吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員のブログ

中小企業再生や敗者復活に関する投稿が主ですが、ホームページとブログを区別し、ここでは幾分ユルめの内容になっています。

 

今年一番泣いた本


Category: オススメの本   Tags: ---
翼はいつまでも翼はいつまでも
(2001/07)
川上 健一

商品詳細を見る


* ネットの書評で去年から気になりだし、今年の秋に古本屋で文庫版をゲット。105円也。最初のページをめくったら、なんと川上健一さんの自筆サインが入っていた。なんというラッキー!
買った後、少しだけ読んだが、忙しくてその先はしばらく読まなかった。
12月に入ってまた読みたくなり、最初から読み直しはじめた。
最初の3分の1ほどは普通におもしろかった。可もなく不可もなく。
真ん中あたり(2章)から急激に面白くなっていった。もうどうにも止まらない。
後半になると、読みながら「うううっ」と声を出さずにいられなくなる場面が増えてきた。
終盤のクライマックスでは、不覚にも、わんわん声をあげて泣いてしまった。(電車の中じゃなくてよかった・・・)

小説でこんなに泣いたのは、はじめてかもしれない。
フランダースの犬よりも泣けた。
といっても、この物語はフランダースの犬のような悲しいものではなく、後味がきわめてよろしい。心が洗われて、胸がいっぱいになりながら泣ける類のものだ。主人公はビートルズに強い影響を受けた野球少年の中学生で、夏休みに十和田湖の湖畔で同級生と恋に落ちる。そして転校で離れ離れになる。ただそれだけの話なのだが、この感動は読んだ人にしかわからない。特に、ビートルズ世代以降(30~50代)の男性で、中学時代に運動部に所属していて、学校でバカばっかりやっていて、思春期に女の子のことが気になってしょうがなかった経験を持っているような人は(←私もそう)、相当泣けるに違いない。そういえばラジオでやっていたが、サザンの桑田氏もこの本を最近読んで、声をあげて号泣したそうだ。アマゾンの書評を読んでも、泣いたという人が多かった。

スポンサーサイト

『馬鹿について』 /ホルスト・ガイヤー著


Category: オススメの本   Tags: ---

「勤勉は馬鹿の埋め合わせにはならない。勤勉な馬鹿ほど、はた迷惑なものはない。」 


(本文より)


* むむむ。痛烈。かなり古い本だが、なかなか読み応えがあった。

えほんがとどいてきた


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
guritodora

今日、私宛に、「ぐりとどらのおきゃくさま」という絵本が送られてきた。
真っ赤な包装紙に包まれて、中にはクリスマスカードがはさまっていて、心温まる言葉が添えられていた。
ただ、送り主の名前(下の名前)しか書かれていないので、お礼をしようにも、住所も電話もメルアドもわからない。

送り主の〇〇さん、お暇なときにメールください。

『自殺したい人に寄り添って』 斉藤弘子著


Category: 借金苦による自殺問題   Tags: ---
ノンフィクションライター斉藤弘子さんが書いた力作。
猫次郎も出ています。
3章「借金・経済苦から再生の道を歩む」という章(73ページ~104ページまで)が、ほとんど私のインタビュー記事です。
ほか、全国に散らばる遺族ケア団体や自殺防止団体の諸活動を綿密に取材してあり、我が国の自殺問題をめぐる現状と対策が見えてきます。

自殺したい人に寄り添って (いのちを見つめる 2)自殺したい人に寄り添って (いのちを見つめる 2)
(2007/12)
斉藤 弘子

商品詳細を見る


12月15日発売。三一書房。1900円+税

新刊本 『働けません。』 発売開始。


Category: オススメの本   Tags: ---
発売されました。
アマゾンでは、著者が湯浅さんになっていますが、実際には猫次郎や李先生など計6名の著者で1章ずつ書いた本です。働きたくても働けない失業者のための生活の知恵、たとえば住宅ローンの残債、債務整理の弁護士費用、子供の学費などをどう捻出するかや、生活保護の上手な受け方などを書いています。(わたしが担当したのは3章の住宅ローンです。)

働けません。―「働けません。」6つの“奥の手”働けません。―「働けません。」6つの“奥の手”
(2007/12)
湯浅 誠ほか

商品詳細を見る



年収400万以下の世帯の子は授業料免除-東大


Category: ビンボーでも学校へ行こう   Tags: ---
もう何ヶ月も前に新聞で報じられていたことだが、東京大学が、来年度より、年収400万円以下(未満?)の世帯の生徒の授業料を一律免除すると発表した。

