吉田猫次郎ブログ

事業再生、倒産回避、資金繰り改善、連帯保証人問題、借金自殺防止 ・・・などが専門ですが、ここはブログなので、もっと気楽にいろいろ書きます。

 

どんどん進む「キャッシュレス化」


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
「現金しか信用できない」 という人が、日本では数多く存在しますが、諸外国では、
「現金のほうが信用できない」 という人のほうが多い国もあるようです。

そういえば、私も10数年前までは輸出入貿易業を本業にしており、ちょくちょく海外出張に出ておりましたが、確かに諸外国では、ニセ札が沢山出回っていたり、窃盗が多かったり、不良品が多かったり等の理由で、「現金払い」のほうが不安な場面が数多くありました。

まあ、ここは日本ですので、現金を信じ、現金主義に徹しても、全く不自由はないかもしれません。
今まで慣れ親しんだ習慣を、無理して変える必要もないかもしれません。

しかし・・・! それは平凡な給与所得者に限った話です。
われわれ商売人(中小企業経営者から自営業者まで)にとっては、「現金以外の決済手段」 を知り、試してみることも、非常に重要ではないかと思います。
資金繰り面でも、営業促進の面でも。

特に今後は、国も「キャッシュレス社会」を推進しようとしていますので、キャッシュレス化の影響は、単なる資金繰りのみならず、「売上」にも影響してくると思います。

こんな資料があります。

◎ 経済産業省 ― 「キャッシュレスの推進とポイントサービスの動向」 (2016年12月)
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000451965.pdf
cashlessjoukyou

日本のキャッシュレス決済比率は、米国や中国、韓国などと較べてダントツで低いようですね。
たった19%です。 ということは、実に81%の日本人が現金主義というわけです。

いっぽう、米国では41%、中国は近年爆発的にキャッシュレス化が進んでおり、現在は55%です。

こんな記事もありました。

◎ 『キャッシュレス決済比率、10年で40%に 政府が端末導入支援 』
  2017/5/31 23:25日本経済新聞 電子版
 金融庁と経済産業省は、クレジットカードなどでお金を払うキャッシュレス決済比率を10年間で40%に引き上げる。
東京や京都といった訪日外国人が多く集まる都市にある宿泊施設や商店街、観光地で決済端末を完全配置するようにし、設置への支援の枠組みを新たにつくる。米国並みの水準への引き上げで、現状から2倍に増やす。IT(情報技術)と金融を融合したフィンテックを活用して利便性を高め、消費喚起にもつなげる。(以下略)
引用元: http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17146870R30C17A5MM8000/


以上ご参考になれば。


スポンサーサイト

母が永眠しました


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
6月4日の夜遅くに、母が永眠しました。

波乱万丈の人生でしたが、3人の子を産み育て、ガンや脳梗塞など幾度もの危機を乗り越え、
平均寿命を超える85歳まで生き抜きました。
最期は腎臓ガンで入院しておりましたが、家族に見守られながら、静かに眠りにつきました。
6月7日に、近親者だけで葬儀を終えました。

私は母を尊敬していました。
人格形成において最も影響を受けた人でした。
いろいろ忘れられない思い出があります。
これからも、私の人生に影響を与え続けることでしょう。


「早期経営改善計画策定支援」という制度が5/29からスタートしました。


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
この制度、ごく簡潔にいえば、
「まだリスケなどに至っていない比較的傷が浅い会社向けに、格安な自己負担額で、プロに経営改善計画策定のお手伝いをしてもらえる制度」 と言えるでしょう。


国のパンフレット (ここをクリックすると中小企業庁のPDFページへ飛びます)

soukikaizen(1)


2ページ目

soukikaizen(2)


ご興味ある方は、中小企業庁の詳細ページもぜひお読み下さい。
 「資金繰り管理や採算管理等の早期の経営改善を支援します」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen.htm


※ 我がNEKO-KENも、認定支援機関としてこの制度をお手伝いすることができます。
料金はパンフレットにあるとおり、上限30万円まで(自己負担は最大10万円まで)になります。
経営改善計画の策定支援を専門家依頼するにしては、破格の料金と言えると思います。
モニタリング費用込みですので尚更ですね。
もちろんウチだけでなく、全国各地に2万件以上ある他の認定支援機関さんに依頼するのも良いと思います。

