吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

またテレビに出る(出た)らしいです。


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
事後報告ですみません。
先日関東圏でオンエアされた日本テレビ「リアルタイム」の猫次郎特集(?)が、本日1/31夕方、ついさきほど、名古屋圏で放映されたようです。
視聴率が予想以上に良かったそうで、これから3ヶ月以内に他府県各地でもオンエアされる可能性が高まってきたようです。
ひええええええ

スポンサーサイト

吉田猫次郎のニセモノ


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---

以前旧ブログで紹介したことのある吉田猫次郎のニセモノが、まだ残っているようだ。(怒)(泣)



串本はいい所だった。


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
昨夜の和歌山県串本町商工会での講演は少人数ながら盛況に終わった。

和歌山県の南側(紀伊半島の先端側)で講演させてもらったのは、この半年間で3回目になる。1回目は7月の南部町だった。これが好評で、ここに参加されていた近隣町の商工会や商工会議所やJCの方々が続けて呼んでくださったわけだ。ありがたやありがたや。
ぶっちゃけ、わたしと主催者との間に講師斡旋会社が1社入ることが多いので、わたしのギャラはさほど多くない。相変わらずビンボー暇無しだ。でも交通費宿泊費は全部負担してくれるし、宿泊は温泉付きだし、食事も美味いものをご馳走してもらえるし、肝心の講演のほうも概ね満足していて頂いてこうして何度もリピートかけてもらっているし、わたしは幸せ者だと思う。こういう喜びはお金には代えられない。極端な話、強い求めがあってそこで誰かに喜んでもらえるなら、ノーギャラでも喜んですっ飛んで行きたいと思う。

串本は本州最南端の町。(ちなみに串本駅は本州最南端の駅)
串本駅から新大阪まで特急で3時間。東京までトータル6時間以上かかる。遠い。
いま帰り道の途中。ちょっと寄り道があるので、今夜は東京にたどり着けるかどうか・・・(泣)
でも、本当にいい所だった。

ホテルも温泉も食事も人もどれをとっても素晴らしかったが、個人的に、いちばんグッときたのはコレ。串本駅構内に飾ってあったクロカジキの実寸大レプリカ。全長5メートル。体重1000ポンド以上。トローリング大会で釣られたのだそうだ。(写真)
marlin

う、うらやましすぎる。
間近で見ると、へたな車よりもデカかった。
一生に一度でいいから、こんなの釣ってみたい。
特急を待っている間、しばし見とれていた。

わたしはゴルフもパチンコもキャバクラも風俗も行かないし、マイホームも高級車もブランド物も興味ないが、釣りだけは何十年やっても飽きることがない。
そういえば、こんな諺があったな。

一日幸せになりたければ酒を飲みなさい
三日幸せになりたければ結婚しなさい
七日幸せになりたければ豚を殺して食べなさい
一生幸せになりたければ釣りをおぼえなさい
  (開高健 『オーパ』に、中国の諺として紹介されている言葉)



テレビに出るらしいです。


Category: テレビ、雑誌、新聞等に出ました   Tags: ---
恥ずかしいので詳しいことは省略しますが、本日1月29日、日本テレビ系列の夕方の報道番組に、猫次郎が約20分間ほど出る予定です。(予定ですというのは、報道番組のため急遽延期して他のニュースと入れ替わる可能性が直前まであるからです。) 但し関東圏のみ。 内容は、連帯保証人や手形で苦しめられている経営者の現場です。この経営者さん、勇気を出して顔モザイクなしで出てくださっています。私自身もそうですが、こういった内容でテレビに出るのはいろいろな意味で大変勇気がいることです。

今日は和歌山県串本町へ


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
今日1月28日(月)は、串本町商工会主催の講演が19時からあります。場所は串本ロイヤルホテルです。これから向かいます。時刻表を見ると気が遠くなるほど遠いんですよねこれが・・・

無知を恥じる


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
keitaidengenoff


恥ずかしながら、いやまったく恥ずかしながら、知らなかった。

電車のシルバーシート(優先席)付近では、携帯の電源を切らなきゃいけなかったとは。

考えてみたらそのとおりだ。心臓にペースメーカーを入れている人や、義足などに精密なコンピューターを入れている人もいるかもしれないし。そのくらいの配慮があってもいいだろう。

東京に住んで電車を日頃の移動手段として多用しているにもかかわらず、そんなことにも気付かなかったとは。我ながら情けない。

今日から改めます。
皆さんも気をつけましょう。


きょうは宮城県・くりこま高原へ


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
ただいま1/25午前1時51分。

愛知県東郷町の講演が無事盛況に終わり(参加人数70名といったところか。ほぼ満員御礼)、夜0時20分ごろ帰宅して、洗濯して風呂入って靴を軽く磨いてゴミ出してメール相談の返信打ってブログ書いている。

