吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

人の噂も七十五日


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
諺で、「人の噂も七十五日」というのがあります。

意味は、「故事ことわざ辞典」にこう解説されているので引用します。

《 どんな噂が立ってもそれは一時的なものに過ぎず、75日も経てば消えていくものだから、放っておけば良いという意味が込められている。
 なぜ「七十五日」なのかの理由には所説あるが、もっとも一般的で有力な説として以下の説が挙げられる。
昔は、春夏秋冬の他に土用の丑の日を含めた五季節という考え方があり、一年の365日を5で割ると73になる。
また、昔の暦は春夏秋冬の期間が年によって70~75日あるという説。
これらのことから、七十五日はひとつの季節を表す説とされ、季節が過ぎる頃には人の噂も忘れられているということ。》



いかがでしょうか?


私はよく、相談者 (おもに倒産寸前の中小零細企業) から、「ウチの会社が危ないって近所や同業者間で噂になっちゃって・・・」 とか、「地元で噂になるのが怖いので、地元の専門家には相談せず、はるばる東京まで相談に来ました・・・」 というような話を聞きます。

確かに、「企業は信用が命」と言われていますから、人の噂というのは無視できませんね。

でも、たかが人の噂です。
「そんなことに振り回されてたまるか!」 と、自分に言い聞かせましょう。
そのくらいの気構えがないと、到底、敗者復活も企業再生もできません。



印象深い話があります。

以前、負債総額40億円以上で民事再生法を申立てた元経営者さんのセミナーを受講したことがありました。

この方、「民事再生は狭き門」と、その苦労話をしみじみと語っていました。
民事再生法も、けっしてパーフェクトな救済制度ではありません。
再生手続きが無事に終わった後で、二次破綻を起こしてしまう会社もかなりあります。


しかし、この会社は、2008年に裁判所で民事再生手続きを申し立て、再生手続開始決定(4週間後)、再生計画の認可決定(30週間後)などを経て、その2年半後に再生手続の終結をし(トータルで3年かかった)、以後ずっと、黒字経営を続けています。すごいですね。

この方が、こんなことを言っていました。
とても印象に残っています。

「民事再生後、75日と3年をそれぞれクリアできるか?」 (できなければ再生できない!)

ここでいう、3年とは民事再生の手続き開始から終結までにかかる期間です。
75日とは、「人の噂」を指します。

この会社は、その地域、その業界では、かなりの知名度がありましたから、民事再生を申立てたというニュースは、かなり話題にのぼりました。
「あの会社、倒産したらしいよ」と・・・。

しかし、民事再生法は文字どおり、再生のための制度です。
広義にいえば倒産の一種といえるかもしれませんが、会社は生き残っており、再生できる可能性が十分あります。
せっかく、こんな良い制度があるのに、「人の噂」で押し潰されるわけにはいきません。

この会社は、75日間、頑張り抜きました。


その後はだんだん噂は消えていき、5年経った今は、地元でも、この会社が民事再生をしたことがある会社だということをほとんど知られていない(忘れ去られている)ほどです。
地元の有力企業として認識されています。


噂というのは、所詮、そんなものです。

窮地に追い込まれている社長さんも、ちゃんとした再建策があるなら、それをブレずに実行することに専心して、余計な雑音を気にしないようにしましょう。大丈夫です。


スポンサーサイト

強さがなくても大丈夫。100万でも100億でも大丈夫。


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
借金の多い少ないでは、その深刻さはわかりません。
前に「債務超過」について書きましたが、債務超過の度合いが額の大きさでも、深刻さはわかりません。
中には、収入ゼロ、資産ゼロで負債100億円というひどい状態でも明るく過ごしている人もいますし(本当に何人もいます)、逆に、月収が20万円もあるのに、たった100万円の借金で死ぬほど思いつめている人もいます。

