吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

帰ってきました。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
昨日の夕方、無事帰国しました。

食べ過ぎで少し太りました。

この1週間、日本食はゼロ。洋食もごくわずか。
現地の食生活にすっかり馴染んでいました。
(わたしは白いゴハンがなくても全然平気なのです。)

今日から連休明けにかけては、仕事したり、仕事したり、仕事したりして、楽しく過ごしたいと思います。




スポンサーサイト

いま


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
tpi081027

実は、先週から台湾に来ています。

猫研とは別の、実家の会社の小さな小さな輸出の仕事で・・・。

月末に帰国予定です。

合間を縫って、自分のノートパソコンで、日本でやり残した猫研の相談業務もしています。

最近は世界中どこへ行っても、日本にいる時とほぼ同じように仕事ができ、すっかり便利な時代になりましたね。 ここ台湾でも、インターネットの普及率は日本以上です。安いボロいホテルでも、当たり前のようにLAN回線が常備されています。無線LAN常備の安ホテルも数え切れないほどあります。自分のノートPCにケーブルを接続するだけで、日本と同じように使えます。

滞在費も安いです。
飛行機代を入れても、日本で1週間過ごすのと比べてそんなに変わりません。
(もっとも、安ホテルに泊まり、地元の人と同じような食生活をして、移動も地下鉄を多用しているからなのですが・・・)

遊びらしい遊びは、今回は、なしです。

わたしは根っからの貧乏性で、海外には20代の頃から仕事であちこち行ったことがありますが(台湾、中国主要都市全部、香港、フィリピン、タイ、ベトナム、シンガポール、アメリカ、ハワイなどなど)、仕事抜きで観光のためだけに海外旅行に行ったことはほとんどないのです。 行けばいつも仕事と絡めてしまいます。 しかも、今回の台湾にいたっては、輸出入のみならず、台湾でのコンサルタント業務のようなことにもちょっと関心があり、台北xx銀行の元役員の方や経済学者のような方と長々と話し込んでしまいました。 さてこれから何が起こることやら・・・



SFCG、その4


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
ご存知の方も多いと思いますが、先週の土曜日、昨日の土曜日と2週連続で、TBS「報道特集」で、SFCG(旧・商工ファンド)の不当な一括請求について大きく取り上げれられました。
(youtubeでも発見。これです。)

社名を実名公開、しかも相手は上場企業、しかも2週連続で・・・。
TBSも随分思いっきりましたね。

わたしは過去3回に分けて、SFCGに関する記事をこのブログで書いてきたわけですが(詳しくはここ参照→ http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-812.html )、これ以上はもう、あまり書きません。
他所の情報源が増えてきたので、もう必要ないだろうと感じています。
(それにちょっと飽きてきました・・・)


最後に(?)、些細なことですが、ちょっとだけ補足します。


★ テレビでは「りそな銀行」がよく映し出されていましたが、りそな銀行とSFCGは関係ありません。単に、日本橋室町のSFCG本社のあるビルの1階に、りそな銀行があるだけです。SFCGはこのビルの10~12階にあるにすぎません。

★よく混同されていますが、「目玉売れ、腎臓売れ」 の取立てで1999年頃に話題になった商工ローン大手は、SFCG(旧社名=商工ファンド)ではありません。ロプロ(旧社名=日栄)です。
 当時、業界1位は日栄、2位が商工ファンドでした。日栄は手形貸付を特徴とし、利息は、日栄としての利息20%台後半+子会社の日本信用保証の保証料10%台前半=合計で実質年率40%近くを取っていました。 取立てのしかたも、やや荒っぽいと言われていました。
 これに対して、商工ファンドは、証書貸付が中心でした。但しその中身は、約束手形ならぬ私製手形に署名捺印させていざ延滞すると「手形訴訟」で迅速に回収しようとしたり(手形訴訟だと争いの余地が少なくあっさり勝訴しやすい)、契約時に「公正証書作成嘱託委任状」に署名捺印させて訴訟の手間を省いて差押できるようにしたり(注:公正証書があれば訴訟しないで差押できる)、要するに、「法的回収」をしやすいようにがんじがらめにして貸し付けていました。連帯保証人も、連帯「根」保証でした。だいたい300万円貸付枠が増えるごとに連帯保証人を1人追加する必要があり、1000万円借りている人は、社長自身も含め2-3名の連帯根保証人をつけているのが普通でした。利息は実質年率30%台後半が多かったようです。(わたしも35%以上で借り手いました。)

