fc2ブログ

吉田猫次郎のブログ(2005年~2020年分)

事業再生コンサルタント・吉田猫次郎の旧ブログです。恥ずかしいけど残しておきます。2021年からは別の場所に移転しました。

 

期待以上のサプライズ


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
クルマの話です。

私の愛車(ランドローバ-ディスカバリー97年式、走行18万km、雨漏り、塗装剥げ多数、時価0円)が、先月からまた不調に見舞われました。

今回はかなり危険です。ブレーキ液がゆっくり漏れるのです。

原因はある程度特定できていました。漏れている場所はブレーキマスターという部分で、ボンネットを開けるとすぐに目視できます。念のため下に潜ってみましたがホースの亀裂などは皆無でした。

その道に非常に詳しい人に症状を話したところ、「一気に漏れて制動不能になることはないだろう。だけど、できるだけ早く修理したほうがいいよ。乗るときは必ずボンネットを開けてリザーバータンクにブレーキオイルが十分残っていることを確認すること。でもできるだけ乗るなよ!」という応急処置的なアドバイスを受けて、漏れたオイルを注ぎ足しながら、しばらく騙し騙し走っていました。

ある日、正規ディーラーに診てもらいました。
正直、輸入車のティーラーは恐ろしく高いので(前に12ヶ月点検で悪いところを全部診てもらったら修理代130万かかりますと見積もられたことがある・・・)、今までほとんどディーラーの世話にならずにこの車を維持してきたのですが、今回は故障箇所がブレーキなので、安全のためにまあ仕方ないかな・・・と。

ディーラーはこう言いました。
「うーん、これはマスター全部をアッセンブリーで交換するしかないですね。」
「部品代と工賃で、約12万8千円ほどになります。」

・・・・・。

そういえば数年前、パワーウィンドウが開閉できなくなったことがありましたが、このときもディーラーに見積もりを取ったら「レギュレーターのアッセンブリー交換と工賃で計6万円です」と言われてビックリしたことがあります。たかが窓の開閉を1枚直すのに6万円もかかるのか、と。 結局これは、自分で修理しました。ドアの内張りをはずし、レギュレーターを取り出し、故障箇所を特定して(軸になる樹脂製のワッシャーが割れているだけだった)、そのワッシャーと同形の金属ワッシャーを東急ハンズで100円ちょっとで買ってきてそれを取り付けたら完治しました。
6万円かかると言われた修理代が100円で済みました。
(英国車はよく壊れますが、単純構造なので、その気になれば日本車よりも安く維持できるものです。)

そんな経験もあって、今回のブレーキ修理12万8千円というのも、額面どおりに受ける気にはなれませんでした。


少し前のある日、某SNSサイトのランドローバー関連のコミュニティで、同じような症状の方のカキコミを発見しました。なんでも、ヘタなディーラーよりも診断能力が高くて、修理の技術力も高く、評判もすこぶる良く、料金も安い店が千葉県にあると。


私はディーラーの見積もりを一旦保留にして、日曜日に、千葉県のその評判の良い修理屋さんへ行ってみることにしました。

12月19日、日曜日。

行き先は、千葉県印西市のマイスターという英国車修理専門のお店です。

驚きの連続でした。

・社長さんが直々に診てくれた。
・原因もすぐに特定された。マスター本体ではなく、リザーバータンクの付け根のパッキン不良だった。
・てっきり車を預けなきゃいけないと思っていたのに、その場でサッと修理してくれた。
・10分で完治してしまった。

実にあっけなく、簡単に治ってしまいました。
ディーラーで難しい顔をされ、アッセンブリーで全交換しなければいけないと言われていたのが、ものの10分足らずで、漏れている箇所の分解掃除と接着(シリコン?)だけで、完全に治ってしまったのです。
「よくある症状だ」とのことでした。

極めつけは、「代金はいらない」と言われたことです。
これには本当にビックリしました。
いくらこの店にとって簡単な修理だとしても、正規ディーラーで12万以上もすると言われていたのです。
確かに部品交換は不要で済みましたが、それはこのお店の持つノウハウと技術があったからこそです。
医者でいえば、重病を臓器移植も手術もナシで治してくれたようなものです。
その技術料を払わないわけにはいきません。
たとえ作業時間がどんなに短かったとしても。

