吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

ある倒産寸前会社の2016年目標


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
「自殺まで思い詰めていた」 という某零細企業の社長さんから、面白い写真が送られてきました。

2016mokuhyoo

何も事情を知らない人がこれを見たら、「けしからん!」と思われるかもしれせんが、私は事情をよく知っているので、ちょっと泣けてきました。(と同時に大笑いしました。)

この会社は「債務超過」「赤字」「資金ショート」という倒産の3要因が全て揃っており、
金融機関の区分でいえば 「実質破綻先」 にあたります。
メインバンクからはとっくに切り捨てられました。
マンガの名セリフでいえば「お前はすでに死んでいる」 といった状態です。
リスケ、代位弁済、債権譲渡、法的手続き、きつい取り立てなど、全て経験しました。
しかしそれにもかかわらず、現在も精力的に事業を継続している、そんな会社です。
(NEKO-KENの相談者さんとしては、まあ「普通」かも?)

社長さんはかなり勤勉な方で、なんと、創業以来ほぼ年中無休で、年間360日以上働いていました。
しかし現実は厳しく、いろいろな事情が重なって、思うように「利益」も「キャッシュ」も出なかったのです。
そして、極度のストレスと過労が重なり、何度か、生死にかかわる重病を患ったこともありました。
自殺まで思い詰めたことも一度や二度ではなかったようです。

しかし、ここ1年で、大きな心境の変化が起こり始めたようです。

・ 営業活動はそのまま続行。何があっても続行。
・ それと並行して、ビジネスモデルの軌道修正を、ゆっくりと開始した。
・ 金融機関への返済は「一時停止」のまま。
・ 少しでも浮いた金は、仕入先や外注費や給料や税金に優先して支払った。(まだ残あり)
・ 社長さんはカラダが資本なので、少しでも休暇を取るようにした。
・ ご家族とは単身赴任状態でなかなか会えなかったが、会う回数を増やそうと意識し始めた。
・ 魚釣りを覚え(きっかけは私です)、これにすっかりハマり、会社の近くの釣り場で朝夕に1-2時間ずつ頻繁に通うようになった。


まだまだ「再生」という段階にはきていません。
「ゾンビ企業」と揶揄されてもおかしくない状態が、もうしばらく続くでしょう。
しかし・・・!
売上は横ばいながら、利益率は改善の兆しが見えてきました。
ビジネスモデルの軌道修正も、良い手ごたえを感じつつあります。
今年はもしかしたら、飛躍とまではいかないものの、だいぶ改善されるかもしれません。
少なくとも、「倒産」「破産」「廃業」「自滅」といった恐怖は、無くなったといっていいでしょう。

社長さんの健康状態も、体重が10キロ以上自然に減り(釣りにハマってよく歩くようになったから?)、精神面も少年のように若返り、笑いも増え、いい感じになってきました。
これなら営業もスムーズにいきそうです。

経営者は、ただがむしゃらに働けば良いというものではありません。
「人間」と「機械」は違います。
「手足」と「頭」も違います。
「仕事」と「作業」も違います。
社長さんは人間です。組織の頭です。仕事の役割も、単純作業ではないはずです。
だから、つとめて休暇を取り、充電する必要があります。(せめて週1回は休んでください)
でなければ、創造することも、統率することも、付加価値を生み出すことも、継続することも、困難に立ち向かうことも、できないでしょう。
日々の現実は大変厳しいのですから、尚更に。


というわけで、これを読んでいる倒産寸前零細企業経営者の皆さん。
今年もユルくいきましょう。


スポンサーサイト

週刊朝日にコメントが掲載されました。(2016.1.22号)