 「まだリスケなどには至っていないけど、漠然とした不安がある」
 「金融機関の評価を少しでも上げたい」
 「専門家費用を少しでも安く上げたい」
 といった会社の社長さんは、ぜひご検討ください。


 猫

近況 (白髪などを)


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
実は、私の毛髪は、ほぼまんべんなく「白髪」です。

どのくらい白髪かというと、このくらい。

20170309
(2017年3月撮影。これがナチュラルな姿です)

自分では結構気に入っていました。
何事も、自然な姿がいちばんですしね。

しかし・・・、いろいろ思うところがあり、最近また黒く染めてしまいました。

20170524
(2017年5月下旬撮影。メンズビゲンの7番で染めました)

以上、近況でした。

初夏


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---
まだ5月下旬ですが、うち(東京都三鷹市)のあたりでは、早くもカブトムシが出てきました。
いるところには沢山います。

kabutomusi20170522


ついでにザリガニも、いるところには沢山います。

zarigani20170528


ほかにも、写真に収めることはできませんでしたが、野生のタヌキ、野生のスッポン、ヘビ(アオダイショウとシマヘビ)なども目撃しました。東京なのに、いるところには結構いるものです。


6月の勉強会・セミナーの予定


Category: 講演、勉強会、イベントのご案内   Tags: ---
(1) 6月15日(木)17:00開始 20:00終了(3時間)
 テーマ: 「数字にあらわれない企業価値を極める」
 講師: 金久保 健(中小企業診断士)
 料金: お一人様6,000円(顧問先および5回以上の常連さんは半額)
 定員: 最大18名
 備考: 「昨今では、金融機関も決算書の数字や担保価値だけでなく、数字にあらわれにくい事業性評価も評価の対象として注視しているのは明らかです。その会社の内部環境、外部環境、強み弱み、商流、沿革などを積極的に知ろうとしています。また、私たち中小企業は、事業規模や生産効率などの面では大企業に勝てませんから、その逆、つまり規模の小ささや非効率性などを武器にしたほうが勝てる場合もあります。そういった、数字にあらわれない企業価値の極め方について学びます。講師は中小企業診断士歴23年、現在はNEKO-KENスタッフの一員となった、金久保 健が務めます。どなたでも歓迎します。」


(2) 6月17日(土)13:00開始 18:30終了(5時間半)
テーマ: 「事業再生のプロ養成講座(第5回)~ 不動産担保処分について」
講師: 高橋愛子(住宅ローン問題支援ネット代表)
料金: お一人様21,600円(割引なし)
定員: 10名程度
備考: 「事業再生のプロ養成講座、第5回は、不動産担保処分について講義と事例研究を行います。競売や任意売却の一般的な流れや、不動産担保処分をうまく活用した事業再生、競売にかかった物件を守る方法、残債の請求、経営者個人の住宅ローン対処法、業界の最新動向など、幅広くかつ専門的に解説します。講師の高橋愛子先生は任意売却の世界ではかなりの有名人で、著書4冊、メディア出演多数、講演歴多数。また、サブ講師としてNEKO-KENの専門家スタッフ数名が同席し、事業再生と絡めた事例研究なども解説します。」


※ 尚、吉田猫次郎は家庭の事情により暫く「メイン講師」をお休みし、「サブ講師」として務めさせて頂きます。スーパーサブになれるよう頑張ります。(できるだけ出席しますが急な欠席もありえます・・・)

援用でブラックが消える


Category: ブラックリストは怖くない   Tags: ---
(前置き1) 時効の援用で借金をチャラにすることができますが、私は、それを最初からアテにして借金を返さず放置することをおすすめしません。時効で逃げ切るという作戦は、確実性がないからです。いつ時効を中断させられるか、わからないからです。

(前置き2) とはいっても、種々事情が重なり、いつのまにか5年、10年が過ぎてしまったような方には、消滅時効の援用でその借金を終わりにすることができないかどうか、今一度、自分の信用情報(CIC、JICCなど)を開示のうえ、前向きに検討してみたほうが「得策」だと思います。時効は法律で認められた当然の権利でもありますから。


