fc2ブログ

吉田猫次郎のブログ(2005年~2020年分)

事業再生コンサルタント・吉田猫次郎の旧ブログです。恥ずかしいけど残しておきます。2021年からは別の場所に移転しました。

 

とにかく思考停止になるな! どんなときでも!


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
Q: 「明日の手形が落とせません。もうダメです。思考停止状態です・・・」

A: 「何バカなことを言ってるんですか。不渡りは3時ギリギリでも回避できる可能性があります。それも、最低2つか3つの方法があります。また、万策尽きて不渡りになっても、1回目ならまだ傷は深くありません。2回出して深い傷を負ってさえも、会社を行き残す方法はいくらでもあります。その段階、その段階で、打つ手はあるのです。」


Q: 「住宅ローンの返済が遅れています。このままでは競売になりますと書かれた督促状が来ました。もうどうすることもできません。思考停止状態です・・・」

A: 「何バカなことを言ってるんですか。延滞額を全部入れるのがムリなら、一部だけでもいい。1ヶ月分だけでも返済すれば、競売(正確には競売になる前の期限の利益の喪失)はとりあえず延ばせる可能性大です。また、1ヶ月分さえも入れることができない逼迫した状態なら、競売を覚悟しつつ、任意売却で守るという手も考えられます。それさえもダメならいよいよ腹をくくって競売を待つことになるでしょうが、それはそれで、ある意味、借金を減らし、かつ、生活費を浮かせる大チャンスでもあります。細かい説明は省略しますが、競売は悲惨なことばかりではありません。メリットも沢山あるんですよ。それにそれに、住むところは借家だっていくらでもあるじゃないですか!」

Q: 「競売になって、借家に引っ越すことになりました。しかし、良さそうな不動産屋さんに行ったら、審査で否決されてしまいました。もうダメですね。ホームレスになるしかないのでしょうか。もう思考停止状態です・・・」

A: 「何バカなことを言ってるんですか。不動産屋だって賃貸物件だって、星の数ほどあるんですよ!たまたまその1社に落ちただけで、もうダメだとか悟りきったことを言っちゃいけません! かくいう私も、引っ越しで審査に落ちたことが過去に2-3回ありましたよ。でもそれ以外はすんなり通りました。多重債務やブラックの時も通りましたよ。いいですか。ひとくちに賃貸物件といっても、信販会社で審査させてカードで家賃を引き落とすような大手もあります。そういうところは落とされる可能性が高いでしょう。でも、大半はそんなところではなく、中小規模の仲介業者や、個人事業の家主さんです。審査にクレジットの信用情報機関なんて使っていません。なので、たとえ競売やブラックや自己破産になった人でも、だいたい6割か7割以上の確率で、賃貸物件の審査には通るでしょう。もう何件か当たれば、それがわかるはずです。」

Q: 「借金体質を断ち切るために、債務整理をしてブラックになりました。その後、ブラックでも作れるという楽◯VISAデビットカードを作り、生活を切り詰めるため、服や靴などをYahooオークション(ヤフオク)で買いたいと考えていました。・・・ところが! ヤフオクを使うためには月額ウン百円のYahooプレミアムに入会する必要があり、そのYahooプレミアムはカード決済で、てっきり楽◯VISAデビットカードが使えると思っていたのに、使えませんでした。ショックです。やっぱりデビットカードじゃダメなんですね。ヤフオクも使えないなんて、人生の落伍者みたいで落ち込んでいます。もう思考停止状態です・・・」

A: 「何バカなことを言ってるんですか。楽◯が使えなかったくらいで! 今、日本にはブラックでもほぼ作れるVISAデビットカードが4社(正確には5社)あります。確かに楽◯VISAデビットカードはヤフオクに対応していません。私も試してダメだったことがあるのでわかります。でもね、他のカードはしっかり使えましたよ。私もヤフオクのヘビーユーザーですが、プレミアムの月額料金は、りそなのVISAデビットを使っています。何の問題もありません。」


・・・ その他、高校や大学の学費が払えなくて進学を断念しそうな人、重病にかかったのに治療費が捻出できない人、諦めないで下さい! 必ず道はあります。 知っている人も沢山います!



スポンサーサイト



ブラックでも作れるVISAカード、ETCカード (2013年版)


Category: 個人の多重債務問題   Tags: ---
メルマガ(メールマガジン・有料版のほう)では、普段はどちらかというと事業再生・倒産回避の各種テクニックを詳しく解説することが多いですが、最新号では久しぶりに、「個人のカード」、とりわけ、倒産や債務整理などで信用に傷ついてしまった方のための、生活再建に役立ちそうな、審査がユルくて、かつ、決して借金依存体質にならないおすすめのカードを紹介してみました。


以下、その記事を一部抜粋します。


---------------------------------------------------------

吉田猫次郎メールマガジン (「まぐまぐ」有料版 0001370151)
http://www.mag2.com/m/0001370151.html

【第62号】 2013年9月20日発行 (毎月10日、20日、30日定期発行)

[もくじ]==============================================
◾ブラックでも作れるVISAカード、ETCカードなど
◾編集後記
======================================================