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
もう店頭には並んでいないかもしれませんが、週刊朝日の2016.1.22号に、私のコメントがちょっとだけ掲載されました。

shuukanasahi201601


記事の原文は、web版でも読むことができます。
http://dot.asahi.com/wa/2016011300069.html


メールマガジンの読者数を増やす方法


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
最も手っ取り早くメルマガの購読者数を増やす方法は、

「名刺交換した人やアンケートに協力してくれた人のメールアドレスを、発行者側の手で片っ端からメルマガ読者登録してしまう」

というのがあると思います。

現に、私の知人(決して親しくない)は、この方法で、メルマガ購読者数を30,000人以上まで増やしましたし、大企業や中堅企業でも、当たり前のようにこの方法を使っているところが沢山あります。

表題のとおり、読者数を増やすことだけが目的なら、話はこれで終わりです。
シコシコと登録作業を進めて下さい。


・・・ちなみに私の場合、2001年1月の無料版メルマガ創刊から早いもので15年も経ちますが、あまり読者数を増やそうと躍起になったことがないので、登録も、解除も、読者さんにお任せしています。
私のほうで勝手に読者登録することもないし、勝手に削除することもありません。
読みたい方はご自身の手で登録手続きして頂き、もう読みたくない方はご自身の手で解除して頂いています。
増えるのも、減るのも、自然の流れに任せています。
それでいいと思っています。 (一種のこだわりです)

「無料版」のメルマガは、2001年の1月の創刊時はゼロからのスタートでしたが、翌月からなぜか急増し、1円もカネをかけていないのに、なぜか数か月後には1000名を超え、1年後には確か2000名を超え、2年後には3000名を超え、最も多かった2005年頃で5000名ちょっといました。 メルマガを配信代行してくれている 「まぐまぐ」 で、私のメルマガが殿堂入りしたのもこの頃でした。
しかし以後、マメな配信をサボっていたため読者数が次第に減り、これを書いている2016年1月現在、3854名となっています。
これでも十分多いと思うので感謝しなければなりません。 冒頭で書いた「発行者側の手で片っ端から登録する方法」によって何万人も増やした人は類似カテゴリーの中にはかなりいるようですが、そういうのを除けば、カテゴリー内ではトップ3に入り続けているようです。
なかなか書く時間が取れませんが、私自身が自分の文章で書くことにこだわっています。これからもできるかぎり間を空けずに配信し続けたいと思っています。

maimagazine20160112


「有料版」のメルマガのほうは、2012年から配信し始めました。 「トイチ」、つまり10日に1度の頻度で定期的に配信しています。
購読料は、月額480円(+消費税)です。1配信あたり160円という計算になりますね。
これは配信代行会社「まぐまぐ」が課金代行もしてくれていて、私のフトコロには、この6割が入ってきます。 つまり1名様1配信あたり96円が私の収入になるわけです。ありがたやありがたや。
有料版の購読者もまた、自然の成り行きに任せています。読者さんの意思にお任せしています。
私の側で勝手に読者登録することは絶対にありませんし、あまり宣伝らしいこともしていません。
創刊当時から不思議なことに読者数が一定していて、ずっと185人前後で推移しています。
(ということは私のメルマガによる収入は月平均5万円ちょっとになりますね。ハイそのとおりです。)

yuuryoubann20160112



このように、メルマガの発行のしかたひとつとっても、その人の個性が出ます。
良い、悪いではありません。

好き嫌いでいえば、私個人は冒頭で書いた「発行者側の手で片っ端から~」という方法がキライですが、商売のためにはこのほうが良いかもしれません。 いや、商売の世界も奥が深いので、あえて冒頭の方法は取らず、読者さんの意思にお任せして、成り行きに任せて自然増・自然減していったほうがいいかもしれませんね。
答えはひとつではないと思います。


国の中小企業・小規模事業者向けの施策 (平成27年度補正予算・平成28年度予算・税制改正)


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
既にご存知の方も多いかもしれませんが(?)、国の中小企業・小規模事業者向けの施策(おもに補助金や制度融資など)について。

平成27年度補正予算、平成28年度予算・税制改正が閣議決定しました。
ミラサポのホームページと中小企業庁のホームページに詳しく書かれています。
貴重な情報源ですね。