さて本題です。

時効についての専門的な解説は、法律家の先生のサイトをくまなく検索してみてください。
ざっくり言えば、借金の時効は基本「5年」です。
どこから起算して5年かというと、「最後に借金を承認した日から5年」「最後に返済した日から5年」という見方でだいたい合っていると思います。但し途中で裁判の確定判決やそれによる強制執行を受けた場合などは、時効がそこから数えて「10年」に延びたりしますので、一概に5年ともいえません。
また時効は、あなた自身が時効であることを相手方に主張しなければ成立しません。「時効の援用(えんよう)」というやつです。時効の援用は、通常、相手方の本社の代表者あてに、内容証明郵便で送ります。

以上が時効についてのざっくりとした解説ですが (くどいようですが、時効についての詳細は、法律家の先生に相談するなり検索するなりして入念に調べてください)、以下に私が解説するのは、法律家の先生もあまり知らない、時効とブラックリストの関連性についてです。

結論からいうと、時効援用がうまく成功すれば、ブラックリストは消せます。
それも、5年で事故情報が消えるなどという中途半端な話ではなく、まるで何事もなかったかのように、その契約に関する情報全てを消すことが可能です。それも1ヶ月以内に。
(100%確実に消えるという保証はないので過度な期待は禁物ですが、消える可能性のほうが高いと思います)

これはネットで調べても真偽のほどがはっきりしないようです。
都市伝説のようにとられている人もいます。
ですが、概ね間違っていないと思います。

根拠は次のとおりです。

≪根拠1≫
 民法144条「時効の効力は、その起算日にさかのぼる。」という条文があります。
嚙み砕いて解釈すれば、「時効により、その契約自体が無かったことになる!?」 ということが言えそうです。
その契約自体が無かったことになるのなら、信用情報に履歴が残っているのもおかしい、消してくれ、と、時効援用通知時に相手方にお願いする(時効援用通知書の末尾にその旨の文言を1―2行書き加える)ことも可能だと思うのです。親しい弁護士さんに訊いたら、「確かにそのとおりだ。もしかしたら相手方から自然債権?を主張されて対抗されるかもしれないが、144条を強く主張すれば信用情報を消せる可能性は高そうだ・・・」 とコメントされていました。

≪根拠2≫
 事実、私のまわりには、時効の援用の後、すぐに信用情報が綺麗になり、クレジットカードや新車ローンなどの審査に難なく通ったという方々が何人もいます。以下の画像のように。

jicckierumae
(Before - ブラックが消える前。右端の「異参サ情報」というのがいわゆる事故情報。2件載ったまま。)

jicckieta
(After - 援用後、2件の事故情報が跡形もなく消えた。ちなみに表の一番上に書かれているのは普通の完済情報だから問題ない。)


以上、敗者復活のご参考になれば。

電子マネーに乗り遅れるな(!?)


Category: 企業再生・事業再生関連   Tags: ---
少し前、某SNSにこんな投稿をしました。
沢山の「いいね」がついたので、ここにも転載します。
以下原文。
---------------------------------------------

我々コンサルは、「決済手段」についても幅広く知っていなければならないと思う今日この頃。
決済手段の選択ひとつで、売上にも経常利益にも、流動比率にも資金繰りにも、バカにならないくらい差が出るからだ。

ひとくちに決済手段と言っても、実に多岐にわたる。小売業ならクレジットカードやデビットカードや電子マネーなどの知識が近年欠かせない。キャッシュレスを好む消費者は急増している。卸売業や製造業なら約束手形や小切手や銀行振込やリースの知識が欠かせない。輸出入業ならL/CやD/Aやユーザンスや為替やクレカなどの知識が欠かせない。さらには決済代行、代引き、割賦、ネットバンキング、など。(私の場合、これら全ての業種のコンサルをしているので、全てを知っていないといけないが、得手不得手がある。詳しいのは輸出入決済と約束手形とクレカで、苦手なのはリース…)

最近特に変化が激しいと感じるのは、小売業や飲食業における「電子マネー」だ。
交通系のSuicaやICOCAやPASMOに始まり、楽天系のEdy、ドコモ系というか三井住友系のiD、イオン系のWAON、などなど。

mysuica myedy myid

使ってみると確かに便利で、小銭いらずだし、サインも不要だし、セキュリティもクレジットカードより高い面もある。買い手側にとってはいいことづくめだ。 特に客単価が安く、レジ周りでお客さんが並ぶような店では、電子マネーの導入により売上が上がるかもしれない。