素晴らしいことだ。

東大だけではない。この流れは、全世界のほかの教育機関にも言える。カネのかかりそうな大学、たとえばハーバード大学も、慶応の医学部も、早稲田のロースクールも、お金がないならないなりに、奨学金などが豊富にあるのでそれを利用して進学することができる。調べればわかることだ。

もうすぐ受験シーズン。
以前からいろいろな場所で何度もくどいくらい話しているが、「お金がない。だから進学を断念しよう・・・」 などと短絡的な考え方はやめてほしい。
進学するしないは子供の自分の意志で決めればいい。中学卒業後に高校へ行かないで職人になりたいならなればいいだろう。でも、自分の意志じゃなくて、「お金がないから・・・」というような理由で進学を断念することだけはやめてほしい。 
どうせお金がなくて苦しいなら、全く逆の発想をしてほしいものだ。「うちは貧乏だ。お金がない。苦しい。だからこそ、今ここで踏ん張って進学して、将来エラくなってやろう。我が家の負のスパイラルを、ぼくの代で終わらせるんだ!」と。

負けるが勝ち


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
先月、知り合いが競売で家を失った。

競売で家を失うといっても、その手続き上、すぐに失うことはない。返済が遅れてから金融機関が競売するかどうかを決断するまでに早くても3ヶ月、遅ければ1年以上かかるうえ、いざ競売となって、裁判所から競売開始決定通知が来ても、そこから入札までに半年前後かかる。さらに、競落から明け渡しまでも数ヶ月間かかる。トータルで、返済が遅れ始めてから数えれば1年以上はかかる。その間、家はあなたのものだ。立ち入り禁止になるわけでもないし、赤紙を貼られるわけでもない。競売にかけられている間にも、考える時間はたっぷりあるし、やれることもまだまだたくさんある。

この人の場合、取引先の破産のあおりをくらって連鎖倒産状態になり事業資金の返済ができなくなったのが2年前で、競売開始になったのは今年の5月だった。そして家を失ったのは今年の11月初旬だった。トータルで約2年かかったわけだ。

彼は、返済不能になった自分のほうが悪いのだからジタバタしてもしょうがないと、かなり前から腹をくくっていた。また、家を所有することへの未練もなかった。解決のために専門家に何かを依頼するための資金もなかったので、余計な金と手間をかけないで、全て受け身の姿勢で、債権者のやりたいようにやってもらおうという方針に決めていた。返済もしない(したくてもできない)。交渉もしない。争いもしない。それによって起こりうる全てのことを受け入れる、と。勝ちか負けかといえば、明らかに債権者の勝ち。彼の負けだ。

でも、その結果起きたことは、

1.とおりいっぺんの督促
2.競売

それだけだった。

返済が遅れる前はたいそう深刻だったが、いろいろ情報を集めているうちに恐怖心が薄れていき、厳しい督促も競売も怖くなくなった。実際、競売でさえも、実際に経験してみるといたって淡々と進んでいくだけで、まったく怖いものではなかった。

ところで、彼は潔く金融機関に「負け」を認めて、いっさいの抵抗をせず、負けた場合のペナルティである競売を受けたわけだが、競売が終結するまでの約2年間、ただボケーッと過ごしていたわけではない。彼は自分の本来やるべきこと、すなわち「本業」を忘れなかった。いっさいの雑念を捨てて、督促や競売の恐怖を恐怖とも思わず、マイペースで、本業に専念した。

その結果、事態は良い方向に向かった。

まず、彼の仕事は、この不景気にもかかわらず、ここ1年ほど収益が伸び続けている。金融機関との交渉や債務整理に一切のエネルギーを費やさず、そのかわり、そのエネルギーを「攻め」のほうに費やしたのだ。それが功を奏した。まだまともに借金返済できるほどには回復していないが、社員の給料を滞りなく支給できるレベルにまでは回復し、それに伴って内部のモチベーションも上がってきた。明らかに悪循環から好循環へ転換しつつある。(これが神経の細い社長さんだと、督促や競売と聞いただけで怯えてしまい、金融機関に振り回されて仕事が手につかなくなり、最後は自滅してしまうが、彼はそうしなかった。)

そしてなんと、それを見ていた金融機関(競売にかけた金融機関。つまり債権者)が、競売後に残った借金(無担保化した残債)を、強引に回収しようとせず、彼を間接的に応援するつもり(?)で、サービサーに二束三文で債権譲渡すると連絡してきた。通常だと債権譲渡は脅し文句として使われることが多いが、この銀行さんは、サービサーに債権譲渡されることの「意味」を丁寧に彼に教えてくれて、残債を10分の1以下に(1000万円の借金なら100万円以下に)サービサーとの話し合いで値切る方法もこっそり教えてくれた。