その違いは、その手の問題に対処するための「知識」や「経験値」があるかどうかに尽きます。

知識も経験値もない人は、小さな借金問題でも、かなり動揺します。
知識と経験値を持っている人は、どんなに大きな借金を背負っても、冷静に対処できます。

それは「強さ」ではないのです。

よく、「私には困難に立ち向かえるような強さも勇気もありません。だからもうダメです」 と嘆いている方がいます。嘆くのはべつに構いませんが、そこで思考停止、行動停止するのはもったいない。

こういった問題を解決するには、「強さ」など必要ないのです。
弱くてもいいのです。
勇気がなくても、いいのです。

弱さを補える、別の何かがあればいいのです。

例えば、情報、知識、知恵、柔軟さ、したたかさ、人望、支援者、バカさ(バカになりきれるのも大きな武器です)、などのうち、どれか1つか2つもあれば、じゅうぶん乗り越えられるでしょう。


さあ、来週もがんばりましょう。


自死遺族の方向けの無料相談


Category: 借金苦による自殺問題   Tags: ---
もう10年くらい前から、借金苦や倒産危機で自ら命を絶った方の 「遺族」 向けに、随時、無料相談を受けています。

但し、相談を受ける私の側には、いろいろ制約があります。


・私一人でやっているので、あまり沢山受けられない。

・これは「仕事」ではないので、仕事外の、空いた時間にしか応対できない。

・私は医者でもカウンセラーでもないので、メンタルケアは専門外。「お金のアドバイス」しかできない。

・助成金などをもらっているわけでもないので、完全手弁当。


ホームページで大々的に書くと相談が増えてしまい、こなしきれなくなるので、最近はあまり告知しなくなり、ひっそりと、この活動をしていました。

ただ、ひっそりといっても、その件数は決して少なくはなく、
毎年毎年、年間15人~25人くらいは、自死遺族の相談を受けてきました。

どんな相談が多いかというと、


・「お父さんが亡くなった」という方がほとんど。次に「夫が」「お兄さんが」など。男性家族を失った人が9割以上。

・相談者は、その奥さん、お子さんなど。

・原因を聞いてみると、「個人の多重債務」で亡くなった方は、10年前は非常に多かったが、最近はほとんどいない。

・最近は多重債務ではなく、中小零細企業の「倒産」や「倒産危機」が一番多い。

・債権者別にいうと、ヤミ金やサラ金に追い込まれたようなケースは今では少数で、ほとんどは、銀行、信金、保証協会、社保、買掛先、従業員給料などの支払いに苦労して、思い詰めてしまったケースが多い。

・生前、お父さんやお兄さんは、誰にも相談しなかった模様。情報収集も苦手だった模様。

・遺族の方が直面している問題としては、「借金の相続」(特に保証協会からの請求対処法)、「相続放棄すべきか否か」、「連帯保証人問題」、「子供の学費をどう捻出するか」、「会社を引き継ぐべきか否か」、「担保に取られている自宅はどうなるのか」といったものが多い。


もちろん、この全てに、私の知る限りの全てをお答えしています。
必要に応じて、専門家を紹介したりもしています。


私は、本来は、「自殺防止」の側の人間です。
借金や倒産危機なんて、切り抜け方はいくらでもある。死ぬ必要なんてない。
そのことを、今までくどいくらいに説いてきました。

結果も沢山出してきました。
「借金苦で自殺まで思い詰めていました。遺書まで書きました。でも、ネットで猫次郎さんのサイトを見つけて、夢中になって隅々まで読んでいくうちに、死ぬ気が失せました! これからも生きてがんばります!」 というようなお便りは、今まで数え切れないほどもらってきました。

私自身も、倒産危機や借金苦で自殺まで思い詰めた経験がありますから、その気持ちはよく理解できるつもりです。「借金自殺防止」のためのアドバイスなら、気持ちの面でも、テクニカルな面でも、自信があります。


