吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「約束手形」は、体力のない会社にとっては麻薬、あるいは劇薬。


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
先週、ツイッターでこんなことを立て続けにつぶやきました。


>> 約束手形は撲滅したほうがいい。あれこそまさに、日本の常識は世界の非常識。ジャンプ、裏書き、手形保証、手形訴訟、台風手形、出産手形、融通手形、不渡り…これらに泣かされ、振り回され、死んでいった人がどれだけいることか。

>> 大企業にとって手形は便利かもしれない。だが中小零細企業にとっては麻薬のような作用をもたらす。資金が枯渇すると割引や裏書譲渡を始め、さらに悪化するとジャンプや融通手形、そして最後には不渡り。内包リスク無限大。制御不能。ソフトランディング困難。

>> ちなみに手形の裏書人は、連帯保証人と同様の責任を負う。ふつうの保証人と違い、催告の抗弁権も検索の抗弁権も分別の利益も認められない。さらには手形訴訟は迅速にできてしまうので、振出人が不渡りを出したら裏書人はすぐ訴えられる。手形がアブナイ奴に回ったらもう地獄。(経験者は語る)

>> などなど、手形は債権者にとっては飛び道具のように便利な面もあるが、債務者とりわけ素人の中小企業には内包リスク無限大なので、扱わないほうがいい。撲滅したほうがいいとさえ思う。印紙代も高いし。

>> 以上、やんわりと書いたけど、最後にあえてキツい書き方をすれば、「数字にも法律にも駆け引きにも弱い中小零細企業のオヤジは、危なっかしいのでむやみに手形を扱うべからず!」と言い換えることもできる。受取手形も支払手形も。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下、補足です。マニアックな用語説明。
(教科書的な定義はネット検索すればいくらでも出てくるので、ここでは私の独断と偏見による解説をします。)


・融通手形:
 倒産寸前の中小企業のオヤジが、もはやどこからも借りられないために、同じ境遇の取引先のオヤジに話をもちかけ、同じ金額の手形を切って取り替えっこする行為。たとえば(株)ネコネコ商事が1000万円の手形を切り、取引先である(有)ワンワン実業に渡す。ワンワン実業はこれと引き換えに、自社で切った1000万円の手形をネコネコ商事に渡す。決済期日はどちらも同じ。お互い、手にした手形は、手形割引業者で現金化する。割引料を差し引かれた900ウン万円のキャッシュが即時手に入る。但し融通手形は多くの場合、見破られやすい。(金額が異様にキリの良い金額だったり、不釣合いな高額だったり、期日がありえないほど長期だったり、どこか異様なので) それに、どちらかが不渡りを出したら、共倒れになる可能性が極めて高い。末期症状においてよく行われる行為である。

・台風手形:
 サイトが210日と異様に長い手形のことを、昔はこう呼んだ。(ちなみに210日は正月から数えて9月1日頃にあたるため、台風の襲来日にちなんでこう呼ばれるようになったとか) 大手ゼネコンなどと取引していると、このくらいのサイトの手形は決して珍しくない。受け取った中小企業の多くは金庫にしまっておく資金的余裕がないため、途中で割引に出して現金化することが多い。

・出産手形:
 ど忘れしたが、確かサイトが10ヶ月(300日)くらいの手形。ここまでくるとほとんどイジメである。昔は建設業や製造業で時々見かけた。

・裏書き: 
 手形の裏にサインすること。万一その手形が不渡りになったら、裏書人のところに請求がいく。連帯保証人のようなものと思っていい。ただの保証人ではなく、「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」のどれも認められない、まさしく連帯保証人と同等の重い責任を負う。

・手形保証:
 裏書きとよく似ているが、裏ではなく、オモテに「保証します」と書く。そんな恐ろしいものにサインする人が本当にいるのかと思われるかもしれないが、たまにいる。

・手形訴訟:
 普通の訴訟より手っ取り早くできる。昔、商工ファンドは、この手形訴訟の利便性を巧みに利用して、債務者および連帯保証人から迅速にガッチリ回収した。まさに「飛び道具」のように使いこなしていた。債務者側にとっては、不渡りを出して裏書人が手形訴訟されるともう大変。事態は一刻を争う。

・ジャンプ:
 手形の約束の期日までに資金が用意できないときに、債権者(受取人)に泣きついて、期日を延長させてもらう行為。たとえば、12月末期日の1000万円の手形が落とせそうにない場合、その1000万円の手形を、12/末400万円、1/末300万円、2/末300万円+利息分とか、そんなふうに延長させてもらったりする。もちろん信用は低下する。