結局、本当に代金を取ってくれなかったので、お礼といっては何ですが、
店内に置いてあった燃費向上グッズを少し買って帰ることにしました。

すると、その燃費向上グッズも工賃無料で取り付けてくれて、ついでにマフラーのゆるみまで点検してくれました。

本当にもう、驚きの連続です。
衝撃です。

この店は、「安かろう、悪かろう」の店では断じてありません。
ネットの評判もすこぶる良いです。
わかりにくい修理箇所も、どこが悪いか的確に診断してくれて、必要十分な修理をしてくれます。
プロ中のプロです。

私は自動車歴22年ほどになりますが、車屋さんによっては、悪い箇所を的確に見つけ出すことができず、いたずらに部品を全交換して、高い修理代がかかって、それでもまだ治らないということも少なくありません。

今回のブレーキオイル故障もそうでした。3年半ほど前にブレーキマスター一式を交換したばかりだったのです。それなのに、たった3年半(距離にして4万km弱)で、ブレーキマスターが丸ごといかれてしまうとは、ちょっと考えにくかった。

もしかしたら、これは技術的にはそう難しいことではないのかもしれません。
でも、現実には、こういうことをやってくれる店が非常に少ないと常々感じます。
修理技術以前の、診断能力や思想とでもいいましょうか、それが圧倒的に欠けている店が多い。

「マイスター」さんのところには、悩める英国車オーナーが次から次へと来ていました。
ミニクーパーやディフェンダーの入庫も沢山ありました。
中にははるばる長野県や神奈川県のほうから修理に来られるお客さんもいるそうです。
店は大変な活気にあふれていました。
この不景気の、クルマが売れない時代に、しかも英国車という流通量の少ないジャンルなのに、信じられないほどお客さんが集まっていました。

きっと、お客さんがお客さんを呼ぶのでしょう。

かくいう私も、某SNSサイトのカキコミを散見して、「ここなら信頼できそうだし、予算も低く抑えられそうだ」と思って、はるばる東京から60kmも走って来たのです。

そして、その結果は、期待以上のものでした。
予想を(いい意味で)大きく裏切られました。
サプライズの連続でした。

そして今、こうやってブログに書いています。この店がどれほど素晴らしいかを。

きっとこれからも、客が客を呼ぶの繰り返しで繁盛し続けることでしょう。

実にいい勉強になりました。




スポンサーサイト



【12/16に、携帯からメール下さった方へ!】


Category: 借金苦による自殺問題   Tags: ---
昨日12月16日午前10時半頃に、私あてに次のようなメールが来ました。
匿名で、いくら返信してもエラーで返ってきてしまいます。
この文章を原文掲載しても本人特定は不可能で、個人情報保護に触れるとは思えませんので、
原文のまま掲載します。
ご本人さん!これを読んでいたら、何としても思いとどまって下さい!


----- Original Message -----
Sent: Thursday, December 16, 2010 10:25 AM

> 猫二郎様
>
> ブログを拝見しました。
> 私の場合、悪質で前の会社社長に信頼されていたにもかかわらず会社のお金を横領し自ら会社を辞めました。罪の重さに耐えきれません。今週中にも世をさる覚悟です。これからもいろんな方を勇気付けて下さい。
>





これに対して、私はこう返信しました。
携帯なので短文で。
(しかし、何度送ってもエラーで返ってきてしまいました)


----- Original Message -----
Sent: Thursday, December 16, 2010 11:42 AM
Subject: Re:

>
> 横領ですか。
> そういう方からのご相談も、結構多いですよ。
(専門外なのに)
> 誤解を恐れずにいえば、よくある話です。
> あまり特別なことのようには感じません。
>
> 私は裁判官でも評論家でもないので、あなたの横領が本当に悪いことなのか、
> それとも何かやむをえない複雑な事情があってそうしてしまったのかわかりません。
> よって、良いとも悪いとも言えません。そんなもんです。
>
> そんな、良いとも悪いともわからないもののために、自ら命を落とすことはやめてください。
>
> 日本は法治国家です。法の裁きは受けても、それ以上の裁きは受ける必要はありません。
>
> また、横領罪はぜいぜい執行猶予か、前科のある人でも懲役2-3年か、その程度だったと思います。
> 死刑になることはありません。
>
> なのに、あなたは、法の裁きより重い罰を自らに与えるのですか?
> 考え直して下さい。
>



絶滅したと思われていた「クニマス」が、西湖で発見された!


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
 あまりこのブログらしくないテーマですが、長い間マス釣り、とりわけ富士五湖のマス釣りに入れ込んできた私にとって、このニュースはとてつもなく衝撃的で、何か書かずにはいられないので書きます。

 さかなクン、えらい!


