吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛烈に感動した学習塾


Category: ビンボーでも学校へ行こう   Tags: ---
久々の「ビンボーでも学校へ行こう」シリーズです。



昨夜、レンタカーでトラックを借りて、静岡県御殿場市まで行ってきました。
行き先は、市内のある学習塾。
(ここの塾長さんに、いらない什器備品類を押し売りしてきたのです・・・ゴメンナサイ)

この学習塾、ふつうの「進学塾」とは全く違います。
正反対です。

対象は中学生ですが、学校の授業についていけない子や、高校に進学できるかどうかわからない子、不登校の子などが、割と多く通っている塾なのです。

塾長さんいわく、「親の収入や社会的地位」と「お子さんの学力」は、結構比例するそうです。
悲しいですが、現実です。

もちろん例外も多々ありますが、大まかな傾向として、エリートサラリーマンや公務員や高額所得者のお子さんは学力が高く進学意欲が強いことが多いですが、所得の低い自営業者や家庭環境が複雑な家のお子さんは学力が低く進学意欲が低いことが、やはりどうしても多いそうです。
現場で見ている現実として、間違いなくそういう傾向があるのだそうです。

この塾長さん、大変な苦労人です。
数年前までは全く違った業種の会社を経営されていましたが(ピーク時には従業員50名以上いた)、ヤミ金多重債務、手形不渡り2回、刑事事件に巻き込まれた、など、いろいろなことが起きて事実上の倒産となり、めぐりめぐって現在の学習塾経営(兼講師)に至っています。(都内の私立大学出身で、勉強を教えるのは元々得意だったようです)

ご自身の苦労経験がそうさせるのでしょうか、
この学習塾に通う生徒さんの中には、家庭環境が複雑でまともに通うのが困難な子や、収入が低くて月謝が遅れがちの子も多くいるそうです。 でも、塾長はそんな子たちを絶対に辞めさせようとしません。たとえ月謝が遅れても・・・。

むしろ、好んでそんな生徒さんばかり集めているかのようにも見えます。

勉強を教えるのはもちろんですが、それ以外にも、「自立心」や「逆境を生き抜く知恵」のようなものも随所で教えているようです。


そんな塾長さんと、昨夜、こんな会話をしました。
(押し売りした上に食事までご馳走になりました。スミマセン・・・)


塾長: 「しかし最近の学校の先生はひどいねえ・・・」

猫 : 「どうしたんですか?」

塾長: 「うちの教え子の友達で、複雑な家庭環境と経済的事情のために高校進学が難しい子がいる。この子のお兄さんも中学を卒業してすぐ働いている。 この子は本当は高校に進学したいんだけど、ある日、進路指導の先生に相談したら、何て言われたと思う?」

猫 :  「何て言われたんですか?」

塾長: 「"無理だ。進学は諦めろ。定時制でも不可能だ" と言われたそうなんだよ。 "学費が用意できなきゃ高校には進学できっこないだろ" って。」

猫 : 「そりゃひどい!教師の言うことではない!聞いてて怒りがこみ上げてくるな!」

塾長: 「そうだろ? 定時制だったら働きながら高校に通うことだってできるし、授業料そのものだってそんなにかからない。学力の問題さえクリアすればまず行けるはずだ。 なのにその先生は、定時制にも行けないと言い放ったんだ!」

猫: 「生徒の将来のことをまるっきり考えていない。 それに、あまりにも無知というか、不親切すぎる!」

塾長: 「うちの塾にはそこまでかわいそうな子はいないけど、塾にすら通えない、そんな境遇に置かれている子が周りには結構いるんだ。 彼らにウチの生徒を経由して "お金がなくても高校進学できるんだよ" "自分の道は自分で切り開けるんだよ" と教えてあげるだけで、その子は救われるんだ。希望を見出せるんだよ。」

猫: 「塾長はその子たちにとって、"最後の砦" ですね。 塾長みたいな人がいるから救われる。塾長みたいな人とめぐり会えなかったら、その子たちはきっと、不本意な道しか選択できないでしょうね・・・」

塾長: 「塾の月謝がちょっと遅れたくらい辞めさせないのは、まあ、そういう理由からなんだよ」

猫 :  「(猛烈に感動して) ・・・・・・・・。 」



この学習塾、月謝が安く、お世辞にも儲かっているとは言えません。
そのうえ、月謝の滞納などもあるものですから、塾長さんの生活はおそらく相当苦しいでしょう。

でも、何だかとても充実しているように見えました。精神的に。

生徒さんからも大変慕われているようです。

陰ながら発展をお祈りしたいと思います。心から。



* 実は私も、塾や予備校に通わず図書館で自習して受験勉強したり、学費未納で大学を一度除籍処分になってしまい慌ててリスケジュール交渉(!)して無事なんとか復学できたりと結構いろいろ経験しているほか、家庭教師のアルバイトで不登校の中学生を教えていたこともあるので、今回の話はものすごく共感を覚えました。

 受験を控えた中学生高校生の皆さん。 家庭環境がどんなに複雑でも貧乏でも、自分の道は自分で切り開けます。もし進学したいという気持ちがあるなら、経済的理由では絶対にあきらめないで下さい!お金の問題は情報を集めればなんとかなります!道は必ず切り開けます!




スポンサーサイト

再編につぐ再編でもうワケワカラン・・・


Category: 個人の多重債務問題   Tags: ---

消費者金融の再編が激し過ぎて、もういちいち覚えられないほどです。

たとえば、中堅消費者金融の「ネオラインキャピタル」という消費者金融があります。
ここは、古く遡れば「ロイヤル信販」という消費者金融が前身でしたが、2004年にライブドア傘下となり「ライブドアクレジット」と社名変更しました。2007年には「かざかファイナンス」に社名変更。2008年に「ネオラインキャピタル」に社名変更。また同年から、経営不振に陥っている消費者金融を次々と子会社化。有名どころでは「三和フィアナンス」(SFコーポレーションと社名変更)、「トライト」、「ワイド」などを子会社化。多くは貸金業を廃業して債権回収を主な業務としている模様・・・とまあ、もう何が何だかわからない状況です。


* 三和ファイナンスといえば思い出しましたが、同社は我が国では債権者側から破産を申し立てられる一幕があったり超がつくほど厳しいわけですが、お隣・韓国の現地法人は業界2位に位置しており、現在も堅調のようです。
 韓国では上限金利66%に支えられてか、消費者金融業界がまだまだ好調(?)のようなのです。


11 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

10

12


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。