吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

サービサー業界の現状


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
あちらさんも、なかなか厳しいようです。

サービサーは法務大臣が認可していますが(反社会的勢力が入り込むのを防ぐために、債権回収会社は必ず法務大臣の営業許可を取らなければなりません。無許可で債権回収業務を営むのは違法で罰せられます)、これまでに、計123社が許可を受けました。(許可番号でわかる)

しかし、その中で、現在も登録されているのは96社しかありません。(これも法務省のページでわかる)


【参考】法務省「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧」
http://www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa15.html



2年ほど前には、あるサービサーが法的整理をして倒産しました。

また、幾つかのサービサーは、生き残りをかけて同業他社と合併しました(これは結構多い)。

中には、事実上「休業」しているサービサーもあるようです。

どの業界も大変なんですね。

私がもしサービサーの経営者だったら、当然、利益を上げなければ生き残れませんから、やはり、「少しでも安く仕入れること」「少しでも高く回収すること」に重点を置くと思います。

ところが、昨今では、金融円滑化法が3年もつづいたため金融機関が不良債権をあまり手放さなくなって仕入れるタマが減ったり、同業者が増えてきたため仕入れの競争(バルクセール、競り売り)が厳しくなってきたりで、一言でいえば、「仕入れ値」が上がってきているといいます。

不良債権は「簿価」でなく「時価」で売買されているので、たとえ100億円の債権でも、それが不良な債権であれば、不良品と同じで、5億円とか、1億円とか、それ以下とか、非常に安くなるのが常ですが、なにぶん仕入れるタマが減ってきているので値が上がってきているというわけです。

イワシのような魚でも、漁獲量が少なくなれば値段が高騰するのと同じ(?)ですね。

仕入れ値が上がっているとしたら、サービサーとしては、利益を上げるためには「回収額を増やす」しかないでしょう。

そんな事情を反映してか、ここ2-3年ほどは、サービサーとの減額交渉がだいぶ難しくなったというか、時間がかかるようになってきたと感じます。

一昔前なら3日で話がついたような案件でも、最近は、一度くらい裁判にかけられたり、差押をされたり、そこまでされたうえでやっと減額に応じてくれたというケースもよく聞きます。

とはいえ、最終的な落としどころはさほど変わっていませんので、交渉時の心構えとしては、あまり焦らないこと、訴訟や差押の一度や二度されても仕方ないと腹をくくること、資産も収入も何も持っていないならそれを包み隠さず明かし、それを証明する書類なども嫌がらずに提示することなどがコツといえるでしょう。



スポンサーサイト

iPad miniを買った。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
ipadmini


仕事で必要に迫られて、iPadを買いました。

手帳代わり、電子書籍代わり、1:1のプレゼンツール代わり、出張用パソコン代わり、そして今後企画予定の某アプリを考えるために、より小さい「iPad mini」を選びました。

携帯電話回線(3G)のついていない、Wi-Fiのみのモデルだったので安かったです。
アップルストアで36,800円でした。(2年間SoftbankとBBmobileのWi-Fiスポットが2年間無料というオマケがついてちょっと得した気分・・・)

月額固定費用はもちろんナシ。
私はWi-Fiだけで十分です。

iPhoneを既に持っているので、iクラウドでiPhoneと同期して、データをまるごと共有できます。
説明書も何もついていないのに、初期設定は30分くらいで終わりました。
ここらへんはさすがですね。

画質は、最新版のiPhoneやiPadと比べると、やや落ちます。

でも、必要十分な画質だし、バッテリーの持ちも非常に長いし、ちょうどいい画面サイズだし、持ち歩きも本当に軽快なので、本当に気に入っています。

買ってすぐに、無料のアプリを20種類くらい入れました。Skype、LINE、Facebook、Twitter、G-Mailなど基本的なところはもちろん、地図やニュースなども一通り。

無題


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
8日ぶりのブログ更新です。

この間、公私共に慌ただしかった。

忙しかったとうよりも、とにかく慌ただしかった。

ラジオ出演します。 (TBSラジオ「Dig」)


