吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

北海道出張


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
幸運なことに、毎月1回定期訪問させて頂いている北海道の顧問先が十勝川のすぐ近くにあり、会社から車で5分足らずのところに巨大マスが釣れる最高のポイントがある。

11月30日、月末の夕方、ちょっと息抜きにここで釣りをした。

気温マイナス3度。

tokachigawa201511302

十勝川、本流、フライフィッシング、ダブルハンド、スペイキャスト、ヒレのでかい野生トラウト、絶景・・・
全てが整ったひととき。

tokachigawa201511302



スポンサーサイト

8月の休暇


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
数週間ぶりのブログ投稿です。
(相変わらずバタバタしております・・・)

8月はお盆休みにあまり休みが取れず、月中の平日に休暇が取れたのは、トータルで2日間だけでした。
そのうち1日は家族で日帰り海水浴に行き、あとの1日は日帰りで長野県某所の山奥へ釣りに行ってきました。
今回は釣りの写真をアップします。

mtb20150825
仲間と3人で、夏の恒例行事。
標高900mの車止めから1200mあたりまで、標高差300m、片道20㎞の林道を自転車で延々登ると、そこにはパラダイスがある。

dryfly20150825
釣り方はフライ(西洋風毛鉤)。

yamatoiwana20150825
釣れた魚の多くは、25-28㎝くらいのヤマトイワナ。
希少な自然繁殖の原種なので、基本的に釣った魚は全て逃がす。そのため、魚を弱らせないように、細軸でカエシのついていないハリを使い、釣りあげても手で触らず、写真を撮るときも魚を水中につけたまますみやかに撮影する。

shakuiwana20150825
この日は11匹釣れて、最大は32㎝のニッコウイワナだった。


1泊2日 x 2回の夏休み


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
今年のお盆休みの週は、2回に分けて、1泊2日ずつの夏休みを頂きました。

まず1回目は、長野県某所。
テントと酒とマウンテンバイクと釣具を積んで、仲間と山岳渓流へ。

20140808nagano3
仕事を終えて、深夜に現地着。星空を眺めながら、標高900mのテント場で酒盛り。
酒は最近めちゃくちゃお気に入りの栄光冨士(山形)。

20140808nagano2
朝5時起床。

20140808nagano6
自転車で、片道20キロ、標高差400メートルの林道を登る。

20140808nagano5
そこにはイワナのパラダイスが。

20140808nagano4
5-6時間で、12匹のイワナが釣れた。

20140808nagano7
ミヤマクワガタ。



2回目のお休みは、福島・裏磐梯の湖へ。


20140813akimoto1
折り畳み式ポンツーンボート。仲間たちが続々と集結。

20140813akimoto3
足元が気持ちいい。

20140813akimoto2
この日の酒盛りも、星空が綺麗だった。酒はやはり「栄光冨士」。本当に旨い。

20140814akimoto2
フライフィッシング。

20140814akimoto1
ルアーフィッシング。


三鷹に引っ越して5ヶ月。


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
東京都三鷹市に自宅を引っ越して、早いもので5ヶ月が経ちました。

駅までバスで20分と遠いことを除けば、申し分ない環境です。

特に自然環境が、とても東京とは思えない(新宿から僅か15km程度の距離とは思えない)、いい感じです。


201406202
自転車で少し行くと、こんな田んぼがある。その奥にはワサビ田まである。
そして6-7月の夜には、ホタルがいた。


20140803
野川公園にて。冷たい湧水。真夏は水遊びもできる。


kabuto20140702
森のような公園もあちこちに点在している。6月はクワガタが多かった。7月になるとカブトムシが出てきた。

kabutokanabun20140801
カナブン、アオカナブン、クロカナブン、3色コンプリート。


このほか、スッポン、アオダイショウ、シマヘビ、ムササビ、カワセミなど、実に沢山の野生生物を、近所で見かけることができました。


睡眠時無呼吸症候群の対症療法が、高血圧の原因療法になった!?


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
お医者さんと話していると、よく、「対症療法」と「原因療法」という言葉が出てきます。

対症療法とは、例えば、「咳が出るから咳止めを」とか、「痛みがあるから痛み止めを」というように、症状をやわらげるための療法のことをいいます。

これに対して原因療法とは、原因から治したり取り除いたりする療法です。

どちらが優れているとか、そんなに単純比較できるものではありません。
対症療法は対症療法として、とても重要です。

さてさて、本題です。


私は、血圧150くらいありました。高血圧でした。

今年1月に病院で測ったときは、上が156、下が110もありました。
30代後半頃から高血圧気味になり、よく医者から「降圧剤を飲んだほうがいい」と勧められていましたが(これは対症療法ですね)、私はどうしても血圧のクスリに抵抗があったので、現在に至るまで、一度も飲んだことがありませんでした。

そんな高血圧の私が、なんと、睡眠時無呼吸症候群の対症療法(CPAPという例のマスク)を着用し始めて、僅か2-3ヶ月のうちに、血圧が下がってきたのです。

5月中旬に計測したときは、上が139、下が90でした。
6月中旬に計測したときは、上が136、下が85でした。

最近は日本高血圧学会の基準が新しくなりましたが、この基準に照らし合わせると、現在の私の血圧は、正常値の範囲内となります。ヤッター!