【記事引用】

(asahi.comより)
 環境省のレッドリストで「絶滅」扱いになっている日本固有の魚クニマスが、山梨県内の湖で生き残っていたことが、京都大学の中坊徹次教授らのグループの調査で分かった。生息の確認は約70年ぶり。国のレッドリストで絶滅種に指定された魚が再発見されたのは初めて。環境省は今後、レッドリストの記述を見直す方針だ。
 クニマスはもともと、秋田県の田沢湖にのみ生息する固有種で、成長すると全長30センチほどになる淡水魚。食用魚として漁業の対象にもなっていた。だが、1940年以降、発電などのための導水工事で田沢湖に酸性の水が入り、まもなく死滅。地球上から姿を消したと考えられていた。
 クニマスの生息が確認されたのは富士山に近い山梨県の富士五湖の一つ、西湖(さいこ)。今年3月から4月にかけて西湖で地元漁協が捕獲した通称「クロマス」と呼ばれる魚9匹を中坊教授らが分析した。
(中略)
 中坊教授が今年2月、研究者としての好奇心もあり、旧知でテレビなどで活躍する東京海洋大学客員准教授のさかなクンに、生き生きとしたクニマスの姿を絵で再現するよう頼んだのがきっかけだった。さかなクンが絵の参考にと近縁種のヒメマスを西湖から取り寄せると、黒一色の魚が届いた。
 田沢湖で絶滅する5年ほど前、放流用にクニマスの卵が10万粒、西湖に運ばれた記録がある。このとき放流されたものが繁殖を繰り返し、命をつないできたとみられる。

 ソース:http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140527.html?ref=reca



【私の解説1 - クニマス基本情報】

・ヒメマス(=北海道原産の、ベニザケの陸封型)とよく似た外見である。
・田沢湖の固有種だったが、記事にあるとおり、1940年に絶滅。
・その少し前、1935年に、山梨県の西湖と本栖湖に発眼卵10万匹が放流された記録がある。だがここ70年ほど発見例はなかった。
・田沢湖の観光協会が1995-1997年に懸賞金100~500万円をかけて全国的に探したことがあったが、手がかりはつかめず、やはり絶滅したものと思われていた。


【私の解説2-さかなクンはすごい】
 
 クニマスを写真で見る限り、ヒメマスとそっくりである。地元の漁師でさえも「ヒメマスの黒っぽいやつ」ぐらいにしか認識していなかったそうである。
 しかし、さかなクンは、イラストを描くために西湖から取り寄せた10匹ほどのヒメマスの中から微妙に違う個体を見つけ出し、これはクニマスじゃないか?と気付いた。大した観察力である。
 そして、クニマスの研究をしている京大の教授あてに現物を見せたところ、どうやら間違いないということになった。
 もし、さかなクンがクニマスらしき個体に気付かなかったら、この発見は多分なかっただろう。
 

【私の解説3 - なぜ西湖で70年も自然繁殖できたのか?】

 私はヒメマスは何百匹も釣ったことがある。本栖湖や中禅寺湖でルアーで偶然釣れたこともあれば、西湖で解禁期間に狙って釣ったこともある。ヒメトロという特殊な漁法で釣ったこともある。また、本栖湖のブラウントラウトや、中禅寺湖のホンマス、銀山湖の大イワナ、陸封型のサクラマスなども何度も釣ったことがあるので、マスの生態には少し詳しい。

 クニマスがなぜ、西湖という有名な湖でで70年間も誰にも気付かれずひっそりと自然繁殖できたのか、ある程度推測できる。(そんなにハズれてはいないと思う。)

 考えられる理由は次の通り。

1.ヒメマス類はものすごく深いところで生活している。
 ブラックバスは水面直下~せいぜい10m以浅のところにしかいないが、ヒメマスは普段20-25m、深いところでは40mくらいのところにいて、産卵期や極寒期にしか浅いところへやってこない。適水温も、ブラックバスやコイが20度前後、ニジマスが14度前後、ヤマメが12度前後、イワナが8度前後なのに対し、ヒメマスは4~6度前後と極めて冷水性である。
 クニマスの生態も、ヒメマスとよく似ている。だとすれば、ブラックバスに稚魚を食われたり、コイに卵を食われたりする心配はあまりない。うまく棲み分けができているのだろう。