明日、じゃなかった今日1/25は、午前11時の新幹線に乗って、東北は宮城県の栗駒鶯沢商工会で講演だ。

しばらく講演出張が続くが、そんなに何ヶ月も続くわけではないので、気力体力はたぶん持続できると思う。こういうときはあまり病気もしない。(終わって気が抜けたときに一気に病気になったりするのだが・・・)

講演の多い時期と少ない時期は実にはっきりしている。1-2月は主催者(商工会等)の予算消化のために多くなりがちだが、3月になると確定申告の対応で慌しくなるので激減する。4月は期初めで予算決めの次期だから皆無に等しい。夏はぼちぼち。秋の深まった頃が一番多い、と。よって、わたしの現在の講演ラッシュも2月下旬には終わる。3月以降はグッと落ち着くのだ。

3月になったら箱根・芦ノ湖の釣りが解禁になる。ああ釣りしたい。釣りしたいよう。

きょうは愛知県東郷町へ日帰り出張


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
ついさっき帰宅した。只今の時間は1月24日(木)午前0時56分。
今夜の夕食は安い定食屋&ノンアルコールだったので、帰ったら一杯飲みたいと思い、帰宅早々、例によって例のごとく、カクテルを作っている。
まだ覚えたてホヤホヤだが、ここ数日の間に、マティーニ、ギムレット、ダイキリ、ソルティドッグ、ジンリッキ-、サイドカーの6種類を作った。今夜はマティーニを1杯だけ飲んで寝よう。明日(今日か)早いから。
080124

写真は自作マティーニ。凝り性なので、とうとうオリーブを刺すカクテルピック(金属のつまようじみたいなもの)まで買い揃えてしまった。

飲みながらこれを書いたらすぐに寝て、朝起きたら名古屋方面へ向かう。愛知県の東郷町商工会で講演です。日帰り出張。懇親会も出席なので、帰りは深夜になる予定。そしてその翌日1/25(金)は東北へ。ひえええええ

心の闇、排除か共存か、


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
今朝8時半から、都内某所で、雪の中、17歳の高校生男子とコーヒーを飲んだ。
知り合いの息子さん。自死遺族。4年以上前から時々会っていて、たまに2人で魚釣りに行ったりもしている。