いっぽう、私は遺族ではありませんから、「遺族の方のケア」は、あまり得意ではありません。

得意ではないので、あまり積極的にこれを打ち出すのは気が引けます。

お金を取る気にも、もちろん、なれません。

遺族の方のために「ひっそりと、無料相談を受けている」のは、そんな背景があります。

どこまでお役に立てるかわからないのです。

でも、何か駆り立てるものがあり、かれこれ10年以上、微力ながら、遺族向けの無料相談などという活動をさせて頂いている次第です。



最近の遺族相談の事例で、強烈に印象に残っているものを2つあげましょう。
どちらも現在進行形です。
私は、心の底から、彼らを応援したいと思います。


(1)某年某月、「両親が借金苦で自殺しました。」と手紙をくれた、10代の女性。大学に合格していたものの、お金が心配だし、気持ち的にもそれどころではなかったので、入学辞退しようとしていた。兄弟も頼れる親戚もいない。これから独りで生き抜くしかない。
 しかし、よく聴いたら、やはり進学したい気持ちも強いようだった。 そこで、入学金の納付期限(3月中旬)を少し延ばしてもらうべく、一緒に大学まで付き添った。大学側はこれを快諾してくれた。いわば、入学金のリスケジュール交渉の同行のようなもの。 彼女はその後、学費免除と奨学金を併用でき、住まいも寮生活とアルバイトで何とかなり、あと数年で就職活動というところまでいっている。ご両親の借金の問題も全て解決した。


(2)つい最近相談を受けた30歳前後の男性。10年以上前に父が自殺し、そのときに進学を断念した。(高校時代は相当成績が良かった模様)
 今は東京へ出てきて、アルバイトして一人暮らしをしているが、最近、「やっぱり大学で勉強したい」という気持ちがメラメラ湧いてきて、独学で勉強を始めた。研究職に就きたいので、国立の理系を受験したい。




放射能測定器を使ってみた。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---

今年の3月から、約3ヶ月間、知人のツテで、「放射能測定器」をレンタル使用させて頂きました。

東京、栃木、福島、宮城、山形、神奈川の各県で、出張ついでに測定していました。

これ、かなりスグレモノです。

なにしろ、GPSと携帯電話の3G通信とUSBコネクタが搭載されているので、測定だけでなく、データ集計や、家族間での危機情報交換などもできてしまうのです。

線量の高い場所に近づくと、かなり高い精度でアラームが鳴ります。

業務用ですが(GPSと携帯回線がついているので、従業員の多い建設会社などに非常に向きそう)、個人用にも欲しくなりました。


sunplus


メーカーサイト:
http://www.sunplus.co.jp/answer.html



* 使用レポート。

 具体的な数値はここでは控えますが、出張時に絶えず持ち歩いて、東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、福島、宮城、山形で計測してみた結果、東京の都心部はまあ予想どおりで(普通に暮らしていてあまり心配なさそうな数値)、埼玉と神奈川も、東京とさほど変わらずでした。

東京の東側と千葉県の北部では、やや高い所がありました。でも予想していたよりは低かったです。

栃木県や宮城県も、予想していたよりは低かったです。東京とほとんど変わらないといっても過言ではないでしょう。

福島も、思っていたよりはずっと低い数値でした。
ただ、計測場所によってかなりバラツキがあって、ピンポイント的に高い場所が散見されました。

山形県の日本海側のほうへ行くと、ほとんどゼロに近いような数値でした。神奈川県よりも平均して低かったです。


企業再生を阻む最大の脅威は?


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
企業の再生を阻む最大の脅威は何でしょうか?

銀行? いいえ違います。銀行さんはむしろやさしくなりつつあります。金融調整の手法もかなり増えてきました。

公庫?保証協会? いえいえいえ。彼らもやさしいほうです。人の話をよく聴いてくれます。

ノンバンク? これも違います。 リースでも、商工ローンでも、消費者金融でも、果てはヤミ金でさえも、対策はいろいろ揃っています。大きな問題ではありません。



多くの皆さんが勘違いしています。

金融系の債権者に会社を潰されることは、むしろ少ないのです。



もっと怖いのは、最近では、次の3つでしょう。


脅威1.税金や社保の滞納。特に社保は、最近取り立てが非常にキツい。差押も多い。

脅威2.労使間紛争。労基への相談件数も急増中。会社が内側から崩壊していく危険性がある。

脅威3.社長の無知。「頭」が頭として機能せず、やはり内側から崩壊していく。




*「脅威」とは? - 強い力や勢いでおびやかすこと。また、おびやかされて感じる恐ろしさ。「戦争の―にさらされる」「―を与える」「―を感じる」(国語辞典Goo辞書より)

* 社長さんにとっては1と2が脅威。でもそこに勤めている従業員からみれば3が最大の脅威でしょう。たぶん。




猫次郎44歳、2度目のトライアスロン!