 一般的に、債権回収の手法には、大きく分けて、「私的回収」と「法的回収」があります。
前者は電話、訪問、催告書、督促状などによる回収です。
後者は訴訟、差押など、裁判所を使った回収です。
 SFCGは10年以上前から「法的回収」に特化していました。言い換えれば、私的回収をあまり得意としていませんでした。電話や訪問で大声で怒鳴ったりするようなことはあまりなく、かわりに、訴訟や差押をかなり早いスピードで申し立ててくるのが何よりの特徴でした。

 この違いをよーく知っておくと、SFCGの今後の展開がますます予想しやすくなると思いますよ。
(ヒント1.SFCGの総資産に占める営業貸付金の割合。ヒント2.法的回収でも回収できない相手がいる。)

★昨今、金融機関の中小企業向けの「貸し渋り」が騒がれています。また、SFCGが潰れたら、中小企業は資金調達の道を絶たれて何万社も連鎖倒産するという論調も時々見かけます。
 しかし、そんなことはないと思います。 仮にSFCGをはじめとする旧来の商工ローンが全部なくなっても、中小企業の資金調達の道はそんなに減りません。安心して下さい。
 これについてはそのうち機会をみつけて書こうと思いますが、銀行や銀行系は、以前にも増して、無担保で借りやすくなっているのです。この傾向はますます広がると(私は)予想しています。根拠も多数あります。
 ただ、ごく当たり前のことですが、「債務超過」で「赤字」で「資金繰りに危険信号が点滅」している企業は、規模の大小を問わず、金融機関は貸してくれません。当たり前です。焦げ付く危険性が高過ぎますから。
 また、審査の基準が近年大きく変わってきたのも事実です。これは金融庁の指導が大きく影響しています。最近は、不動産を所有していてもちっともプラス評価になりません。それよりも、決算書の数字のほうが重要視されています。
 我々中小企業が資金を調達するには、貸し渋りを批判するよりも、まず自己批判から始めなければなりません。どうすれば債務超過が解消できるか。どうすれば黒字に転換できるか。どうすれば資金繰りが正常化してけるのか、どうすれば自己資本比率をもっと上げられるか、を。
 ざっくり言ってしまえば、この3~4点さえクリアになれば、銀行は喜んで貸してくれます。いや、今すぐできなくても、短期・中期的にクリアできる見通しを客観的材料を揃えて説明できれば、可能性は開けてきます。 (実際、わたしが最近相談に乗った零細企業の中でも、そうやって、粉飾などせず、完全な正攻法で、元ブラックにもかかわらず、改善努力して、融資実行にこぎつけた人は何人もいます。) 
 ですから、数字も読めない経営者が感情的になって「貸し渋りにあった」なんて騒いでいるのは、ちゃんちゃらおかしいのです。 まず数字が読めるように勉強して、自分の会社のどの部分に問題があって銀行が態度を硬化してきたのか、その原因を、数字で自己分析できなければなりません。(それができなければ、しかるべき専門家に、恥ずかしがらずに教えを乞うべきです。) これが資金調達の突破口に直結するのです。