だが、こういったことを熟知しながらも、頑なに現金商売にこだわって成果を出しているツワモノもいる。
つくづく商売は奥が深いですね。


(近況) プライベートなど


Category: ちょっと息抜き(プライベート系)   Tags: ---

・1月は正月休みも全く取れず。補助金関連の仕事が特に多い月だった。

・2月も仕事仕事仕事。セミナーが特に多い月だった。合間に少しずつジョギング再開。
seminar201702

・3月はバンクミーティング(経営改善計画策定支援系)に伴う出張が多い月だった。合間にフルマラソン出場。5時間48分という残念なタイムでかろうじて完走。
itabashi20170319

・4月は1週目に思い切った長期休暇を取って海外へ。正月休みが取れなかったので代休。中旬以降はセミナー、出張、モノカキの仕事が怒涛のように押しかけてきて(現在ココ)、GWもあまり休めないかも。
diamond201704


(近況) 認定支援機関としての仕事


Category: 猫次郎のたわごと(未分類)   Tags: ---
長期間ブログ更新を怠っていたので、私の近況を、何回かに分けて書いてみたいと思います。
まず今回は、認定支援機関としての仕事について。

ninteisienkikan

近年、認定支援機関の支援が必要な場面が増えてきました。
ものづくり補助金、経営改善計画策定支援、リスケ借換保証制度、経営力向上計画、など。
私も、ほとんど宣伝らしきことはしていないのに、そういった依頼を受けることが増えてきました。
それも、過去に倒産寸前だった会社がすっかり蘇り、本業で営業利益を出せる体質になり、雇用も殖やし、設備投資意欲もかつてないほど旺盛になってきたような、嬉しい依頼ばかりです。

私のところに相談に来られる方のおよそ8割以上は、銀行の債務者区分でいうところの「要管理先」「破綻懸念先」「実質破綻先」です。倒産寸前の零細企業です。

私の仕事は、名刺の肩書きにあるとおり、「事業再生コンサルタント」が主です。
ひとくちに事業再生といっても、いろいろなステージがあります。
今まさに倒産寸前で、応急処置(止血や解熱など)が必要な場面。対症療法(?)ですね。
そこから脱出して、窮境原因を探り、それを除去する場面。原因療法(?)ですね。
また、BSの再生(債務超過解消など)、PLの再生(本業の黒字化)、資金繰り改善(資金調達の再構築など)、あるいはその全て、など、その会社によって、課題が大きく異なります。

全てがV字回復できるわけではありません。
そんなかっこいいものではありません。
V字回復など、10社に1社もないのが現実です。
だけど、U字回復なら、もう少し増えます。
さらには、もっと長いU字回復(数年間「ソンビ企業」「ただの延命だ」などと揶揄されながらも、時間をかけて欠点を克服し、チャンスを窺い、数年後にやっと花開いたようなケースなど)であれば、全体の半分かそれ以上になります。
周りから「自己破産しかない」と言われていたような会社でも、です。

認定支援機関としての仕事は、私の中では、そんな回復基調にある会社が対象となります。
なぜなら、補助金は昨今、付加価値(=営業利益+人件費+設備投資による減価償却費)が増加傾向にある会社でないと通りにくいのが現実ですし、経営力向上計画もおおむね同様の基準で計画を立てなければならないからです。金融機関対策においても、認定支援機関の出番があるのはおもに経営改善計画の策定ですが、ここでも「フリーキャッシュフロー」「債務償還年数」「返済計画」が最も問われる部分ですので、ここが描けない、つまり黒字化が見込めない段階では、なかなか通らないからです。

私の仕事は、創業以来ずっと、「倒産回避」の仕事が大部分を占めてきました。
しかしこのように、近年は、倒産回避を実現し、黒字化を実現し、やっと金融機関や国から再評価してもらえるくらいになった、そんな会社のいわば「出口」のお手伝いをすることが増えてきて、本当に嬉しい限りです。