ブラックでも作れるVISAカード、ETCカードなど

この話題は、何年かに一度の頻度で触れていますが、
今回もそれと似たり寄ったりの、だけど2013年最新版の情報になります。


(1) ブラックでも作れるVISAカード

 ゴチャゴチャ説明する前に、まず、実際にブラックでも作れるVISAカードを紹介しましょう。


 ・ 楽天銀行VISAデビットカード (2007年に旧イーバンクとして開始)
   http://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

 ・ スルガ銀行VISAデビットカード (2006年より開始)
   http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/benri/visa_debit/

 ・ りそな銀行 りそなVISAデビットカード (2011年より開始)
   http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/hiraku/visa_debit/index.html

 ・ あおぞら銀行 あおぞらキャッシュカードプラス (2013年より開始)
   http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/use/cashcard_plus/



 (以下、ETCカードや、作りやすい根拠などの解説が続きますが、ここでは省略します。)




 猫

「オリンピック景気」


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
2020年に東京でオリンピックが開催されたら、その前後の日本景気はどうなるのかな?

・東京だけ極地的に好景気になる?
・一部の業種(建設、インフラ、旅行、外食、スポーツなど)だけが潤うの?
・波及効果で、日本全国が好景気になるの?
・昭和39年東京オリンピックのときはどうだったの?


と、そんなことが気になって、暇なときにネットで、「昭和39年 東京オリンピック 景気」 というキーワードで検索してみました。

そしたら、トップにこんな記述が出てきました。(wikipedia)



【オリンピック景気】

[経緯]
 1964年に夏季の東京オリンピックが初開催されることにともなって交通網の整備や競技施設が必要となり、東海道新幹線や首都高速道路などのインフラや国立競技場、日本武道館などの競技施設が整備され建設需要が高まった。 またオリンピックを見るためにテレビを買ったり、オリンピックを見に行くことなども影響し好景気となった。

[後退]
 オリンピックも終わると建設需要やテレビなどの需要も低迷し、不況が到来(構造不況、昭和40年不況、証券不況)した。



次に、「オリンピック景気」で検索してみたら、こんな記事を見つけました。


『五輪後に景気が悪くなる理由 - 夏季6大会で例外は1つだけ』(2012/9/1日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO45592940R30C12A8W14001/

一部抜粋。

《「五輪は一種の公共事業。前倒しで国や企業が投資したり、市民が消費したりした反動が出てくるのです」と教えてくれた。特に新興国は遅れているインフラを一気に整えようと巨額のお金を投じる。高速道路や新幹線が次々できた60年代の日本はその典型だ。》
《一方、既にインフラが整っている先進国は途上国ほど投資は伸びず、経済規模が大きいので影響も少ない。国民の価値観が多様化しており「五輪を冷めた目でみるので消費もあまり盛り上がりません」という。》




なるほどなるほど。(感想なし)




「不動産担保と事業再生」 


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
(以下、某SNSに私が投稿したものをコピペします。)


今夜(2013/9/9)は勉強会です。
テーマは「不動産担保と事業再生」。
このテーマでやるのは、意外にも初めてです。
が、実は、私、このテーマには並々ならぬ思いがあります。

というのは、合理的に考えれば不動産を売却処分してしまったほうが再生しやすいと思われる会社がおそらく相談者全体の8割を占めると思うのですが(売却処分したほうがB/Sが軽くなりROAも改善されるし、無担保債務化したほうが銀行に脅されにくいし、他)、そう簡単に割り切れないのが、良くも悪くもニッポンの事業再生なのです。

不動産を所有している人の実に多くが、「守りたい!」「手放したくない!」という強い感情を持っています。
そうです。感情です。欲とか、固定観念とか、世間体とか、しがらみとか、そういうものが入り混じった、強い強い感情です。
これを説得するのは容易ではありません。

事業再生という観点では、不動産(特に自社ビルや社長自宅)にしがみつくと、問題解決が非常に遠回りになり、不動産以外のものを数多く失うことになりやすい。
でも、それをあえて承知で、一緒に遠回りしながら考えていくこともあります。
また、その人が「多くの犠牲を覚悟」であれば、何が何でも不動産を守る方法を一緒に考えることもあります。(裏ワザも数多く知っています)

私の名刺の肩書きは「事業再生コンサルタント」です。
だから文字どおり、事業の再生をコンサルタントするのが私の第一の役割です。
不動産などは本来、2の次です。社長の自宅なども2の次です。
ここがブレてはいけないと思います。

でも、相談の現場では、本当に悲痛な声を毎日のように聞くので、その声を無視することはできないのです。無視できないから、いろいろ頭をひねります。遠回りにもお付き合いします。(これは連帯保証人問題も同様ですね。連帯保証人を守りたいから、事業再生が非常に不合理かつ難しいものになってしまうことも多々あります。でも連帯保証人さんを無視するわけにはいかない・・・。)

ちなみに、私自身は「持ち家」がなく、遺産相続できそうな親の資産もないに等しく、狭い賃貸マンション住まいの身なので、「家を守りたい!」という人の悩みは、ぜいたくな悩みだという気持ちが心のどこかにあります。 でも反面・・・(中略)。

今夜の勉強会も、そんな話になると思います。






09 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08

10


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
事務所所在地は、東京都三鷹市下連雀3-31-4-206 (2021年4月現在)
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、予想外にヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに12回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。
2020年8月に脳梗塞発症。3週間ほど入院。しかし現在こうして文章を書いているし、手足も自由に動く。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(0422)46-9480

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login