・不渡り
 1回目の不渡りは「片目」、2回目の不渡りは「両目」などとも呼ぶ。6ヶ月以内に2回不渡りを出すと銀行取引停止処分になる。が、これは別の見方をすれば、「銀行取引停止処分にしかならない」とも言える。もちろんそれに付随して取立てがきたり、信用を失ったりするので重い事態であることは間違いないが、少なくとも法律上の倒産手続きとイコールではない。2回不渡りを出しても自動的に裁判所で破産開始決定がなされるわけでもないし、法務局で自動的に会社が解散登記されてしまうわけでもない。あと、銀行取引停止処分といってもそれは当座預金や融資の話であって、普通預金口座は開設できるから、降り込みや預金などはできる。不渡りを2回出しても事業継続している人は結構いる。私も沢山みてきた。その際に必要なのは、気合いや根性などよりも、「ユルさ」だったりする。

・不渡り回避法:
 ヒントになりそうな単語をずらりと並べると・・・、ジャンプ、依頼返却、供託、3時過ぎの入金、翌朝一番の入金、仮処分、調停前の事前措置、0号、1号、2号、お百度参り、などなどなど。



手形は恐ろしいですね。




スポンサーサイト

【お知らせ】 勉強会日程、サーバーダウン、他


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
これを書いているのは11月24日の昼休みですが、どうやら昨夜あたりあら、ホームーページのサーバーがダウンしているようです。レンタルサーバーからお知らせがありました。復旧にはもう少し時間がかかるようです。
http://www.nekojiro.net/ ※11/25 復旧しました。


さて、ホームページがご覧になれない方のために、勉強会の日程をここにも記載します。


・11月25日(金)18:00~ 東京・中野 テーマ「倒産を防ぐ」
  対象者は中小零細企業自営業の社長さん。

・12月16日(金)18:00~ 東京・中野 テーマ「事業再生の専門家向け」
  対象者は事業再生関連の専門家のみ。一般不可。好評につき、またギリギリセーフとギリギリアウトの境界線や、最新動向について皆で議論したいと思います。

・12月17日(土)18:00~ 東京・中野 テーマ「倒産を防ぐ」
  対象者は中小零細企業自営業の社長さん。

・1月7日(土) 15:00~ 東京・中野 テーマ「決算書の読み方」
  対象者は決算書を読めるようになって経営再建策をアカデミックに組み立てたいと志す中小零細企業の経営者。


お問い合わせは、担当・ハヤシ hayashi3@nekojiro.net までメール下さい。

『民法改正 ― 契約のルールが百年ぶりに変わる』 内田貴著 ちくま新書


Category: オススメの本   Tags: ---


民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書)民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書)
(2011/10/05)
内田 貴

商品詳細を見る




これは絶対に読んでおいたほうがいい本です。
特に、商取引や借金や連帯保証人など、いわゆる「契約」と縁のある人には、必読の書です。

民法は、明治31年に施行された大変古い法律です。
全部で5編から成り、1044の条文があります。
このうち、「債権」(契約)に関する部分が、実に115年以上ぶりに大きく改正されようとしているのです。

民法はこれまでにも小さな改正がありました。たとえば、2004年には読みにくいカタカナ文語体がひらがな口語体になったり、包括根保証が撤廃されたりしました。でも、基本的な部分は115年以上変わりませんでした。これだけ世の中が大きく変わったのに。

この本は、とっつきにくいと思われている民法をとてもわかりやすく解説しているのに加え、これから大きく改正されようとしている債権(契約)法についても、示唆に富んだ解説がなされています。

まだ先のことですが、もしかしたら、この民法(債権法)改正により、連帯保証人制度も大きく変わるかもしれません。
また、今はまだ検討段階に過ぎませんから、私たちの声が、この法改正に影響を及ぼすかもしれません。

私たちが法改正に向けて正しい判断をするためには、私たちひとりひとりが、民法のことをより深く理解しなければなりません。
そのための入門書として、これ以上の本はないと思います。
超オススメ。


ボジョレ・ヌーボーのキャッチコピーが毎年楽しみ


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
某所でも書きましたが、私はボジョレ・ヌーボーのキャッチコピーを毎年楽しみにしています。
これ最高。

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「香りや味わいのバランスがよく、50年に1度の出来栄え」
10年「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」

そして今年は、

「100年に一度といわれた05年より、さらに上」

だそうです。


最近のメディア出演


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
面倒くさいので告知していませんでしたが、チョロチョロと出ています。

(1)先々週は「週刊朝日」に、年金問題でコメントが掲載されました。

(2)今週はラジオ日本系列 「元気出せ!ニッポン」 という番組に、30分ほど出演します。既に収録済み。ラジオ日本、高知放送、青森放送、山梨放送、ラジオ大阪、山口放送、ラジオ福島、西日本放送、東海ラジオ、ラジオ沖縄でオンエアされます。詳細は番組ホームページ参照。内容は、中小企業の経営者にエールを送るものです。パーソナリティ乾龍介さんとの対談のような形です。(尚、この番組のスポンサーは幸福の科学ですが、私は幸福の科学の会員ではないのですが、あまりこだわらずに出演させて頂きました。)

