吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
なかなかブログを更新する時間が取れませんが、私がいま、中小零細企業の事業再生に関連しそうなことで気になるニュースは、だいたい次のようなものです。


1. 政府の補正予算(2015年9月閣議決定)
  - 詳しくはここをクリック。 

2. 地方銀行の合併の動き、金融庁の検査など。
  - 昨年の横浜銀行と東日本銀行、八千代銀行と東京都民銀行、鹿児島銀行と肥後銀行のように、これからも統合の動きが活発化しそうな気配・・・

3. 「マイナンバー制」の導入。
  - 平成25年5月31日にマイナンバー法が公布され、「社会保障・税番号制度」が創設されることが決まりました。今年10月からマイナンバー通知が始まるようです。これが消費税UP、税金や社会保険料の納付に苦しんでいる中小零細企業にどう影響するか、大変気になるところです。

4. ガソリン値下げ
  - まったくの個人的見解にすぎませんが、私は、「ガソリン相場」と「地方の景気」は、密接なつながりがあるように思うのです。簡単な話、ガソリン代が上がれば、「クルマ社会」の地方の消費者は、あまりお買い物に出かけなくなるでしょう。そうすると、モノが売れなくなる。地元企業の業績も下がる。自治体の税収も減る。悪循環というわけです。
 私の住んでいる東京では鉄道網が大変便利で、クルマは必需品とはいえないのですが、少し郊外へ出ると、クルマは必需品です。一家に一台どころか、成人1人につき1台ないと不便なところも多いでしょう。 いくら最近のクルマが低燃費になったとはいえ、あまりにもガソリン代が高騰すると、心理的に、行動範囲を狭めてしまうことも多いと思います。
  ・・・ ところが、ここ数ヶ月、ガソリン代がじりじりと安くなってきました。2014年の夏頃まではレギュラー1リットルあたり160円前後という超高値だったのが、これを書いている2015年1月中旬現在、130円以下にまで下がってきています。これが地方景気とどう連動するか!? 興味深いところですね。

5. 自殺者減少
 - 数日前に報道発表がありましたね。これについては、後日改めて、思うところを述べてみたいと思います。






スポンサーサイト

勉強会の予定


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
・ 1月23日 東京・中野 テーマ 「倒産を防ぐ」
・ 1月31日 東京・中野 テーマ 「保証協会の代位弁済とサービサーの債権譲渡 ~ 傾向と対策」
・ 2月4日 大阪・新大阪 テーマ 「倒産を防ぐ」

以上、先週から参加者募集を始めました。
いずれもまだ空きあり。
詳しくはホームページをご覧下さい。





今週(1月19日~)の個別相談予約につきまして


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
今週 (2015年1月19日~)は、新規の個別相談をお受けするのが難しくなります。

なぜなら、NEKO-KENのもう一人の相談員である松田(中小企業診断士、認定事業再生士)が昨年秋から大学の仕事にかかりきりになり、NEKO-KENでは非常勤になってしまったため、実質的に新規相談を受けられるのは私(吉田猫次郎)しかいないのが現状だからというのがひとつ。

そしてもうひとつが、私が、今週4日間(1月19~22日)、ほぼ終日、中小企業大学校で中小企業経営改善計画策定支援の研修を受けることになったからです。(さらに2月に4日間、3月に9日間、あわせて17日間受講する予定です)

私は経営革新に過去3件以上関与したことがあるので、認定支援機関を取るだけなら今でも取れるのかもしれませんが、最近、公的支援機関から「事業デューデリジェンス」の依頼や「資金繰り相談(員)」などの依頼を受けることも増えてきましたので、ここで一度、初心に返り、ちゃんとした場所で基礎から習いたいという気持ちが強くなってきたのです。

尚、研修は9時~18時までですが、ご相談ご希望の方におかれましては、メールを下されば夜に対応できますし、お急ぎの相談も夜間や金土日にお受けすることができます。遠慮なくお申し付け下さい。


吉田猫次郎

2-3月の無料電話相談会につきまして


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
毎月「第2水曜日」恒例の無料相談会につきまして。

好評につき、かれこれ10年以上も続けていますが、これからも変わらず続けていくつもりです。

これには狙いがありまして、

1. さすがに毎日無料で相談を受けていたら気力も体力も資金ももたないが、せめて月に1回は完全無償の日を残しておきたいという「こだわり」。

2. 他所でも中小企業経営者向けの無料相談会は沢山あるが (近年急増)、そういうところで 「もうダメですね、自己破産しかないでしょう」 と切り捨てられた人でも、ウチの型にはまらないやり方なら、破産せず事業継続できる可能性がある。それを是非知って頂きたいという、「啓蒙活動」のような、あるいは「最後の駆け込み寺」のような・・・。

3. 私をはじめとする、NEKO-KEN相談員側にも、無差別に数多くの相談を受けて経験値を上げるという「千本ノック」的効果が期待できる。 (相談を受ける側は、たとえどんなに専門知識が豊富でも、場数を踏まなきゃ伸びないのです)