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---

11月21日夜(今夜)、TBSラジオ 「ニュース探求ラジオ Dig」 という番組に、猫次郎が出演することになりました。

おもな内容は、「震災後の倒産」です。

出演時間は、22:30頃~23:30頃までの約1時間ほどになると思います。

TBSラジオ(954)は他県では何放送になるかわかりませんが、お暇な方はどうぞお聴き下さい。



猫@今日が山です・・・



震災後に倒産しない法震災後に倒産しない法
(2011/05/20)
吉田猫次郎

商品詳細を見る

「負のオーラ」を背負い込む仕事


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
よく、「猫次郎さんの仕事って、毎日毎日、負のオーラを背負い込んだ人を相手にするから大変ですよね。よく精神的にもちますね~」 と言われることがあります。(心配してくださって嬉しいです)

が、私自身は、特にそういうことを意識していません。
ストレスも人並みです。(どんな仕事でもストレスはつきものですしね)

確かに、初めて相談に来られる方の「負のオーラ」たるや、すごいものがあります。
まるで、世界中の不幸を一心に背負ってしまったような悲壮感。
空気がどよ~んとしています。

でも、大抵はそれは最初の数回までであり、その後は次第に明るくなっていきます。

ウチの勉強会に参加されたことのある方なら、容易にイメージできるでしょう。
最初は真っ青。だけど、解決の道筋が見えてきたり、あるいは見えなくても精神的に乗り切れれば(=よく私が書いているように、借金契約は奴隷契約ではない、殺されることもないし、自殺するほどのことでもない。倒産危機もしかり。世間ではよくあることであり、なにも特別なことではない。ぞれに、解決方法はいくらでもあるし、今すぐ解決できなくても、いつか必ず解決できる。最悪の場合は自己破産したって再起できるし、自己破産も何もしないで時が解決してくれるのを気長に待つということだってできる。選択するのはあなたである。あなたがドラマの主役なのである。・・・などといったメンタリティが培われていけば)、たとえ何十億円借金があって倒産の危機に貧していても、明るく元気になれるものです。
ウチの勉強会では、自宅を競売にかけられたり何億円もの借金に押し潰されそうになっている人でも、普通に明るく会話しています。青ざめているのは初回参加の方だけです。


そんな「心境の変化」を目の当たりにできるという醍醐味もありますから、この仕事は決して、「負のオーラを背負い込んだ人ばかりが来る、異常にプレッシャーの高い仕事」ではありません。
負のオーラを感染されるようなことも(あまり)ありません。


ただ、自殺まで思いつめて相談に来られる社長さんも、相変わらず少なくありません。
これはかなりヘビーです。かなり神経を遣います。

過去には、自殺未遂して首に縄の跡が赤く残ったまま相談に来られた方や、ガソリンを頭からかぶって大火傷をした跡が残ったままの方もいました。車の中で練炭自殺未遂をした人もいました。(現在は皆さん元気です)

ほとんどの場合、何回か相談を受けているうちに自殺する気が失せて徐々に明るくなっていくものですが、中小零細企業の社長さんにとって、日々の現実は厳しいものです。

一難去ってまた一難。
いくら「明るい再生スキーム」が描けても、日々の取り立てや、毎日の支払い、債権者交渉、取引先からの厳しい取引条件、大事なところへの支払いが思うようにできないつらさ、従業員の生活、自分の家族の生活などが重圧になり、何度も何度も心が折れそうになります。いや、折れます。そうなると、せっかく死ぬ気が失せても、時々ふと、よからぬことを考えてしまいがちです。

そのような相談が相次ぐと、私もさすがに疲れてしまいます。
そんなときは、「自分を特別視しない」ように務めています。

「不幸を背負った人を相手にする仕事をしているのは、何も私だけではない。医者なんかもっとすごいはずだ。毎日毎日、病気を抱えた人を診たり治療したりしているんだから。看護師さんだって同様にすごい。弁護士さんもそうだ。不幸やトラブルを抱えた人ばかり相手にする仕事だ。保険会社の人も、基本的には事故や病気や死亡といった不幸な出来事を扱う仕事だ。葬儀屋さんなんか、毎日泣いている人を相手にしている。皆さんと比べれば、俺の仕事なんかまだ甘いほうだ」 と。