(3)「プレジデント」次号に、1~2ページ載る予定です。



保証協会の代位弁済 - 備忘録


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
「代位弁済」がそんなに怖くないことは、以前メルマガやホームページに記載したとおりですが、今回はその補足のまた補足、備忘録みたいなことを、思い出した順に書いてみたいと思います。


・保証協会つきのリスケジュールで保証料が払えない!?
 - 協会つきをリスケする場合、保証料を追加で払う必要が出てきます。苦しい経営者には、その保証料の支払いだけでもかなりの負担になります。中には保証料が払えないからリスケを断念して、代位弁済しようという会社も少なくありません。それはそれで一つの道なのですが(代位弁済になっても分割払いの交渉はできますしね)、ただ、苦しいのが一時的なものだとしたら、もう一踏ん張りしても悪くないかもしれません。というのは、リスケ時の保証料は一括払いが原則なのですが、都道府県や置かれている状況などによっては、保証料を分割払いにさせてもらえたという例も聞くからです。(具体的には、岩手県などで聞いたことがあります)


・求償権消滅保証制度
 - 保証協会つきが代位弁済になって、そのせいで新たな融資が受けられないと絶望視している方は、「求償権消滅保証制度」でネット検索してみて下さい。いろいろ情報が出てきます。 平たくいえば、たとえ代位弁済になっても、まだ事業を継続しており、業績回復基調であれば、代位弁済になった債務を、借り換えのような形で処理してくれる可能性がある(真水の融資も受けられる可能性が出てくる)ということです。求償権消滅保証制度は2006年から始まりました。利用実績はまだ非常に少ないようですが(東京信用保証協会だけでここ5年間で260件?)、実現可能な明るい経営改善が立てられる方は、トライしてみる価値はあるかもしれませんね。
事実、私のクライアントさんでも、一度は経営が傾いて代位弁済を余儀なくされたものの、その後本業が急速に回復して、3000万円あった保証協会の債務が、4000万円の借り換え(=1000万円ほどの真水融資)を受けることに成功した方がいます。不良債権から正常債権に戻ったわけです。


・その他
 - 2年ぶりに、メルマガで保証協会のことを詳しく書いてみようと思います。お楽しみに。



金融円滑化法が来年3月で切れると、破綻企業が増える?


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
よくそういう論調を見かけますが、こと小規模企業や自営業クラスの「リスケ延長」に限っていえば、私はあまり心配していません。

おもな理由は2つ。

1. 「信用保証協会つき」が大部分を占めているから。保証協会つきの場合、リスケの可否は保証協会の裁量に委ねられる部分が多い。そして保証協会のリスケ可否の基準は、金融円滑化法という法律が施行される前から比較的柔軟に行われてきた。その流れはたぶん今後も変わらない。(といってもイイカゲンな経営改善計画でリスケがすんなり通るほど甘くはないので誤解なきように)

2. 金融検査マニュアル(平成20年11月改定 「中小企業向け融資において、金融機関が条件緩和への対応を含め、借手企業の経営実態や特性を十分踏まえて柔軟に対応することにつながるよう、適切な検査・監督に一層努められたい」)は、その後も生きているから。


おそらく、中小企業金融円滑化法が2012年3月で切れた後、リスケの延長などに難をきたして破綻する企業は、「プロパー」で借りている比率が高い企業、ざっくりいえば、中小企業のうち、中くらいの規模の企業に比較的多いのではないかと予想します。
(特に、実現性の高い抜本的な経営改善計画、略して「実抜計画」が立てられない企業は、リスケやリスケの延長を申し入れても断わられる可能性が高くなります。そうして「生き残すべき企業」と「そうでない企業」が選別されていくでしょう・・・)

これについては、信用保証協会つきオンリーで融資を受けている零細企業や自営業も、他人事ではありません。

というのは、「中」企業の破綻が増えれば、それと連鎖して、「中」企業と取引している零細企業や自営業も打撃を被るからです。いくら零細企業や自営業がリスケの延長をうまくやっても、取引先の倒産による連鎖倒産が増えるかもしれない・・・、というわけです。

このブログの読者の方は、たぶん零細企業や自営業の方が多いでしょう。
リスケの延長ができるかどうかについては、あまり心配いらないと思います。
(というか、リスケの難易度は、あまり変わらないと思います。できる人はできる。できない人はできない。また、そもそもリスケだけでは再建不可な会社も多いので、そういう会社は早くそれを自覚して、リスケ以外の方策を考える必要があります。以前から再三書いてきたとおりですね)