睡眠時無呼吸症候群の対症療法が、結果的に、高血圧の原因療法になってしまったという、なんとも愉快な話でした。






クワガタが近所にたくさんいる幸せ


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
自宅を東京都三鷹市に引っ越して3ヶ月半が経過しました。

夏が近づいてきて、最近は夜のジョギング中などに、クワガタをよく見かけます。
それも、コクワガタだけでなく、ヒラタクワガタも何度も目撃しました。

他にも、野生のスッポンは7-8回目撃しました。
これからの季節はホタルも出るそうです。
とても東京とは思えない環境ですね。

kokuwagata20140531
コクワガタ 2014年5月31日撮影


hiratakuwagata20140603
ヒラタクワガタ ♂♀ペア 2014年6月3日撮影



自宅を引っ越して2ヶ月。


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
mitakatsuukin


私事ですが、今から2ヶ月ほど前に、自宅を引っ越しました。
(賃貸マンションです)

以前は東京都中野区の交通の便の良い場所に住んでいましたが、
今度は東京都三鷹市の交通の便の悪いところへ引っ越しました。(駅からバスで25分・・・)

まわりは、畑と緑地と公園だらけです。
高層建物がありません。
飲み屋もありません。
家のすぐ近くには川が流れていて、上から覗くと、コイの群れにまぎれて、なんと野生のスッポンまでいます。
夏になるとホタルやカブトムシも出てくるそうです。
「ジブリ美術館」や「国立天文台」なども近くにあります。
大人が暮らすには少々不便ですが、子供には大変良い環境かもしれません。
日当たりも良いし、泥だらけになって遊べる場所もあるし。


通勤は、とにかく不便になりました。
いろいろな通勤手段を試してみましたが、家から中野の事務所までの通勤時間は、

・電車&バス利用 - 1時間10分くらい
・マイカー利用 - 30分~1時間(距離は11kmと短いが、朝の渋滞が激しい)
・バイク - 30分(残念ながら自宅マンションがバイク駐輪禁止なので乗れない)
・自転車 - 40分(但し片道11kmを漕ぐので、飲み会のある日などは不可)

といったところでした。

必然的に、天気の良い日は自転車通勤になっています。
片道11km。運動不足解消にはちょうどよい距離です。

酒を飲む日などは、電車とバスで1時間以上かけて通っています。

マイカー通勤は、月にだいたい2-3回、悪天候の日や、体調の悪い日、荷物の多い日など。
尚この場合、事務所のそばのコインパーキングに停めることになりますが、幸い、中野の駐車場相場は一昔前に比べてだいぶ安くなっており、24時間最大で1400~1500円のところも何箇所かあります。(中野セントラルパーク地下や、大久保通り沿いのやや東側など)



都内の賃貸物件は、前よりも安くなってきたように思います。(←あくまで主観ですが)
今回物件探しをした時、西荻窪、吉祥寺、三鷹、武蔵境、東小金井あたりのファミリー向け賃貸マンションを見て回ったのですが、築浅な物件でも、「礼金ゼロ」が結構ありました。敷金も1~2ヶ月のところが多かった。
私が最終的に契約した物件も、礼金ゼロ、敷金1ヶ月でした。


【備忘録】 睡眠時無呼吸症候群


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
2013年11月 重い腰をあげて、中野のYクリニック(普通の内科)に貼ってあったポスターを見て、簡易検査を申し込む。


2013年12月 自宅で簡易検査。帝人から簡易検査キットが配送されてきて(本体は携帯電話よりちょっと大きい程度。それに鼻につける管とか、人差指につけるセンサーとか何本か付属されている)、説明書に従って一晩検査。
翌日、帝人に宅急便で送り返す。


2014年1月初旬 中野のYクリニックを通じて検査結果が出る。「1時間で最大19回、呼吸が止まっています。最長で79秒間も呼吸が止まっています専門の病院を紹介するので、そちらで精密検査をすることをお勧めします」 とのこと。 やはり・・・。


2014年1月24日 「西新宿の駒ヶ嶺医院 睡眠呼吸センター」で一晩検査入院。


2014年2月6日 精密検査の結果。「無呼吸低呼吸指数(AHI):36回/時」「無呼吸最大持続時間: 67秒」「睡眠効率:69%」「REM 18.8%」「覚醒反応指数 67.2回/時」 など、なかなか厳しい結果が出た。(ついでに血圧も高いことが判明した)