あるいは逆に、「自分を思いっきり特別視」して、己を奮い立たせることもあります。

「あの会社のあの社長さんを再起させられるのは、この俺しかいない!」 と。

まあ、そんなふうに自分をあっちへコントロールしたりこっちへコントロールしたりしながら、何とかやっています。




講演残りあと4本・・・


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
秋の講演ラッシュも、残りあと4本で終わりです。

11/14(本日)は、SRC(事業再生支援協会)瀬戸内支部主催の講演が、高松であります。

11/19は、広島県商工会連合会主催の講演が、福山で 広島市であります。

11/21は、埼玉県、熊谷商工会議所。

ラスト11/27は、青森県八戸商工会議所。


12月は全くありません。

(弊社主催の「勉強会」のほうは毎月やりますが)


週刊 「東洋経済」 に掲載されました


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
toyokeizai

久しぶりのブログ更新です。2週間近くもサボってしまいました。

今週月曜日に発売された週刊『東洋経済』11/17号に、ほんの少しだけですが、私のインタビュー記事が載っています。
46ページです。
内容は、中小企業金融円滑化法終了後の諸々について。
猫次郎の名前でなく、本名のほうで載っています。

無題


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
◆ 先週木曜日から今週月曜日にかけて、5日間出張してきました。
行き先は、島根県浜田市(講演)、島根県松江市(講演)、大阪(勉強会)、宮崎(顧客対応)、熊本(出張相談)の5箇所。

◆ 10月は北海道や東北にも行ったので、合計すると、1ヶ月でものすごい距離を移動したことになります。(概算で8000㎞?)

◆ 11月もなかなか多くて、本日3日は名古屋(勉強会)、8日は仙台~宮城県北部(イベント等)、14日は四国高松(講演)、19日は広島福山(講演)、21日は埼玉熊谷(講演)、27日は青森(講演)を予定しています。

◆ しかし、12月は全く出張を入れないつもりです。講演はゼロ。その他の仕事も、東京からあまり出ないつもりです。

◆ そういえば今年はあまり本を読んでいません。例年100冊位は読んでいたと思うのですが、今年はたぶん20冊も読んでいないかも。いけませんね。

◆ 事業再生をめぐる新しい情報は相変わらずどんどん入ってきていますが(日進月歩でついていけないほど・・・)、これだけ情報過多で選択肢も多くなってくると、逆に「基本」「原点回帰」がどれほど大切か、わかってきます。

◆ たとえば先日、こんな相談者の方がいました。「いままで何人もの事業再生の専門家(法律家含む)に相談してきましたが、決算書を見てくれたのは猫次郎さんだけでした。他の先生は決算書もほとんど見ず、借金の内訳だけ聞いていきなり第二会社方式とか債権者集会とかそんな話を切り出してくるので、どうしても不信感がぬぐいきれなかった。」 ・・・と。 当たり前のことが見落とされているんですね。

◆ 金融円滑化法が来年3月で終了予定ですが、これについても今まで再三書いてきたように、基本は変わりません。

◆ ここでいう基本とは、要約すると、資金繰りも大事だけどB/SとP/Lの見直しはもっと大事。中でも本業で黒字を出すこと(営業利益)は最も大事。黒字化のためには増収増益策もいいけど減収増益策のほうが運転資金がかからないし現実にやりやすいので短期的な生き残り策としては減収増益策を中心に考えたほうがいいかもしれない。B/SとP/Lと資金繰りの3方面をそれぞれ改善するためには、まず当たり前のことを当たり前にこなし、それでもダメなら、症状の軽い順に、大鉈をふるうようなリストラ型の再建、それもダメなら次はリスケジュール型の再建、それでもダメなら私的整理型やM&A型(事業譲渡なども含む)、それでもダメなら最後の手段として法的整理か清算という手順で考える。 方策に迷ったら、自己分析に戻る。自社の問題点はどこなのか?B/Sの債務超過が問題なのか?P/Lの収益性が問題なのか?それとも黒字で債務も少ないけど単に資金繰りだけが問題なのか?と。要は、悪い部分だけ直せばいい。全部が悪ければ、もちろん全部直す。どうしても直せないことがあれば、それは直さないでうまく共存していくか、それとも傷を覚悟でリセットするか、それともスポンサーなど協力者の力を借りる。と。

◆ 長くなりました。午前中プールで泳いで、昼食を食べて、名古屋へ出発する前にちょっとだけ書くつもりが・・・。それでは行ってきます。


11 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login