ここ2年間、リスケによる延命策ばかりが取り沙汰されてきた印象があります。
しかし、再生の手法はリスケだけではありませんから、基本に返って考えるには、むしろいい機会かもしれません。

円滑化法は、それはそれで良い制度だったと思います。
円滑化法のおかげで、銀行はリスケ依頼をむげに断ることができなくなりましたし、自力交渉も格段にしやすくなりました。コンサルタントに高い報酬を払ってリスケする必要もあまりなくなりました。それだけでも中小企業から見れば大きな進歩です。
でも、私はこの法律は、2年間の期間限定で十分だろうと考えています。


【新刊本】 『連帯保証人~ハンコを押したら(仮題)』 吉田猫次郎著 ワニブックスPLUS新書 【12/8発売予定】


Category: オススメの本   Tags: ---
半年ぶりに、また本を出します。

今回は、10年来の釣り仲間がたまたま編集プロダクションに勤務していて(出版社の編集業務をアウトソーシング的に引き受けている書籍編集のプロ集団)、彼から声をかけてもらいました。
人の縁に感謝感謝です。

9月に彼がワニブックスさんに企画を持ち込んでくれて、無事採用され、1ヶ月ほど取材を重ね、10月上旬から執筆開始。
左耳が外耳炎にかかってしまい、偏頭痛のような痛みに悩まされながらの執筆でした。
予定より少し遅れて、10月下旬にラフな原稿を書き上げました。
そして11月初旬に初校ゲラチェック、校正などを経て、一昨日あとがきを書き終え、昨日やっと正式にタイトルが決まり、表紙デザインなども上がってきたところです。
発売は12月8日予定。


『連帯保証人~ハンコを押したらすごかった。でも・・・(仮題)』 (ワニブックスPLUS新書)『連帯保証人~ハンコを押したらすごかった。でも・・・(仮題)』 (ワニブックスPLUS新書)
(2011/12/08)
吉田 猫次郎

商品詳細を見る



連帯保証人の本を書くのは、5年ぶり、3度目になります。





*11月11日追記。
 出版社の意向で、急遽、タイトルが変更になりそうです。
 なので、現在のところは(仮題)とさせて頂きます。


講演、勉強会の予定


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---

【講演】
11月16日 三重県・四日市商工会議所
12月2日 三重県・松坂商工会議所
12月6日 福井県・大野商工会議所

* いずれも倒産回避系の2時間ほどの講演です。
お申し込みは、商工会議所のほうへ直接お問合せ下さい。


【勉強会】
11月25日 東京・中野「倒産を防ぐ」
12月中旬(日時未定)東京・中野「事業再生の専門家向け」
12月中旬(日時未定)東京・中野「決算書の読み方」
12月下旬(日時未定)東京・中野「倒産を防ぐ」
12月下旬(日時未定)大阪「倒産を防ぐ」

* こちらの勉強会のほうはNEKO-KEN主催です。詳細が決まり次第、ホームページのほうにUPします。お楽しみに。



(おまけ)秋冬はセミナーを聞くほうも大忙しで、今週末はTMA(ターンアラウンドマネジメント協会)の債権法改正に関するセミナー、12月は事業再生士の研修会や、懇意にさせて頂いている中小企業診断士の事業再生部会の研修会、MPSの農業再生勉強会などにも参加させて頂き、情報を沢山仕入れてくる予定です。インプットとアウトプット、どちらも欠かせませんね。


「ブログが重い」?


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
最近、ときどき、「猫次郎さんのブログが重い」という声を聞くようになりました。

気になってスタッフ全員でチェックしてみましたが、特に問題はありませんでした。
ただ、「使うブラウザによっては、重くなることもあるだろう」という結論にはなりました。

もう少し詳しくレポートしましょう。

私の試したところでは、WindowsXPでも、7でも、Macでも、スマホでも、出先のwi-fiスポットでも、借り物のパソコンでも、特に問題なくサクサク開けました。

ただ、あるネットカフェで、古いバージョンのブラウザ(Internet Explorer6,7)の入ったPCで開いたときだけは、恐ろしく時間がかかりました。

最近は、ブラウザもいろいろ種類があります。WindowsXPに標準装備されているInternet Explorerの古いバージョンのままだと、かなり重くなる恐れがありますが、これが最新版のInternet Explorerにバージョンアップしたものや、Googleが無償提供しているGoogle Chromeや、その他Mac系やAndroid系のブラウザ等を使用すれば、たぶんストレスなく開けると思います。ぜひお試し下さい。お金はかかりません。

11 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。