★ちなみに、SFCGは融資審査のときに、決算書や事業概況を見ることはほとんど皆無といっていいほどありませんでした。その意味では極めてイージーでした。 同社の審査基準は、事業内容や財務諸表分析ではなく、連帯保証人の属性(全情連などでサラ金借入の有無などは調べられる)や、借主の固定資産の有無や、他社借入状況などのほうに偏っていました。 このことから容易に察することができますが、同社は、借主が倒産するかどうかはあまり注視していない、いやそれどころか、倒産することを前提に考えて貸し付けているとハッキリ言い切ることができるでしょう。 倒産しても、保証人から取れればいい、あるいは保証人から取れなくても、高利でモトが取れればいいと・・・。

★ 一を聞いて十を知ることのできる賢明な読者さんは、ここまで読めば、わたしが何を言いたいかお判り頂けるかもしれません。 そうです。わたしは、SFCGの〇〇〇の大部分を占める〇〇〇〇〇のうち、多くは〇〇〇〇であり、もしそうだとすると、実質的に〇〇〇〇であると思うのです。

★ さらに付け加えるなら、同社のO島社長は慶応大商学部主席卒業の秀才肌で、商工ローンというビジネスモデルを作り上げた先駆者のひとりであり、少なくとも実業家としては、凡人離れした先見の明があるスゴイ人物だろうと思うのですが、そのO島社長が、一体なぜ、遡ること1年ちょっと前の2007年から、SFCG本体の貸金業登録更新をやめて(貸金業者なのに本社が貸金業登録の更新をしなくなったという奇策に出た!) 、子会社のアセットに分散したのでしょうか? その少し前に、我が国ではグレーゾーン金利廃止が確定しました。 またその少し後に、米国でサブプライムが問題化し始めました。 

 さあさあ、皆さんこれをどう読むどう読む??? 

 以前書いた私のブログの「その1」「その2」「その3」のコメント欄にも、ヒントになりそうなことを幾つか書き散らかしていますので、ご興味ある方はそちらも読んでみて下さい。


 いかんいかん。「これ以上あまり書きません」 と書いておきながら、また長々と書いてしまった。

 もう本当にこれ以上書きません。 (よっぽどのことがなければ・・・)



猫@携帯の届かない所に出張中


行き詰まったら、オカマバーに行け!


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
同じ倒産危機に瀕している社長さんでも、ダメな人は、夜も眠れず、食事も喉を通らず、部屋に篭って、うじうじと明日のことを心配しているが、できる人はこれと正反対である。 よく眠り、よく食べ、部屋に篭らず、うじうじせず、明日のことは明日心配する。無理してでもそうする。

今日、こんな人と会った。

「僕は、行き詰まると、オカマバーに行くんですよ」

いやあ、素晴らしい。

まず、その行動力がいい。ストレスを抱えた時に閉じこもるのは凡人だが、オカマバーに行こうという人はあまりいない。 そのくらいの器量がないと大物にはなれないのかもしれない。

次に、着眼点がいい。キャバクラの若いお姉ちゃんなんかよりも、ゲイバーやオカマバーのお姐さんのほうが、何百倍も上手だ。人生経験も、サービス業としてのプロ意識も、何もかもが違う。 何か相談すれば、とてつもない「型破り」なアドバイスがもらえることうけあいだ。 六本木や西麻布で遊び慣れた芸能人や実業家なんかでも、最後には新宿二丁目のゲイバーやオカマバーに行き着くという。彼らの仕事で抱えているプレッシャーは我々凡人の比ではない。そんな彼らが、オカマさんに相談し、癒されているのだ。オカマさんにはそれだけのものがあるのだ。教えられることは多い。

実際、今日会ったその人は、10年以上前に会社を潰したことがあるのだが、現在は大成功している。大成功する直前くらいから、彼は二丁目のオカマバー通いを始めたというが、偶然ではあるまい。 彼はそこで、癒され、教えられ、鍛えられたのだ。
なにしろオカマはきついことをズケズケ言うからね。




商品に惚れ込んではいけない


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
「この車種に大変惚れ込んでましてねえ~」 というクルマ屋さんや、「この化粧品に大変惚れ込んでいましてねえ~」 という化粧品屋さんは、多くの場合、苦労する。 なぜか?