2.川に遡上しないで産卵できる。ヒメマスとの交配もない。
 西湖には産卵に適した流入河川がない。
 ヒメマスの場合、産卵期(秋頃)は流入河川に遡上して産卵するので、西湖では自然繁殖は難しく、ほぼすべて放流に頼っている。(ちなみに中禅寺湖には湯川など流入河川があるので自然繁殖も確認されている。)
 いっぽうクニマスは、文献によると河川に遡上して産卵するのではなく、湖のやや浅いところで産卵するらしい。時期も3月頃でヒメマスと異なる。
 それなら流入河川のない西湖でも産卵できるし、ヒメマスと産卵期や産卵場所が重なって交配する心配もない。
 クニマスという固有種のまま70年以上にわたって自然繁殖していても不思議ではない。

3.生息環境。
 西湖は水深30-40m以上の深いところが多く、水温も比較的冷たく、透明度もまあ高いほうなので、環境としては田沢湖と少し似ている。

 * ついでにいえば、同じ富士五湖の「本栖湖」はもっと田沢湖に近い環境だ。本栖湖は最大水深130m以上で、透明度も日本で8番目くらいに高く、冷水の湧き水も豊富だ。ヒメマスも西湖並みによく釣れる。1935年にクニマスが放流されたこともある。ひょっとしたら、本栖湖にもクニマスは結構潜んでいるのではないだろうか?(考えるとワクワウする)

4.人間によるプレッシャー。
 ヒメマス釣りの解禁期間は非常に短く、毎年11月頃の1-2ヶ月程度しかない。(しかもボートで沖へ出ないと釣れない。)それ以外のシーズンにボートで沖の深いところへ出てヒメマス釣りらしき行為をすると、密漁とみなされる。ひどい場合は捕まってしまう。
 クニマスを釣る場所は、ヒメマスとほぼ同じである。沖へボートで出て、深いところを探らなければまず釣れないはず。(春夏秋に岸から適当に釣ってもまず釣れない。)
 よって、ヒメマス解禁期間が非常に短い西湖では、人的プレッシャーを受けることがそれほど多くなく、結果的にうまく守られてきたのだろう。


 ・・・とまあ、こんな仮説がどんどん組み上がってきます。

 私個人的には、今年一番明るいニュースのひとつに間違いありません。


 猫

昔のヤミ金は、こんな嫌がらせをした!


Category: 督促状コレクション   Tags: ---
久々の「督促状コレクション」シリーズです。

今回は、2005年頃にある方から頂いた1枚のFAXのコピーです。
ご本人承諾の上で、実名部分は完全に隠したうえで公開します。

yamikiniyagarase

【解説】
この方は当時、弁護士さんを代理人に立ててヤミ金の債務整理をしていました。
その最中に、ヤミ金からこのような嫌がらせを受けました。

内容は、銀行の支店長になりすまして、この方の経営している会社の従業員さんあてに、「おたくの社長は闇金から借金してるぞ! また、ウチの銀行とも訴訟沙汰のトラブルになっているぞ! 危ないから、こんな会社サッサと転職したほうがいいぞ!」 というような意味合いの文面です。

FAXで送られてきましたが、ヘッダーにもフッターにも送信者名はありません。
受信番号も非通知だったそうです。
よって、証拠にはなりえません。

笑えるのは、文章が稚拙なことです。
「日榮(SFCG)さんから~」とありますが、日榮はSFCGじゃなくロプロですよね。
後半も何だか小学生が書いたような文章です。
まあ、彼らにとって細かいことはどうでもよくて、ただ嫌がらせのためだけにやっているのでしょう。


・・・・・・・・


最近は、このような悪質極まりない取り立てや嫌がらせは激減しました。

前に書いたように、昔ながらのバリバリ違法のヤミ金が激減したことや、
2007年に罰則が懲役10年と非常に重くなったことなどが、理由として考えられます。

その昔、私も1999年頃にヤミ金から借金していましたが、当時の取り立てはそりゃひどいものでした。
昭和時代のようなあからさまな暴力はないものの、5分おきの電話、黒いスーツにオールバックの兄ちゃんの訪問、怒鳴る、正座させる、連れ回してあちこちから借りさせるなどは当たり前。
法規制も現場の運用も今ほど完備されていなかったので、警察に相談しても民事不介入と云われて相手にされず。
弁護士さんに相談しても個別交渉は非常に嫌がられて自己破産手続きを勧められる。と・・・。

冒頭の画像の方は2005年にヤミ金から借りていました。その頃になると警察もだいぶ取り締まるようになり、訪問による取り立てはだいぶ減ってきましたが、上記のように、FAXや電話を使った匿名の陰湿な嫌がらせはあまり減りませんでした。