Category: 猫次郎のダイエット&運動日記   Tags: ---
037.jpg


10ヶ月ぶり、人生2度目のトライアスロンに参加してきました。
(第24回国営昭和記念公園トライアスロン大会)



【1】 まず、この10ヶ月の、私の運動日記(?)を振り返ってみましょう。

2012年8月26日  うつくしまトライアスロンinあいづ、初参加。 3時間30分で完走。

2012年9月 自転車レース(王滝村100キロ)に参戦するも、メカトラブルのためリタイヤ。

2012年10~12月 なんとなく燃え尽き症候群(?)。運動は近所の学校プールで水泳のみ。(月平均15キロ位)

2013年1月 ここまでの1年間で、計200キロ泳いだ。1年前までは100メートルも泳げなかったクロールも、ノンストップで2キロ泳げるようになった。(我流なので遅いけど)

2013年2月 200キロ泳いだ達成感か、またもや燃え尽き症候群(?) 全く泳がす、運動もせず。

2013年3月 同上。

2013年4月 少しずつ水泳再開。しばらくサボっている間に、体力はすっかり衰え、体重はおそろしく増加。

2013年5月 8ヶ月ぶりにラン再開。体重減らず。

2013年6月 9ヶ月ぶりに自転車再開。水泳とランもだいぶ調子を取り戻す。体重微減。

2013年6月30日 昭和記念公園トライアスロン(スプリントディスタンス)参加。無事完走。



【2】 昨日の大会の様子。


20130630(1)
愛車FOCUS CAYO 2010年アルテグラモデル。3年前に海外通販で超格安で買って以来、ツーリングにレースに仕事の足代わりにと大活躍。自称「営業車」。


035.jpg
完走。

水泳(750メートル)が約13分、自転車(20キロ)が約55分(着替え時間含む)、ラン(5キロ)が約27分、計1時間37分ほど。

順位は、1週間後にネットで発表されるとのことだが、たぶん中の下か、下の中あたりでしょう。

一番しんどかったのが水泳。最初の5分で、他の選手に頭を水中に押し込まれ(これは混戦でよくあること)、水を飲んでしまい、軽くパニックに。

以後、「落ち着いて落ち着いて!」と自分に言い聞かせながら完走を目指しました。




* トライアスロン、なんとなく自分に合っているような気がしてきました。

 最初に思い描いていたキツいだけのイメージより、だいぶ「理に適っている」という感じです。

 フルマラソンと違い、足腰にばかり負荷がかかるようなことがなく、上半身と下半身にほどよく負荷が分散されますので、地道に練習さえすれば、誰でも完走できるし、長く続けてもカラダに無理がかからないと思います。

 実際、60~70歳以上で完走した方や、50歳から挑戦し始めた方も結構いますし、義足だけのトライアスロンチームもあります。

 私も70歳まで続けたいと思うようになってきました。いろいろな意味で。

 最高峰のアイアンマンレースにも、そのうち挑戦してみたいです。



* おまけ。私は1年ちょっと前、この動画にガツンとやられてしまいました。
全身麻痺の息子の笑顔のために鉄人になったお父さんのトライアスロン参戦記。



なんと、トライアスロン最高峰の大会(水泳3.8km+自転車180km+ラン42.195kmのアイアンマンレース)を、ただ完走しただけでなく、息子をゴムボートで引っ張りながら泳ぎ、2人乗りに改造した自転車で漕ぎ、車椅子を押しながらフルマラソンを走りきってしまったのです。
全米がガチで泣いた。



07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login