対症療法として、CPAP(シーパップ。電子制御で加圧された空気が鼻に装着したマスクに送られて気道を開く装置。ダースベイダーのマスクを透明にしたようなイメージ?)を毎晩装着することに決定した。ちょっと憂鬱な気分。


2014年3月6日 CPAPのテストおよび微調整のため、また一泊入院。


2014年3月10日 テスト結果。「装着中、無呼吸はゼロでした」 とのこと。同日、CPAPが貸与される。(レンタル開始。以後、毎月1回、CPAP本体についているSDカードを外して、医師に診断してもらうことに)


2014年3月10日 自宅でCPAP装着開始。違和感が強く、なかなか寝付けない。


2014年3月中旬 花粉症の鼻詰まりと相まって、CPAPを装着して寝ると非常に苦しい。3時間ももたない。寝ている間に外してしまう。


2014年3月下旬 ようやく少しずつ慣れてきた。2日に1回は、寝ているときに外すこともなく、一晩中装着できるようになった。


2014年4月上旬 だいぶ慣れてきた。しかし、やはり3-4日に1回は、息苦しくなって睡眠中に無意識に外してしまう。


2014年4月10日 CPAPレンタルを受けてから、初の定期診断。結果は、思ったより良かった。CPAPを装着している時間は1日平均4.7時間と短いが、少なくともその間は、無呼吸の回数が0回だった。熟睡度もかなり上昇しているようだった。また、血圧の下のほうが20も低下していた。


次回は2014年5月上旬に診てもらう予定。







睡眠時無呼吸症候群なう。


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
病院で検査を受け、「睡眠時無呼吸症候群」の疑いが濃厚になってきました。
(1時間最大「79秒」無呼吸との結果が出ました・・・)

これから、より精密な検査(一泊入院)したり、治療したりする予定なので、
ここに記録を残しておこうと思います。



【その1】 はじまりはいつ頃から?


私は現在、45歳です。
やや太め(ややじゃないって?)です。


10代の頃は、どちらかというと痩せ型でした。
身長168(169?)cm、体重60kg前後でした。
イビキを指摘されたことはありませんでした。


20代の頃は、大学生までは標準体型でしたが、23歳で社会人になってから急に太りだし、
確か、24歳で72kg、29歳で78kg位あったと記憶しています。
完全に太めですね。
酒は28歳頃までは飲み会の時しか飲みませんでしたが、
29歳頃からストレスにより習慣化していきました。
この頃もまだ、イビキを指摘されたことはありませんでした。


30代前半~半ばまでが、私のデブのピークでした。
30歳から32歳までは借金苦との闘いで、34歳から37歳頃までは離婚危機で、
最も強くストレスを抱えていた時期でした。(2006年、37歳のときに離婚)
この頃の体重は、85~86kgありました。
この頃、ごくたまに、イビキがうるさいと指摘されることがありました。
(但しそれは酔っ払った日など、非常に限られていました)


30代後半は、一念発起して体重を10kg以上落とした時期でした。
(75kg前後で安定)
また、自転車で100km以上の長距離ツーリングなどをやり始めたのもこの頃です。
実に久しぶりの運動でした。
この時期は、どうやらイビキをほとんどかいていなかったようです。
誰からも、そのようなことを言われたことはありませんでした。


40代前半になると、体重は75kg前後のまま相変わらず小太りですが、
運動量が増加しました。
自転車のレースに出たり、プールで毎月1万メートル以上泳ぎ始めたり。
体型はメタボのままですが、運動不足からは完全に解消されました。
イビキは、少なくとも2010年(41歳頃)まではほとんど指摘されたことがありませんでした。


ところが・・・、

加齢のせいでしょうか。

2011年、42歳の頃から(=再婚してからですね)、急激に、イビキがうるさいと指摘されるようになりました。
デジカメで録画されたこともあります。
確かに、しっかりイビキをかいていました。(恥)
運動量は、むしろ増えています。トライアスロンなどにも出場するようになりました。
体重も、あまり変わっていません(74kg位)。
なのに、イビキだけはうるさくなってきた。
なぜでしょう?

おまけに、「たまに呼吸が止まっているよ!」と指摘されることも出てきました。


酒の量は、29歳以降、ずっと変わっていません。
1年のうち、300日以上は飲んでいます。
これも原因のひとつかもしれませんね。
量はだいたい、缶ビール1-2本が平均でしょうか。(もっと多いかも?)




【その2】 自覚症状は?

正直なところ、自覚症状は、あまりありません。

しいていえば、

・昼食後に眠くなる。
・電車に乗っていると眠くなる。
・血圧がやや高い(上が145くらい)

このくらいでしょうか。


自覚がないので、病院に行く気も、あまり起きませんでした。



(つづく)



命の洗濯


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
8月某日。今年初の渓流釣り。
標高1400M。水温12度。水質ジンクリア。喉が渇いたら川の水を飲んだ。

yamatoiwana201308


02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
プロフィール

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login