他にもいろいろな効果があり、決してボランティア活動では終わらない、お互いにとって大変有意義な無料相談会なのです。


さて、次は2015年2月と3月ですが、いつもと少し異なる部分がありますので、あらかじめここで告知します。


◆ 2月の無料電話相談会 :  第2水曜日の2月11日が「祝日」にあたるため、例外的に、翌日、つまり2月12日(木曜日)に変更します。

◆ 3月の無料電話相談会 :  3月11日(水曜日)に開催しますが、いつもと趣向を変えて、臨時的に外部から心強い相談員を増員する予定です。詳細はもう少し近くなってから告知しますが、「建設業」の再生にめっぽう強い方で、銀行からも政府系支援機関からも高く評価されている方です。専用の電話回線を用意するつもりですので、建設業の方は是非ご利用下さい。予約不可。電話のみ。




年末年始のヘビーな相談 2014-15版


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
例によって、大晦日や正月休みにも、緊急性の高そうな相談が何件か来ました。

「12月29日の約束手形が落とせませんでした。このままでは1月5日の午前中に不渡りが確定します・・・」

「12月末に約束していた仕入れ代金200万円が払えず、落ち着かないまま年を越しました。休み中も仕入先が何度か訪ねてきました。手ぶらで帰すわけにはいきそうにない雰囲気だったので、孫のお年玉用にとっておいた2万円をそのまま仕入先に渡しました・・・」

などなど。

今年の傾向は、借入金返済に関する相談よりも、買掛金や外注費などの支払いができないという相談が多かったのが印象的でした。

私のアドバイスは、いつもなら、「支払いの優先順位を見直しましょう。借入金返済を再優先して仕入や給与などを遅らせるのは間違いです。逆です。給与や自分の生活が最優先。次に仕入れなど。次に税金。次に必要最低限の経費など。その次が借金返済です」 と言うところですが、今回はちょっと違っていました。

なにしろ、どの相談者の方も、既に銀行返済をリスケジュールしたり、代位弁済になって超小額弁済を続けているような方ばかりだったのです。借金返済はさほど圧迫していない状況なのです。それでも運転資金が足りず、仕入れや外注費が払えない。

相手は金融機関のようなプロではないから、貸金業法21条(取り立て規制)のようなルールとも無縁で、容赦なく早朝深夜や休日に訪ねてくることが多かったようです。払わなければ出荷停止というだけならまだマシなほうで、中にはドカドカ上がり込んで事務所のパソコンなどを持って行かれたという相談者の方までいました。(注: ここまでやると完全に違法です。民事ではなく刑事の領域になります。債権者だからって何をやっても許されるものではありません。差押は裁判所の手続きを踏んでやるものです。債権者が直接上がり込んでやるのは、差押ではなく、強奪行為です。)

これに対して、私のアドバイスは、「短期と長期」、あるいは「目先の対処法と、長期的にみた抜本策」とに分かれました。

前者は、「モノを持って行かれたら110番通報しましょう」とか、「ゼロか全額払うかの二者択一ではなく、5だけ払うとか35だけ払うとか、払える範囲で、公平に、計画的に、無理なく払う意思を示し、実際にその場でちょっとでも払いましょう。そうすれば少しは誠意が伝わるハズです」 とか、あるいはもうちょっと過激な意見(省略)とか、ほんとうに目先の対処法にすぎません。(でもこれが当人にとっては死活問題なのでとっても重要なんですよね)

後者は、やや難しい話になるので、相談者の方が落ち着いた頃を見計らって切り出すようにしています。つまり、相談者さんの「収益構造の見直し」や、「キャッシュフローの見直し」などを、決算書類を読みながら紐解いていく作業です。ただでさえ決算書を読むのが苦手な社長さんが多いのに、この年末に債権者にキツい追い込みをかけられて、とてもそんな気持ちの余裕はありません。なので残念ながら、ここまで言及できないことも多いです。

最後に、こんな諺を引用して、少し元気になって帰ってもらったりしています。

「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」





1月の予定


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
1月05日  仕事始め
1月14日  月例の無料電話相談会
1月19~22日 仕事せずに研修を受講
1月23日  中野で勉強会開催

あと、その合間に北海道出張2日、中部地方出張1回、西日本出張2回くらいありそうです。

それ以外は、日々の相談業務ですね。

講演会はこの時期にしては珍しく、1本もありません。

勉強会はもう1本ぐらい入れるかもしれません。

新年会は1度か2度しか参加しないつもりです。
(何だかとても静かな気持ちなのです。)

謹賀新年


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
遅ればせながら、皆様あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、本日1月5日から仕事始めです。

12月30日から1月4日までお休みを頂いていました。

何をしていたかというと、

orion201501
妻の実家(福島)へ行ってデブネコと戯れたり、


motosu201501
20年以上続けている恒例行事、本栖湖で初釣りをしたり(但し1匹も釣れず)、


chofuhikoujou201501
調布飛行場まで軽くジョギングしたり、


酒はあまり飲まず、食べる量も少なめに過ごしたせいか、風邪ひとつひかず、落ち着いて過ごすことができました。

今年の抱負などは、特に考えておりません。

車のギアに例えれば、ニュートラルのような感じです。


01 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

12

02


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。