この調子であと1-2年、心身の健康を損ねない範囲で本業に専念すれば、残った借金は自己資金で全て精算し終えることが可能になり、また、一度マイホームを失ったとはいえ、またすぐに新しい家を買い直すことができる可能性もある。少なくとも現在の彼はそのつもりで明るく前向きに頑張っている。

本業そっちのけで金融機関との折衝にエネルギーを費やし、目先の勝ち負けにこだわるよりも、契約不履行した自分のほうが悪いのだからと潔く負けを認め、また契約どおりに返せない現実を受け止めて、それについてはジタバタせず、それはそれ、これはこれと区別して、自分が体質改善・原因根絶のために本当にやらなければならないこと、すなわち「本業の収益改善」をしたのが彼の勝因だった。(少し専門的な言い方をすれば、B/Sの改善よりもP/Lの改善を優先したのが勝因だった。)

少し裏ワザめいたやり方に映るかもしれないが、これは実は、そんなに難しいことではない。取立てや差押や競売といったものをまるでオバケや宇宙人みたいに正体不明の敵のように恐れず、マイペースを保つことができる人ならば、誰にでもできることだ。

もちろん、誰にでも向いている方法ではない。向き不向きはある。こういう問題の解決方法は、10人いれば10通り、いや、ひとり最低3通りx10人分=30通り以上もの選択肢がある。あくまで一例として参考程度にとどめてほしい。ここで私がいいたいのは、債権者との交渉や争いの勝ち負けにこだわるばかりが全てではない、時と場合によっては「負けるが勝ち」ということもあるのだということだ。

新刊本のご案内-『働けません。』


Category: オススメの本   Tags: ---
hatarakemasen


12月22日に発売される予定の新刊本が送られてきた。
これは私が一人で書いた本ではなくて、全6章のうち第3章(住宅ローン)の部分だけ、原稿用紙にして40枚程度の分量だけ、私が書いたものだ。のこりは1章ずつ異なる著者がそれぞれ得意分野について書いている。

本のタイトルは 『働けません。』 といい、いわば、失業者のための本だ。
リストラや病気や就職難などによってどうしても収入が得られない人のために、賢い生活保護の受け方や、返済困難になった住宅ローンの対処方法や、子供の学費の捻出の仕方や、弁護士費用・裁判費用、子供の養育費などの捻出の仕方を、それぞれのプロが解説する。
詳細は以下のとおり。

◆タイトル 『働けません。』

◆目次
 1章 生活保護を受ける-湯浅誠著
 2章 失業保険をもらう-日向咲嗣著
 3章 住宅ローンの返済をやめる-吉田猫次郎著
 4章 法律扶助を受ける-李尚昭著
 5章 社会福祉協議会の貸付を受ける-春日部蒼著
 6章 児童扶養手当をもらう-しんぐるまざーず・ふぉーらむ著

◆出版社・コード・定価
 三五館 ISBN978-4-88320-407-6 1200円+税

◆発売日  2007年12月22日予定


@秋田


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
12月8日

07:50 羽田空港発
09:00 秋田空港に着く・・・はずだったが、濃霧のため、空中で1時間半ほどグルグル。ちょっと焦る。
10:25 無事到着。
10:30 空港出口で、待ち合わせていたテレビ取材陣が、私が出てくるやいなや、カメラを回す。周囲の人たちはまるでタレントか何かが来たのかと勘違いしたらしく、私は注目されまくりでちょっと恥ずかしかった。テレビは明日までずっと張り付き取材。「連帯保証人問題」で、ひとつ番組を作る予定だそうで・・・。
11:00 会場に到着。すぐに主催者リーダーの伊藤さんとランチミーティング。
12:00 現場に戻って時間をつぶす。軽くインタビューあり。

tvshuzai


13:00 シンポジウム開始。参加者100名以上の超満員。新聞社、地元テレビなどの取材も多数来ている。県内では結構話題になっているようだ。

program


13:10 猫次郎の講演。
13:50 近江直人弁護士(秋田弁護士会消費者問題対策委員長)の講演。
15:00 秋田県生活センター主幹の伊藤彬氏、金融広報アドバイザーの伊藤晴美氏、近江直人弁護士、猫次郎の4人でパネルディスカッション。テーマは「多重債務の解決に今なすべきこと」。司会進行役は秋田魁新報社論説委員会副委員長の大地進氏。
16:10 質疑応答多数あり。
16:30 ぶじ終了。終始かなり盛況だった。

*******

終了後すぐに、別件の、LLPみちのく事業再生センター勉強会へ移動。

17:00 到着。すでに勉強会終了していた。
18:00 懇親会。テレビ取材同伴。
22:00 解散。寝不足のためおとなしくホテルに戻る。

ざっとこんな一日でした。とても充実した一日でした。

明日(日曜日)は、午前中に軽く取材を終えた後、昼過ぎの便で東京へ帰ります。

複雑な悩みだからこそ、単純に考えてみよう


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
【相談1】 建設業です。公共事業の受注が減って、業績が激しく落ち込んでいます。何か打開策はないでしょうか・・・?