それは、まず第一に、惚れ過ぎて、自分の主観のほうが先行し、客観的に商品を見ることができなくなっちゃっているからだ。 第二に、惚れ過ぎて、売り込むときに強く押し過ぎてドン引きされちゃうからだ。 

皆さんも、思い当たるフシはないだろうか?

ひとくちに営業といっても、PUSH型の営業と、PULL型の営業がある。
押せばいいってもんじゃない。
押してダメなら、引くことも大切だ。

自動車でも化粧品でも保険でも何でも、優秀な営業マンは、話し上手ではない。
むしろ聞き上手のほうだ。
会話のキャッチボールがうまい。

また、優秀な営業マンは、その商品にどっぷり入れ込んではいない。
ほどよく距離感を保っているものだ。
だから、第三者の目で商品を見ることができる。

ホストクラブのホストなんかもそうだ。人気ホストは、大抵の場合、決してイケメンの話し上手なんかではなく、三枚目役で、聞き上手で、その場を盛り上げるのがうまく、自分の役割をよく自覚している。一人のお客さんにどっぷりハマったりしない。

モノを売りたければ、あまり強く力説し過ぎないこと。惚れ込み過ぎないこと。第三者の目で、クールにその商品を見ること。「話す」以上に「聞く」こと。

惚れるな。惚れられろ。


【良い例】
 中古車販売のX社長は、個人的には大のスポーツカー好きだが、販売している車種は、スポーツカーには一切こだわっていない。売れ筋をよく見極めて、ミニバンでも軽でもセダンでも手広く扱っている。 しかし、「売れ筋」には大変敏感である。 X社長は不景気にもかかわらず安定した売上を上げている。

【悪い例】
 化粧品販売のY社長は、天然成分100%のZ化粧品に心底惚れ込んでおり、これがいかに素晴らしい商品かを、分厚いカタログと大量のサンプルを用意して、1軒あたり2時間もかけて熱心に営業トークを繰り広げている。 しかし、喋るのは大変熱心だが、相手から話を聞きだすことにはあまり熱心ではないことに本人は気付いていないので、相手がどう感じているか皆目見当がつかないままでいる。当然、なかなか売れない。 売れないと焦ってしまい、ますます熱くなって営業しに行くが、それでも売れない。 それどころか、こちらが熱くなればなるほど、相手は引いてしまっているのだが、それにも気付かない。




講演@鴻巣、無事終了


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
kounosu

昨日10/21は予定通り埼玉県鴻巣市で上尾法人会鴻巣支部主催の講演があった。

この講演に呼んで下さったのは、鴻巣市議会議員の野本恵司さんだ。
野本さんとは、去る8月の「議員有志の会」で借金自殺防止の講演をさせて頂いたときに知り合った。その縁で、ぜひ鴻巣でも、ということになり、法人会主催で倒産防止の講演をさせて頂くことになったのだ。

講演には50名ほどの参加者があった。
なかなか活気があっていい感触だった。

終了後は懇親会にも参加させて頂いた。
地元の業歴の長いおいしい店だった。
ここで多くの方と名刺交換させて頂いたり(直接お会いした方にはわたしの本名入りの名刺を差し上げている)、借金や倒産とは無縁の雑談に花が咲いたり、楽しいひとときを過ごすことができた。野本さんとも、意外な共通の趣味があることが判明し(バロック音楽)、そっちの話でもかなり盛り上がった。

鴻巣といえば、わたしは、高校生の頃に、何度か「釣り」にきたことがある。
当時、ルアーの雑誌に、鴻巣市郊外にある明秋・釜虎や元荒川などが、雷魚釣りの名所としてよく紹介されていたのだ。 当時高校生だったわたしは、でかい雷魚を釣ってみたくて、練馬から電車を乗り継いで鴻巣駅まで行き、鴻巣からバスに乗り換えて釣り場へ通ったものだ。(ああなつかしい・・・)