17 「僕、今年に入ってからずっと学校を休んでるんです」
猫 「ふむふむ。どうしたのかね?」
17 「なんか、いろんなこと考え過ぎて身動きとれなくなっちゃって。べつに学校が嫌いなわけでじゃないんです。卒業して大学行きたいし。いずれまた学校にも通うようになると思うんですけど、でも、今は、どうしても行く気になれないんです・・・」
猫 「なんだ。ちゃんと自己分析できてるじゃないか。あまり心配なさそうだな?」
17 「でも、友達や先生が大丈夫か大丈夫かって騒いじゃって。まるで病人扱いです。まあ本当に(心の)病気なのかもしれないけど。僕。悪いものいっぱい持ってるし。学校サボってるし」
猫 「べつに病気じゃないと思うけどな。おれも学生のときにそういう気持ちになったことはあるよ。なにより、おれはきみとこうやって話していて、同じ17歳のほかの子たちと比べてもかなりまともなほうだと感じているよ。感性も敏感だし、自己分析できてるし。いろいろなことが気になってつまずいてしまうのも、感性がビンビンなことの表れじゃないかな。自信持っていいと思うよ。」
17 「うーん・・・なんか最近、全てに自信が持てないんです。家庭環境は複雑だし、勉強だってそんなにできるほうではないし、友達も少ないし、特技もないし・・・。将来の夢もない。自分みたいな何のとりえもない人間が、将来なにかを成し遂げられるとも思えないし・・・」
猫 「あのね、自分をあまり特別視しないほうがいい。きみは無意識のうちに自分を特別視していると思う。自分は他の人と比べて特別に複雑な家庭環境だ、自分は他の人よりも勉強ができない、自分は他の人よりも友達が少ない、自分は他の人よりも特技がないと。 でも、おれみたいな第三者が客観的にきみのことを見ると、なにも特別だと感じないよ。外見も普通。性格も普通。家庭環境だってきみのような問題を抱えた家は結構沢山ある。友達なんてみんな少ないよ。多くみえる人は広く浅いことが多いから人知れず孤独感に悩んでいるもんだよ。特技だって、文字通り特技なんだから、持っている人のほうが少ないに決まっている。つまりきみは特別でも何でもない。特別に優れてはいないけど、特別に劣っているわけでも、特別に不幸なわけでもない。どこにでもあるような、みんなと同じような悩みを抱えているに過ぎないんだと思う。きみが不幸だというなら、たぶんおれはもっと不幸な経験をしている。それは知ってるよね?」
17 「・・・・・(頷く)」
猫 「悩むのはいいんだよ。気の済むまで悩めばいい。答えを急がないほうがいい。急がば回れ。悩んでこのまま学校を休み続けて留年したっていいと思うぞ。そのほうが人間らしくて、人生に厚みが増すってもんだ」
17 「留年はしたくないなあ・・・(微笑)」
猫 「留年はたとえだよ。たとえ。きみの成績なら留年はせんだろ」
17 「猫次郎さんは自分の欠点とか気にならないんですか?自分が特別に不幸だと感じたことはないんですか?」
猫 「そりゃあるよ。ありまくり。でもね、最近は欠点を抱えたままでもべつにいいんじゃないかなと思うようになった。欠点を排除することにあまりこだわらないほうがいいよ。排除より共存を選んだほうがいい場合もある」
17 「排除より共存・・・」
猫 「そう。排除じゃなくて共存。たとえは飛躍するけどさ、人間のカラダには、菌が沢山あるだろ?菌の中には良い菌も悪い菌もある。でもどちらも人間には必要なものだ。もし悪い菌がどうしても気になって、なんでもかんでも除菌除菌で完全隔離体制で暮らしていたら、たぶんその人は病気になりやすくなると思う。だから排除することが必ずしもいいこととは限らないんだ」
17 「なんとなくわかる気がします」
猫 「お母さんの会社経営なんかでも同じことがいえるんだよ。お母さんの会社には借金がある。でも借金は悪いことだから排除しようという考えは間違っている。どの会社の決算書にも長期借入金・短期借入金という項目があって、ここに数字のない会社なんてまずほとんどない。つまりみんな借金しているんだ。借金だけ特別に悪玉扱いしなくても、借金とうまく共存できれば何の害もないんだよ。共存できなくなってはじめて問題になるんだよ」
17 「死んだお父さんにも聞かせてやりたかったな・・・」
猫 「ごめんね。こういう話題に振ってしまって。でも正直言って、この話題に触れてきみの反応がどう変わるか見てみたかった。大丈夫だね。きみはやっぱり他のどの子よりもしっかりしているよ。」
17 「うん。そっちのほう(父の死)は僕的には気持ちの整理がついているんです。今日猫次郎さんに聞いてほしかったのは、要するに、父の死とは関係なく、ぼくの生まれ持った心の闇というか、いや、猫次郎さんと話していたらそんなに深刻な捉え方をしなくて良いような気がしてきたから言い方を変えますけど、要するに、最近のぼくの心の悩みを聞いてほしかったんですね」
猫 「だいぶわかってきたじゃないか」
17 「猫次郎さんはぼくに、汚く生きろと言ってるんじゃないですよね。そうじゃなくて、もともとぼく自身が内包している汚い部分があるのを潔く認めて、それを受け入れて、それと共存しながら前を向いて生きろと言いたいんですよね?この解釈で合ってますか?」
猫 「だいたい合ってる。きみは読解力があるな。国語が得意だろ?」
17 「ええ、まあ」
猫 「ところでさ、話は思いっきり変わるんだけど、きみの好みのタイプは、男か女か?」
17 「冗談言わないでくださいよ。ぼくはノーマルですよ。ちゃんと好きな女の子だっているんだからさ」
猫 「ほーう。こりゃますます興味深いな。ではじっくり聞かせてもらおうではないか」

(以後、アホな話題に突入するので省略)


昼過ぎ、彼からメールがあった。

「先ほどはありがとうございました。なんか少し気が楽になりました。今週一杯休んで、来週から学校に行こうと思います。」  と。


錦糸町のそば屋のネコ (冬編)


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
sobayaneko080122

ここのネコ、春夏秋は同じ場所でぐてーっと横になって伸びているが(たとえばこんなように)、冬は写真のように丸くなっていることが多い。天気の良い時しか出てこない。

店主はよほどのネコ好きなのだろう、ネコちゃんが自由に出入りできるように専用のトビラまで作ってある。(もはや蕎麦屋のショーケースとしての用をなしていない

錦糸町は今日も平和だ。



さてこれからまたまた講演に出かけてきます。猫

01 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

12

02


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login