 (答え) 受注が減って落ち込んでるんですね。
 ならば、受注に頼るのと逆のことをすればいい。つまり、受注に依存するのはやめて、自分から積極的に仕事を取りに行くんです。民間でもどこでも。
もちろんうまくいくかどうかはやってみないとわかりませんが、少なくとも、現在までのように受注依存でボケーッと待っているよりは、はるかに多くのものが得られるでしょう。情報も入ってくるし、チャンスも広がるし。


【相談2】 印刷業です。価格競争で競合先に勝てなくて、業績が落ち込んでいます。何か打開策はないでしょうか・・・?

 (答え) 価格競争で勝てずに落ち込んでるんですね。
 ならば、価格競争と逆のことをすればいい。価格で勝負することをやめて、別の切り口で勝負に出るんです。たとえば、名刺の印刷ひとつとっても、誰もが安い名刺ばかりを求めているわけじゃありませんよね。中には某吉田N次郎のように、高級和紙の手作り名刺にこだわっている人もいたりしますから・・・。


こういうふうに、難しい問題は、思いっきり単純化して考えはじめたほうがいい。

また、問題を文章化して、その文章を一字一句読んでみるのもいい。
その一字一句の中に、問題の原因と、それを解決するためのヒントが見出せるはずだ。
上記の相談1の場合は「受注が減って」というのがそれに当たる。この人は受注に依存し過ぎるのだ。相談2の場合は「価格競争」がそれに当たる。この人は価格競争にこだわり過ぎているのだ。
だとしたら、手っ取り早い解決方法は、それと「逆のこと」をすることだ。
できないと決めつけずに。
どうせ今までと同じやり方を続けてもダメならば、正反対のやり方をしてみるのも無駄ではないでしょう?

決して難しいことではない。

私も自分のことをまだまだ馬鹿(or無知or修行不足)だと思っているが、馬鹿は馬鹿なりに、小賢しく考えず、小学生並みに単純化して物事を考えるようにすると、難題にぶち当たってもスルスルと解決できたりすることが多い。(と、経験的に感じている。) 



猫@相模原

12 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
プロフィール

吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員

Author:吉田猫次郎とNEKO-KEN相談員
----------------------

【NEKO-KEN】
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。東京都中野区。
経営革新等認定支援機関(認定支援機関)。
末期症状の会社の倒産回避(生き残りのための応急処置)から、原因究明、デューデリジェンス、再生スキーム策定、金融機関向け経営改善計画策定支援、資金繰り改善、PL改善(黒字化)、実行支援、最後の出口へのお手伝いに至るまで、事業再生コンサルタントとしては一通りの経験と実績があります。
ミッションは「ヒト・モノ・カネの再生」。


【吉田猫次郎】
(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名よしかわひろふみ。1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。
著書12冊。講演300回以上。テレビ出演15回くらい。
20代のサラリーマン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利、多重、ヤミ金、怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はせず)。その体験記を、2001年に猫次郎と名乗ってホームページに公開したところ、思いがけずヒットしてしまい、2003年に書籍化。以後、事業再生コンサルタントに転身し現在に至る。
最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)から現在までにトライアスロンに8回出場、全て完走。フルマラソンも2回出場、2回完走。
嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

【相談員】
須田幸雄: CTP認定事業再生士。資金繰り改善、財務体質改善、労務、管理等に強い。

廣田守伸: CTP認定事業再生士。関西地区担当。事業再生コンサルタント歴16年以上の大ベテラン。

金久保 健: 中小企業診断士歴20数年。マーケティング、事業性評価、PL改善に強いが、事業再生コンサルタントとしても10年近い実績がある。

 
★ 「相談」をご希望の方は、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

★ このブログは長い間、吉田猫次郎ひとりで書いておりましたが、2017年8月より、3名の相談員と共同作業で投稿していきます。お楽しみに。

 
 
 
 
吉田猫次郎メルマガ有料版
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
 
ブログ内検索
 


Archive   RSS   Login