2008年頃からでしょうか、めっきり減ったのは。
2007年に貸金業法改正でヤミ金の罰則が強化され、警察も刑事事件として積極的に動くようになりました。
その頃から、ヤミ金の漫画のような取り立てが全体的に急激に減っていったのです。

とはいえ、今でもこういう目に遭う危険性はゼロではないので、当たり前ですが、無登録の怪しい貸金業者には手を出さないようにしましょう。


無題


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
 ツイッターで実況中継的に 「フジテレビなう」 などとつぶやいていたので既にご存知の方も多いかもしれませんが、一昨日の土曜日に、あるバラエティ番組の収録をしてきました。
 さんまさんが司会をしている高視聴率番組です。
 1月中旬にオンエアされる予定です。
 テレビに出たことは今までにも十数回ありましたが、バラエティ番組に評論家として出演するのはこれが初めて。
 いつになく緊張しました。
 沢山の芸能人に囲まれたのも初めてだし、皆さんのプロ意識の高さにも圧倒されっぱなしでした。
 「バラエティは戦場だ」というのがさんまさんの持論だそうですが、まさに戦場のような空気でした。
 私はあまりかっこいい役ではなく、奇妙な肩書きを与えられて、どちらかというとイジられ役、笑われ役、恥さらし役でしたが、人の笑いを取るような気持ちの余裕は皆無でした。まだまだ修行が足りませんね。いい社会勉強になりました。
 年が明けたら改めて番組名や放送予定日時をアップしますので、お暇な方はご笑覧下さいませ。


 テレビ出演の依頼は、いつも突然やってきます。私は軽い性格なので、スケジュールさえ合えば大抵OKしてしまいます。芸能事務所に所属しているわけではないのでギャラはゼロか雀の涙、良くて飲み代程度です。テレビ出演することによってプラスになることもあればマイナスになることもあります。でもそんなことにはあまりこだわっていません。滅多に味わえない貴重な体験ができるのですからそれでいいと思っています。自分の世界が広がることは間違いありませんから、それだけで儲けもんです。


 猫

「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーン、消費者庁が今日から特設サイトをOPEN


Category: 個人の多重債務問題   Tags: ---
さて、12月になりました。

先週から連続して書いている「クレジットカードで現金化」についてですが、
実にタイムリーなことに、本日12月1日から、消費者庁が掲題のようなキャンペーンを開始しました。
(下の画像をクリックすると消費者庁の特設サイトへジャンプします)

shouhishachoustopcreditcardgenkinka

URLは、http://www.caa.go.jp/credit/index.html です。



時事通信も同様のニュースを配信していました。
一部引用します。

-------------------------------------------
「クレジット現金化はダメ!= 消費者庁がキャンペーン-カード利用停止、詐欺の恐れも」

 クレジットカードのショッピング枠を不当に換金する現金化の横行に歯止めをかけようと、消費者庁は1日から、「ストップ!クレジットカード現金化」と題するキャンペーンを始めた。同庁のホームページに特設サイトを開くほか、現金化の問題点をまとめたチラシを56万枚作成。消費者に利用しないよう呼び掛ける。
 (中略)
 現金化は通信販売の形態を取っているが、事実上は高利の利息を先払いした借金。消費者庁は「結局債務が増え、支払い困難になる」としている。換金目的の利用はクレジット会社の規約違反で、「カードが利用停止になったり、クレジット会社に詐欺と判断されたりする場合もある」とクギを刺す。利用者の返済不能で、クレジット会社が損害を被る例も多いという。(2010/12/01-06:16)
 
 引用元: http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010120100063&j1
----------------------------------------------


以上で、3回続けて書いた「カード現金化」についての話題は終わりにします。


12 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

11

01


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。
事務所所在地は、東京都三鷹市下連雀3-31-4-206 (2021年4月現在)
経済産業省認定・経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
2003年開業。末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、事業承継、補助金、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
企業理念は「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
本名よしかわひろふみ。(株)NEKO-KEN代表取締役、CTP認定事業再生士、認定支援機関、著述業、ほか。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書13冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、予想外にヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに12回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。
2020年8月に脳梗塞発症。3週間ほど入院。しかし現在こうして文章を書いているし、手足も自由に動く。

★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。お急ぎの方はお電話でもOKです。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたはお電話下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(0422)46-9480

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
吉田猫次郎 著
決算書がまるごとわかる本
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 
 


Archive   RSS   Login