいです・・・寂しいのか・・帰る家がないというのがいやなのか・・最後までしぶって・・私に貸すことはできないのかまで聞いてきました。。
でも、息子の部屋の家賃を払って、大学の授業料払って、ローンを払って…他の借金払って・・もう限界でしたので・・・今、息子と一緒に賃貸に住んでますが、ほとんど話しかけても口も聞いてくれません。。。

もちろん、息子は奨学金ももらっています、バイトもしてくれてます。一人で暮らせないこともなかったのですが、ほかにもいろんな事情があって・・・でもそれは結局私の独りよがりで・・私が息子と一緒に暮らしたかったんですよね・・・
やっぱり息子には一人暮らしさせるべきですよね。。。これ以上,険悪にならないためにも・・
 
亀レスですみません 
>>皆様

人間万事塞翁が馬!

 

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login