「ミラサポ」 https://www.mirasapo.jp/budget/index.html?utm_source=mirasapomail&utm_medium=mail&utm_campaign=20160108

「中小企業庁」 http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm

私の率直な印象としては、前年にも増して、元気の良い中小企業が「攻め」に出ることを後押ししているかのようです。

利用できそうな会社はどんどん利用しましょう。


「介護で仕事が手に付かなくて倒産」 の増加


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
統計的なことは全く調べていません。
まったくの私の主観で書いています。

なにやら、「介護倒産」「介護破産」が増えている気がします。

私のところに無料相談、有料相談、顧問契約、勉強会などで相談に来られる方の中に、少なからず、このような状態の方がおられるのです。

「父の介護が大変で、・・・もう、仕事どころではないんですよ。週の半分も店に出られません。そのぶん、人件費がかさんでいます。」

「母の介護が大変で、・・・このため、会社にあまり顔を出さず、専務に会社のマネジメント全般を任せっきりにしていたら、専務が会社の金を2000万円以上横領していました。 証拠を掴んで、いま弁護士に相談しているところです。」

「実はまだ、父(82歳)が社長なんです。生きているうちは絶対に経営権を渡さないという頑固親父なんです。ひとり息子の私は専務のままです。・・・父は足腰が弱って車椅子が必要な状態です。そのうえ認知症も悪化の一途です。母が既に他界しているので、一人っ子の私が父の介護をしつつ会社を切り盛りしています。 銀行のハンコひとつ押すのも一苦労です。従業員の士気も下がりまくり。会社はガタガタ。このままでは倒産するのは時間の問題です・・・」


自営業の場合、介護に追われて、自分の労働時間が取れなくて収益悪化⇒倒産危機にというパターンが多いようです。

中小企業の場合、介護に追われて、自分が会社のマネジメントを怠ったせいで組織がガタガタ⇒倒産危機というパターンが多いようです。 あとは事業承継がうまくいっていないか。


この手の相談は、全体の中ではまだ少数の部類に入りますが、毎年じわじわと増えているので、無視できない問題ですね。


自転車操業は健康に良い


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---

自転車は健康に良い。
ならば自転車操業も健康に良いはず。
ビバ自転車操業!


年末年始も資金繰りに追われて気持ちが休まらなかった中小企業の社長さん。
悲観することはありません。

自転車を漕ぎ続けていると、心身に程良い緊張感が続き、ボケるひまもない。
知らず知らずのうちに体力もつく。
有酸素運動をしている実感もある。
生きる喜びも増す。

自転車操業も、これとよく似ているではありませんか。

今年も元気に自転車操業を楽しみましょう。


・・・え? 自転車を漕ぐのを止めたらオシマイだって?
とんでもありません。 そういうのを短絡的思考とか、思考停止状態といいます。

自転車を漕ぐのを止めたら、また別の世界が見えてきます。
休みたいときは休んでください。
ペース配分は、あなたの自由です。


謹賀新年


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---

motosuko201601

クリスマスも大晦日もお正月も、大忙しでした。
年が明けてから、一度もテレビを観ていません。
本も読んでいません。
1月2日に、1日だけ休みを取って本栖湖(写真)に行ったのみです。
バタバタし過ぎて、正月気分ではありませんでした。

しかし、今年も良い年になりそうな気がします。

昨年は、研修をみっちり受講した上で国の認定支援機関に登録させてもらうことができたり、トライアスロンに2戦完走することができたりと、前進できた感の強い一年でした。 その前の年も、いろいろ達成感のある年だったと書いた気がします。 その前の年も・・・。 そう、年齢的には人生の折り返し地点を過ぎている私ですが、間違いなく前進しているのです。 どこへ向かっているのかわかりませんが、そこはまあ、考え過ぎずに、本能に従って向かっていきます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

吉田猫次郎




01 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

12

02


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login