ちなみに、今年3月に「ものづくり補助金」の採択結果発表がありましたが、私が申請に関与したのは6件で、そのうち5件が採択されました。どの会社も例外なく、難局に非常に厳しい局面を乗り切り、黒字化を達成し、付加価値(=営業利益+人件費+減価償却費)が増加傾向にある会社ばかりでした。

リスケによる延命から卒業し、普通の銀行借入(15年、一本化、保証協会つき)に借り換える「条件変更改善型借換保証」も、この1年間で6社ほど成功しました。私の役割はおもに、事前のヒアリング、この制度が使えそうかどうかの判断、提案、そして経営改善計画の策定支援です。

その他、経営改善支援センターを通じてキチッとした経営改善計画の策定支援をする制度がありますが、これについても、一般的には「初めてのリスケ申請」の時に使うことが多いと思いますが、私の場合、リスケを乗り越えて、出口金融(EXIT Finance)にこぎつけるために使うことが最近多くなってきました。
例えば、7年間リスケを延長している会社が(ゾンビ企業)、ようやく増収増益を成し遂げ(これはその会社の自助努力によるところが多い)、借入先金融機関にようやっとマトモな返済計画(返済不能だったのが、有利子負債CF倍率15倍以内、10~15年以内に返済可能)を提示することができるようになり、その勢いで、金融機関に「事業性評価」の足しになりそうな資料もお見せして、バンクミーティングを開き、複数の金融機関から協調支援(資本性ローン、リスケ中の債務の借換一本化、短期運転資金、長期設備資などの組み合わせ)を提案し、それが上手くいったような事例も最近ありました。この会社は今や、「経営再建中の会社」ではなく、「普通の良い会社」に化けています。

基本方針は従来と何ら変わりありませんが(倒産寸前の零細企業のための事業再生コンサルタントです!)、新しい引き出しとして、「再生中の会社」から「普通の良い会社」にステップアップするための最後の「出口」のお手伝いを、認定支援機関として全面的にお手伝いするという仕事も加わり、ますます充実してきたような気がします。(当社比)

asoutarou



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

吉田猫次郎

Author:吉田猫次郎
中小・零細企業・自営業向け事業再生コンサルタント。認定事業再生士(CTP)。経営革新等認定支援機関(株)NEKO-KEN代表取締役。
本名はホームページや書籍に記載。
著書多数。講演・メディア出演多数。
1968年東京生、乙女座、A型、申年、五黄土星。

20代の商社マン時代に高額の連帯保証人になり、その後、1998-2000年の脱サラ時に、借金苦・倒産危機で考えられる最悪の事態をほぼ全て体験したことがある(高利の連帯保証人、ヤミ金の怖い取立て、手形不渡り、ブラックリスト、強制執行など・・・だが自己破産はしなかった)。

趣味は釣り、アウトドア全般、ほか。

最近はスポーツらしいこともするようになり、2012年(44歳)でトライアスロンのオリンピックディスタンスに初挑戦&完走。2014年(45歳)でフルマラソン初挑戦&完走。2015年(46歳)にはトライアスロンのアイアンマン70.3に初挑戦&完走。2016年も完走。徐々にメタボ解消。だがすぐにリバウンド。

嫌いな食べ物は、ダイコンと漬物。特に「たくあん」が大の苦手で、あれを食うのは、どの拷問よりも苦痛だと思う。

 
★ 「相談」をご希望の方は、当ブログではなく、ホームページのほうに申込方法等を記載していますのでご覧下さい。有料と無料があります。 → 吉田猫次郎ホームページ

★ 取材、講演、執筆依頼は、直接メールまたは電話またはFAX下さい。 ooneko@nekojiro.net TEL(03)5342-9488 FAX (03)3229-8329

 
 
 
猫研バナー
リンクフリーです。
猫研
 
相互リンク集
かんたん相互リンク
 
ツイッター
 
ブログ内検索
 
 
 
吉田猫次郎 著
震災後に倒産しない法
 
吉田猫次郎 著
「連帯保証人」ハンコ押したらすごかった。でもあきらめるのはまだ早い!
 
吉田猫次郎 著
借金なんかで死ぬな!
 
吉田猫次郎 著
働けません。
 


Archive   RSS   Login