あの頃と比べると、駅前の街並みは随分変わっていた。
しかし、旧中仙道のほうは、あまり変わっていないように感じた。今でも業歴100年以上の由緒ある飲食店などが立ち並んでいて、何だかちょっと懐かしい感じがした。



今いちばんしたい事


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
≪すぐにはできないけどしたい部門≫

1位  秘密
2位  アマゾン河で怪魚釣り
3位  ブラジル放浪の旅(リオで音楽三昧)
4位  船の操縦(免許だけは1級持ってる)
5位  欧米で1~5年仕事・生活する


≪現実的にしたい部門≫

1位  自転車で箱根まで行く
2位  東京湾シーバス釣り
3位  引き篭もって小説を書く
4位  音楽活動
5位  運動音痴・中年ばかりのサッカーチームに入る




週末のプライベートな出来事


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
この週末は、プライベートのほうで完全燃焼した。

まず土曜日。
この日は数年おきに開催される大学のクラブのOB会のコンサートがあった。
わたしは演奏者、兼、運営スタッフのひとり。
うちのOB会は大変伝統があって、OBの数は400名近くもいる。創設者のひとりであるOさんは直木賞作家として現在も大活躍中。ほか、プロギタリストも数多く輩出している。
OB会で演奏するのは毎回15名前後だが、これもまたそうそうたるメンバーで、学生時代にコンクールに入賞した人はゴロゴロいるし、卒業後に弁護士や弁理士や税理士や不動産鑑定士や上場企業管理職や公務員などとして活躍しながら音楽のほうも絶えず練習していて凄い演奏を披露してくれる尊敬すべき人ばっかりなのである。
よくある「同窓会」的な集まりとはちょっと違う。社会人になった後も音楽活動を精力的に継続するためのモチベーションとしてOB会を活用している人が多い。どちらかというと、一生の音楽仲間としてお互いに刺激しあっているような部分が強い。(なにしろ仕事と家庭があって音楽を続けるのは本当に大変ですからね・・・)
そんな集まりだから、充実しないわけがない。
プライベートとしては、今年一番の大イベントだった。
飲み会も、昔の学生的なノリで楽しかった。
帰りはもちろん終電。

次に日曜日。

日曜日は、朝から田崎達磨先生(『住宅ローンで死ぬな』の著者)のお墓参りに行ってきた。
早いもので、田崎先生がガンで亡くなってからもう2年が過ぎた。
お墓は茨城県日立市にある。
司法書士の松鵜先生のクルマで、仲間と4人で行った。
カラッとした天気で良かった。
夕方帰宅。

その後、夜になってから、都内某所のライブハウスへ行った。
無謀にも、2日連続で音楽活動である。
ブラジルの曲を4曲ほど弾いてきた。
帰りはもちろん終電。

ぐっすり寝て、今日は朝からフルで仕事だ。




職業病


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---

risuke


プライベートでお散歩中に、こんな看板を発見。
すぐさま、リスケ中の顧客へ写メール送信。
もはや職業病か!?




週刊SPA!に、ちょっとだけ出ました。


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
spa081021


 きょう発売の週刊SPA!(10月21日号)の29ページに、モノクロですが、写真つきで小さくわたしが出ています。ご興味ある方はコンビニや書店などで立ち読みしてみて下さい。

 内容は、当ブログの前記事で書いた「ヤミ金はこれから増えるのか?」についてです。

 わたしの考えは前記事で書いたとおりですが、ライターさんが書いたSPA!の記事は、わたし以外にも闇金業者や弁護士さんなどにも取材していて、また違った内容になっています。お暇な方は両者を比較してみて下さい。面白いと思います。


 猫

10 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

09

11


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login